忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    表参道のオキニイリなスタバで、次の打ち合わせまで時間調整。

    7a57bb91.jpeg表参道の裏通り。
    もともとこの界隈は商業地ではなく住宅地。
    道路が細く、曲がりくねって東京の街のど真ん中っぽくないのがステキ。
    未だに民家がポツポツあるし。
    お店のほとんどが、民家サイズで中にはそれを改造したままつかったお店も結構あるし。
    小さいお店が多い中、このスターバックスは大きな方で、けれど威圧感なき2階建てにて隣の雑木林と上手にとけあっている。
    ドリップコーヒーを買ってタントン、螺旋階段を登った先には明るい客席。
    大きな窓の向こうに緑。
    ユッタリとしたソファが空いててそこに座ってボンヤリします。

    数ある東京のスタバの中でも、オキニイリのひとつのココの、とびきりの席に運良く座れてニッコリします。
    勉強する人。
    PC開いてメールチェックに報告書かきをする人に、何かの面接している人たち。
    スターバックスってところの良さは、こうした多様な使い勝手にあるんだろうな…、って思ったりした。
    ボクはボンヤリ、ただただボンヤリ、時間を無駄に使って休む。
    そしてまたまた打ち合わせ。

    夜は少々、せわしなく、ラーメンずるんと手抜きですます。

    be4ea44f.jpeg喜多方ラーメンの小法師って店。
    喜多方ラーメン…、好きなんですネ。
    スッキリとした脂をほとんど含まぬスープ。
    塩と醤油の味がキチッと決まった、メリハリあってなのに不思議とサッパリしてる。
    スープがシッカリしているのでしょう。
    かなり太めのちぢれ麺でも、しっかり味をたぐりよせおいしく感じる。
    スッキリとした後味もいい。

    今の流行りは背脂チャッチャか豚骨ベースのこってり味で、だからいまどき流行らぬ味…、なんだろうけど、不思議とファンが多いよう。
    いつもお客様でにぎわっていて、そのほとんどがオーバーフィフティー。
    なつかしい味。
    しかもサッパリ、アダルトラーメンって言う感じ。
    ボクもまさにそんな世代で、お店に入るとそこの景色に溶け込んだ(笑)。

    b1be1d4c.jpeg今、キャンペーン中の青唐辛子の野菜そば。
    今年の夏にお世話になった。
    スキッとした辛さと塩のスープの旨さ。
    レタスに白菜、ネギに韮と野菜がタップリ。
    そのそれぞれが、一番おいしい状態で、例えばニラはほとんど生だし、白菜はシッカリ熱が入っていたりと結構手間がかかってる。

    韓国の辛さは赤い唐辛子。
    西洋料理は胡椒がメイン。
    どちらもドッシリ、うねるような辛味がずっと長続きする。
    その点、東南アジア的なる青唐辛子は最初は辛い…、けれどスキッと辛味が消える潔さが特徴で、多分、熱さが厳しくて辛味は欲しいけど長続きだけはしてくれるなよ…、とそんな気持ちにかなってるんでしょう。
    そういや中南米の料理の辛味の主役も同じ、青唐辛子。
    そのスッキリとした辛さを求めて今日もまた。

    チャーシュー丼と煮玉子がついたセットをたのんで食べた。

    5df90734.jpegココのチャーシュー。
    いわゆる中華の味付けチャーシューと違ってまるで、韓国料理のむし豚のよう。
    色はまるでゆで豚そのもの。
    脂と赤身が交互に層なす姿が肉そのままで色白だけど食べるとキチッと味がはいってる。
    クチャっと脂が奥歯でとろける感じもおいしい。
    そんな叉焼をタレをつけて焼いたもの。

    なんともおいしい。
    まるでうなぎの蒲焼のタレ。
    コッテリとした濃厚味で、甘みも醤油のコクも風味もドッシリたのしい。
    おそらくタレの香りなんでしょう、まるで炭で炙ったような匂いまでする。
    これだけ食べても十分ご飯のおかずになる。

    一個分を半分にした味つけ玉子を、丼にのせツルンと味わい、ラーメンで温めムニュンと味わってみる。
    温度が変わると味が変わっていくのがたのしい、オモシロイ。
    麺を全部食べ終わり、スープにお酢をトポトポ注ぐと、まるでトムヤンクンのような味がしてスッキリと、喉からお腹をひきしめる。

    それにしてもこのお店。
    今日、やってきたらばサービススタッフの一人が白人系の女の子。
    外人さんがスタッフのレストランなんてもう珍しくもなんともないけど、そのほとんどが東洋系。
    ブロンドの髪、背も高くってスラッとしてて20代のクレモンティーヌみたいな子がニコニコしながらラーメン運ぶ…、まるでココはフーターズ?って思ったりした、得した感じでゴチソウサン。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    無題
    喜多方ラーメン食べたことがないです。。
    美味しそうですねo(^▽^)o
    lovekuma69さん / 2010/12/22(Wed) /
    あきない味
    > lovekuma69さん
    喜多方ラーメンはあきないラーメンの代表格だって思います。
    はじめて食べたのは30年近く前。
    未だに、変わらずおいしいと思えるのってすごいです。
    サカキシンイチロウさん / 2010/12/22(Wed) /
    季節にかかわらず
    坂内(小法師)行ったら冬でも冷たい和風ラーメンを頼んでしまいます。あの麺と和風だし、わさびが恋しくなって入ることがほとんどなので。
    でもサカキさんのエントリー読んで普通のも食べたくなりました。^^
    makikoさん / 2010/12/23(Thu) /
    冷たい和風ラーメン
    > makikoさん
    ボクも好きです。
    チャーシュー別盛りで、しかもわさびがタップリついてくる。
    おいしいですよね。
    途中でお酢を加えて食べるのがオキニイリ。
    冬に食べる冷たい麺もまたおつなもの。
    なんだか久しぶりに冷たいラーメンを食べたくなっちゃいました!
    サカキシンイチロウさん / 2010/12/23(Thu) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    おむす人 HOME うかい亭
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]