忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    朝をおむす人にてはじめます。

    omusu.jpg今年も10日を切った今朝。
    今年一年、お世話になってありがとう…、とおなじみの店に挨拶をして回る程よいタイミングかなと。
    それでまずはおむす人。

    テクリテクリと、歩いていきます。
    ひと駅分の程よい運動。
    仕事で気持ちが忙しくなる。
    すると食事がどうしても、雑になってしまうのですね。
    今年はファストフードのご飯が多かった。
    いろんな意味で、まだまだ時間をタップリかけてココロおきなくおいしいモノに身を委ねるような、気持ちになかなかならなかった。
    特に朝はせわしなくって。
    それで手っ取り早い食事が多かった。
    あぁ、雑だなぁ…、と思ったときに、この店にくるとなんだかホッとしたものです。

    とても丁寧。
    注文するとユックリ、ユックリ、丁寧に。
    ひとつひとつ、ご飯をむすんでおむすび作ってくれるのですね。

    e8c1e932.jpegこのお店自体がとても忙しいお店でもあり、だからみんなせわしなく、体を動かし、手を動かして次々、おむすびを作ってく。
    けれどジックリ手元を見ると、手間をおしむようなコトなく、ただただひたすらおいしくむすぶコトだけしてる。
    やさしいリズム。
    やさしい仕草。
    そしてやさしい表情で出来上がってくひとつひとつのおむすびまでもが、やさしくとても美しい。

    一生懸命であるコトと、おだやかであるコトが共存している、ステキな手際。
    毎日毎日、同じ手順と作業の連続。
    なのにいつやってきても新鮮で、すがすがしくて明るくて。
    仕事というのは、こうしてやんわり粛々と片付けていく中に、たのしさが生まれてくんだな…、ってそんなコトを思い知らされニッコリとなる。
    沢山、勇気をいただきました。
    今朝は2個…、ツナと昆布のおむすびと、鮭といくらのおむすび。

    縁結びというココの売り物。
    二つの具材がひとつになって、口の中にやってくる。
    一緒に口の中にあり、互いの特徴ひきたてながら分厚い味になっていく。
    とはいえ時折、それそれぞれが自己主張をして、別々に口の中でうま味、風味を発揮していく。
    チームワークのなせるワザとでも言いますか。

    c8194fca.jpegツナマヨネーズのネットリとした酸味とうま味。
    佃煮昆布の甘みと渋味が、そのネットリをピリッとひきしめおいしくさせる。
    焦げた醤油の風味が魚の匂いをおさえて、食べやすくもなる。
    よい組み合わせ。
    シットリとした鮭のほぐし身。
    そのシットリをよりシットリとさせるイクラの魚卵のジュース。
    プチッと爆ぜる一粒ひとつぶの存在感も、またおいしくてご馳走感をかりたてる。

    おかずセットをもらいます。
    ニンニクダレにつかってうま味ドッシリ、しかもクチャっと奥歯で潰れてネットリとするココ独特の唐揚げと、甘くてプチュンとなめらかな、まるでお菓子みたいな玉子焼き。
    今年の中盤、一度、種類が変わってちょっと肉臭くなってしまったソーセージ。
    10月くらいに再び元のサックリとしたやさしい風味に戻って、あぁ、うれしいと小躍りまでしたボクの好物、揚げソーセージ。

    おむすびご飯と交互に食べて、熱いお茶をコクンと飲みます。
    濃い目のほうじ茶。
    口の中に居座るいろんなうま味を一切合切溶かして喉の、奥へと流す。
    不思議なコトに、うま味がお茶に混じってまるでおすましみたいになるのがたのしい。
    たのしく、やさしく、お腹いっぱい。
    あぁ、ゴキゲン。
    また来年のよろしくお願いいたします…、ってそう言いながらお店を出ます。
    師走の空に、走る人。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    無題
    せっかちなので、
    丁寧に食事を作ったり、召し上がっているサカキさんは私のお手本なのですが、サカキさんも雑になってしまうことを知ってなんだか嬉しくなったりして。

    「一生懸命であるコトと、おだやかであるコトが共存」

    コレ、私の課題とします!
    キョーコさん / 2010/12/23(Thu) / URL
    丁寧
    > キョーコさん
    なるべく丁寧に生活しようと思っているのですけれど、やっぱり忙しさに負けてしまうことってありますよね。
    そんな時でも気持ちだけはユッタリと、と思っています。
    そろそろ今年も大詰め。
    忙しさに負けないようにしましょうね。
    サカキシンイチロウさん / 2010/12/23(Thu) /
    オザミのランチ HOME ボンヤリスタバにヒーハーラーメン
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]