忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    おむす人とスープストックでコラボなモーニン。

    os.jpgまずはおむす人にかけこんでおむすび一つ。
    おむす人の麹町のお店は、入り口二つ。
    一つはイートイン用で、ビルのメインエントランスを入った中。
    もうひとつはテイクアウト用。
    メインエントランスの横にポツンとある、お勝手口のような入り口。
    今日はそっちのドアを開け、お店の人におむすびたのむ。
    「今日もひとつでよろしいですか?」って。
    すっかりボクは、おむすびを2個たのむ人としてすり込まれてるのね。
    えぇ、一個でいいです、ゴメンなさい。
    そう言い待って、むすんでもらったばかりのおむすび、袋に入れてもらって歩く。
    袋を持つ手に、おむすびご飯のあたたかさが伝わってくるのがなんだかうれしく、ウキウキしながら駅ビルにゆく。

    そしてスープストック。
    目当ては牡蠣のチャウダーだった。
    けれど残念、もう先週で牡蠣チャウダーが終わったという。
    それならば…、とメニューをみるとスタートしたばっかりの季節のスープを発見します。
    タラコのスープ。
    クリーム系のスープというコト。
    ならばそれにいたしましょう…、とお願いをして、ゴメンなさいね、おむすび持ってきたので一緒に食べてもいい?って、ニコって笑ってテーブルにつく。
    朝から二回も「ゴメンなさい」って謝るボクって困ったちゃん(笑)?
    ご用意できたら、席までお持ちいたします…、って、なんだかとっても嬉しいサービス、ありがたい。

    919ca349.jpeg何にしようかと迷って買った、今朝のおむすび。
    鮭とイクラの親子むすびで、おむす人の数あるおむすびの中で一番贅沢なモノ。
    イクラがツヤツヤ。
    これが口でプチンっとはじけて、海のジュースを行き渡らせる。
    鮭がシットリ。
    ご飯も一緒にシットリなめらか、みずみずしくてとてもおいしい。
    スープを持って来てくれた人。
    よろしければ…、と、紙おしぼりを一つ余分に渡してくれる。
    気が効いていてとてもやさしい。
    なんだかファンになっちゃった。

    選んだタラコのクリームスープも、またおいしい。
    ミルクの風味とバターのうま味。
    中にゴロゴロ、ジャガイモたくさん、食べた第一印象はちょっとサラッとしたクリームシチュー。
    けれどタラコの粒がプチプチ、舌に残る食感がかなり独特。
    魚卵のうま味も混じって、うま味がずっと持続する。
    今の季節の北海道の自然を味わうスープのような、そんな感覚、オキニイリ。
    スープにおむすび、そして再びスープを飲んで、ジャガイモ齧って腹一杯。
    気持ちの良い朝…、オゴチソウ。

    テーブルの上に置かれたソルタンペパーの容器。

    2795845f.jpeg普通こうしたファストフード的なお店では、テーブルごとに置かれることがあまりないモノ。
    しかも容器のデザインがとてもかわいく、機能的。
    今まであったか記憶になくて、もしかしたらば最近、導入されたもの?
    クリームスープに胡椒をかけると、スープのうま味が引き立つ感じでありがたい。

    かつてテーブルコーディネーションなんかをボクの会社で請け負っていて、こうした提案をするとたまに、それは無駄だと反対をする人がいた。
    何故?って聞くと、「持っていかれてなくなっちゃうから」っていう理由。
    で、そういうコトをいう人のお店は大抵、ダメになる。
    だって、テーブルの上の備品がなくなっちゃうような、隙のある営業をしたら負け。
    「ここはそうした場所柄だから」って失礼なコトを平気で言うような人もいて、ならばなんでそんな場所にお店をだすの?って言いたくなっちゃう。
    なにより自分のお店のお客様を、信頼できぬ気持ちが貧しい。
    貧しい気持ちは貧しい財布につながっていく。
    だから成功できないんだろう…、って思ったりする、キヲツケヨ!

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    少し早めの・・・。
    明後日はお誕生日なんですよね~おめでとうございます!これからもますます充実した人生を過ごされますように・・・。

    さて。ほぼ日にて連載中の「おいしい店とのつきあい方。」いつも読んでいます!そして、少々気になったことがありまして。LAの老舗ホテルのペントハウススイートに泊まられた、という記事の中での出来事とかって、当然ながら「英語」でコミュニケーションを取られていたのですよね!?(文章ではほぼ日本語表記ですけれど。)まぁ常識的に考えれば、アメリカなんだから英語を話すのが当然!!とは分かっていながらの質問です(笑)というのも、相手の言葉(英語)を理解でき、自分の意志を英語で相手に伝えられる事ってなかなか難しいと思うんですよね。特に日本人は。それをあの若さ(20代)でできるとは、凄い!!と思うんです。誰でも努力さえすれば話せるようになるとは限らない。どんなに大金をはたいても・・・。当時からここまで話せるようになるには、どんな勉強をされたんですか?

    りりこりあさん / 2011/01/24(Mon) /
    ありがとうございます。
    > りりこりあさん
    お祝いの言葉、ありがとうございます。

    英語なんですが、実は小学生の頃からプライベートティーチャーをつけてもらっておりました。
    幸運なコトにその先生がとても情熱的で、シッカリした方で生まれて初めて大学生のときにアメリカに行ったときにはほぼ、意思疎通に困らぬ基本を得ることができました。
    ただ、言葉はスキルだけではなく、伝えようという気持ちと、聞いてあげようと思う情熱が大切。
    人がしゃべることがわかり、しかも人から聞いてもらえるようになったのはやはり30代に近づいてからのコトと記憶します。
    今はすっかり英語がヘタになってしまいました(笑)
    サカキシンイチロウさん / 2011/01/24(Mon) /
    そうなんですね。
    やはりスキルうんぬんよりも伝えたい&解りたいという「情熱」や「心」が大事なんですね~。なるほど。で、私はこの3月にTOEICを初受験するための勉強をやってたりするんですが、サカキさんは、英検やTOEICなんかを受けたりしてるんですか!?
    りりこりあさん / 2011/01/24(Mon) /
    テスト
    > りりこりあさん
    英検、TOEIC、あるいはTOEFLと試験は受けました。
    でもあまりいい成績はでなかったです。
    絶えずスキルを上げるということに対するモティベーションとして、こうしたテストを使うコトは有意義と思います。
    何より、話せる内容。
    聞いてもらえる人柄を磨くことが大切なんだろうと思います。
    サカキシンイチロウさん / 2011/01/24(Mon) /
    ご報告 HOME スタバのニューロゴ、ネギつけうどん
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]