忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    昨日は夜から雪になって、またまたビックリ。
    今年の冬。
    特に2月はなんだか不思議な空模様。
    打ち合わせがあり新宿に向かって家を出て、何かやさしく温かいモノでお腹を満たしたくなった、それでココ。

    25370265.jpeg新宿西口の楽釜製麺所にやってくる。
    実は昨晩。
    ここの近所の「でめ金」でご飯を食べて外に出て、夜と言うのに行列できていたのにビックリ。
    かつてうどんと言えば昼に空腹なだめるもの…、であったはずなのに夜にもお客様がズラッと並ぶというこの時流。
    デフレな現象なんだろうねぇ…、ってそんなコトを思いながら通り過ぎたの思い出しつつ、朝やって来る。
    さすがに朝はユッタリででも10人ほどのお客様。
    カウンターの前でうどんを注文し、丼もらってお盆にのせて天ぷら選んでお金を払う。
    この一連の作業もスッカリ、一般的になりました。
    「出汁ください」っていう人に、後ろに並んだお客さんがレジの向こうに出汁のサーバーありますからネ…、って教えてあげる。
    とてもたのしい助け合い。

    6ba4a887.jpegおろし醤油の熱々もらう。
    茹でた熱々のうどんに冷たい大根おろし。
    そこに讃岐の生醤油かけてただそれだけで、さぁ、どうぞ…、という簡単だけどこれほど麺のうま味を素直に味わううどんは他にない。
    生姜とネギをタップリのせて、天かすドッサリ。
    追加で竹輪の天ぷらもらう。
    ゲソ天、カシワ天、ごぼうのかき揚げとあれこれそろう天ぷらで、ボクがカウンターに並んだ直後に揚がり立てですって、厨房奥からやってきたのが竹輪天。
    ここの竹輪はそれそのものは決して上等なモノじゃない。
    混ぜ物多めのゴクゴク普通の竹輪なんだけど、むしろそれが油の中で水気をタップリ吐き出してフカフカ、フワフワに仕上がるんだネ。
    上等で贅沢なモノを使えば料理はおいしくなる…、ってそんなコトは決してなくて適材適所が大切なんだ…、ってそんなコトを教わる感じ。

    bda62be1.jpeg竹輪を別のお皿にどかして、丼の中をグリグリ混ぜる。
    底に沈んだ醤油をうどん全体に、絡めるように混ぜ合わせゴマを最後にパラッとちらす。
    熱々の茹でたばかりのうどんがモワッと小麦の匂いを吐き出して、混ぜつつよだれがジンワリと出る。
    ズルンとやります。
    うーん、ムッチリ。
    麺の中まで熱がシッカリ入っているから、麺はやわらか。
    コシや歯ごたえを期待すると裏切られるほど、ムニュンとしててけれどそれが不思議とおいしい。
    何よりなめらかで肉感的な麺の食感。
    唇にまるでキスしてくるようなやさしい肌と奥歯、歯茎をなで回すようなたしかな質感。
    大根おろしと天かすが一体化してソースのようになってからんで、それでうどんがほどよく冷める。
    ぬるくてなのにおいしくて、なによりお腹においしい感じ。

    d90c491f.jpegお冷や用のカップにお出汁。
    すった生姜をタップリいれてゴクッと飲みます。
    うどんをすすって出汁をゴクッ。
    生醤油うどんがお口の中で汁うどんになっていくのがなかなかたのしい。
    生姜パワーでお腹もポカポカあったまる。

    お店の中に欧米系の観光客が入ってきます。
    ここのお店は外国人のお客様がとっても目立つ。
    ただ、うどんを食べたコトがありそうにないしかも日本語も話さぬ彼ら。
    カウンターの中の従業員に紙切れ一枚、手渡してそれでうどんをいくつか買って、ボクの隣の席に座った。
    ちょっと気になり、話しかけてよもやま話。
    イタリア、ミラノから来た人たちでヒルトンホテルに泊まってると言う。
    昨日、ヨドバシカメラで買い物ついでにコノ店の前を通ったらスゴイ行列。
    どうしてもたのしみたいから…、ってホテルのコンシエルジュにお願いして注文すべきモノを書いてもらったんだよって。
    冷たいぶっかけうどんと、熱々の肉うどん。
    それにしても臨場感抜群でエキサイティングなお店だね…、って。
    今度の旅行で一番の思い出になるかもしれないなぁ…、って無邪気にはしゃぐ笑顔、たのしげ。
    ボクまでたのしくなっちゃった。
    これからちょっと、打ち合わせ。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    TALKINGOO~
    ボクも駅で地図を見ながら困っていたり、街で地図を見ながら迷っている外国人を見るとついつい話かけちゃいます。
    せっかくの日本を楽しんで欲しいなーと思っちゃうんですよねー。雨の日などは、明日は晴れるといいねとか残りの滞在楽しんでねとか、何か一言言いたいんですよね~。
    単なるお節介ジャパニーズですね。笑
    オレンジさん / 2010/02/18(Thu) /
    老婆心な愛国者
    > オレンジさん
    ちょっとでも日本のコトを好きになって帰って欲しくて、それで声をかけちゃうことがありますね。
    自分が海外に行ったときにやっぱり親切にされるとうれしいし。
    迷惑にならない程度にこれからも愛国心を発揮しますです。
    サカキシンイチロウさん / 2010/02/18(Thu) /
    クリクリドーナツ、ティンフック HOME でめ金、串揚げ、信州屋
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]