忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    どうにもこうにも「カツ丼食べたい!」…、カツ丼じゃなきゃいけないときが、ときおりボクにはやってきて、今日がそんな日のひとつ。
    同じとんかつでもそれをそのまま定食として食べるんじゃダメ。
    カラッと揚がったとんかつを、ワザワザタレで煮込んでフックラ、シットリさせてそこに溶いた玉子をかけまわし、ブクブク沸騰させたまま固めて味わう。
    しかもその「痛快な程に台無しになったとんかつ」をご飯の上にのっけることで脂や油のうま味がご飯ににじんでなんともおいしくなっていくこの素晴らしさ。
    どこでそれを味わおうかと思ってそうだ…、つぼみ家にしようとそれでココ。



    気軽な蕎麦のお店でココのカツ丼セットがかなり好き。
    カツはロースで程よく厚く、けれど出汁をしっかり吸い込み馴染む程度に薄いのがよい…、出汁は甘辛、バランスがいい。
    そのタレをタップリ含んだ玉子もほどよく固めでフックラ。
    カツを包み込んだ玉子の表面に、ポツポツ小さな穴が沢山あいていて、ついさっきまでコレが業火の上でブクブク、沸騰してたコトを感じる…、目に旨い!
    玉子が出汁を吸い込みシットリ。
    ところどころがスフレのようにフックラ空気をたくさん吸って味わい深い。
    衣は細かなパン粉衣で、それがタレを吸い込み、それそのものがご飯のおかずにいい感じ。油のうま味は格別旨い。



    そしてセットの冷たいお蕎麦。
    バッサリとした茹でたばかりのココの麺線、その断面が四角くキリッと角張っていて手打ちの麺とは違ったパキッとした食感が、カツ丼みたいな料理の合間に食べておいしい。
    かつお節の香ばしさと、昆布のドッシリした味わいがほどよく混じった冷かけだれも、しっかり味わいあるのに不思議とゴクゴク飲めるさっぱりさ。
    カツ丼、そしてお蕎麦のチームワークにウットリしながら、お腹を満たす。


    関連ランキング:そば(蕎麦) | 四谷三丁目駅曙橋駅四ツ谷駅



    そしてお店の向かい側にあるスタバによって、食後のお腹を休ませる。

    不思議な場所にあるお店。
    近所に大きなオフィスビルやビジネス街があるわけじゃない。
    大きなマンションがあるでもなくて、当然、商店街や商業施設もありはしない。
    しかもかなり古い店…、まだ東京に、そんなにたくさんのスタバがあったわけじゃない上陸初期にもうあった。



    なんでこんなところに作った?
    そんな疑問がそのうち「なんでまだやってるんだろう」って、疑問にかわり、今では「なんでこんなところにこんなにたくさん人が集まるの?」って素朴な疑問にかわってきてる。
    今日もスゴいんです。
    ほぼ、満席でお店の前のテラス席もいっぱいで、通りに面したカウンターにやっとひと席…、みつけてホっと腰落ち着ける。
    この店が流行っているから近所に同じようなお店ができたりするのだけれど、どこもお世辞にも流行っているとか、長続きしてるとか言えない状態。
    スターバックスにはわざわざ人を惹きつける、なにか不思議な魅力があるって、そんな事実をココにこうしてくると教えてもらえるお店…、オモシロイ。



    アイスアメリカーノをショートでもらう…、イタリア的にはアイスルンゴと呼ぶべき飲み物。
    アメリカ的に呼んでしまうと、なんだか水っぽい飲み物みたいに感じちゃう。
    エスプレッソを水で薄めて氷で冷やす。
    だからカップの中はエスプレッソの粉で濁って、飲むとちょっとポッテリとした重たい飲み口…、豆が焦げた香りが鼻からススッと抜けて、ついさっきまで熱々だったエスプレッソの香りやうま味の名残りを感じる。
    コクリコクリとひと舐めごとに味わい変わるさまをたのしむ…、お腹と頭がやさしく冷える、しばらくしたら、さぁ、移動!

    拍手[4回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    氷みぞれに麻婆厚揚げ HOME 笑った夜と朝の飯
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]