忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    午前中を家で仕事をすることがあり一日寝かせたベーコンエビをガリッと食べる。
    トロアグロにて調達をした今のところ、東京一番のオキニイリ。



    もともとフランス系のパン…、焼きたてよりもしばらく時間がたって水分を吐き出したのが歯ごたえ、味わい、どっちもおいしい。
    塩の旨みが際立って、バターの風味や小麦の香りが一層強くなる感じ。
    しかもベーコンを混ぜて焼いたコレ…、動物系の脂の旨みや香りまでもがドッシリ口から鼻へと抜けていく。
    噛みしめ味わう顎のゴチソウ、噛んで、噛んで、味わって、なんだか頭がジンワリ動く…、たのしいアイディア落ちてきた。

    ランチをひさしぶりにおむすび権兵衛…、ちょっと小腹を満たしたくってそれでおむすび一個買う。
    ここのいつものオキニイリ、じゃこ玄米を買って一緒に総菜ひとつ。



    米粉でカラッと揚げた空揚げが好きなんだけど、やっぱり野菜を食べなきゃネってそれでゴボウのみたらし揚げっていうのを選ぶ。
    ゴボウを揚げて甘辛ダレをからめた、たしかに食べるとみたらし団子のような味がする総菜で、ゴリゴリ顎をたたくようなゴボウの食感がとてもたのしい。
    噛んでるうちにみたらし団子の味がなくなり、ゴボウ独自の土の香りとどっしりとした深い味が口に広がる。
    噛んで、噛んで味わううちに、どんどん好きになっていく。
    たくさん食べたつもりなんだけど、まだまだ食べたく物足りなくて、今度は自分で作ってみようか…、って思ってそれでおむすび食べる。



    ホツホツとした玄米ご飯にじゃことゴマをタップリ混ぜ込み、大葉と一緒にきっちりむすんだおむすびで、食感たのしいオキニイリ。
    特にプチプチ、奥歯ではぜるゴマの食感が軽快で、口の中での情報量が多い分だけボリューム以上の満足感じる。
    ただ、いつもこれ…、っていうのがちょっとなやましかったりします。
    それというもの他にもたくさん、おいしそうなおむすびが季節季節に出てくるんだけど、小腹満たしにはおむすび一個が相当で、だから他のおむすびまでも食べる余裕がないのであります。
    昔だったら平気でおやつにおむすび3個くらいペロリと食べたのにね…、と、エヘン!とちょっと自慢する(笑)。

    それから外出、スタバでちょっとぼんやりします。
    キーボード付きのiPad miniにアイスドリップをお供にのんびり書物しながら時間を潰す。



    ドトールコーヒーで潰す時間とスターバックスで潰す時間は、果たして同じ時間なんだろうか?
    あるいはMacBook Airで潰す時間は、iPad miniで潰す時間はと同じなのかとどうでもいいこと考えながら、でも実は、これってどうでもいいことじゃないんじゃないかとも思ったりする。
    手ぶらで歩く旅は気楽で、iPadとかスターバックスとかって手ぶら感が強いモノや場所だったりするのかもねと、ちょっと勝手に合点する。
    ヘーゼルナッツシロップをほんの少しだけ入れてもらったアイスドリップのショートサイズを飲み切ったらば店を出ましょう、次の用事に向かうまでちょっとぼんやり、あとちょっと。

    まもなく9月の今頃に思い出すのが「9月になれば(Come September)」。
    1961年公開のアメリカ映画で、ロック・ハドソンとジーナ・ロロブリジーダがイタリアのリビエラを舞台に繰り広げるラブコメディー。
    お金持ちたちがおしゃれに恋のさや当てをする。
    くっついたり離れたりが延々繰り広げられる罪なき映画で、たしかに9月ってそんな季節かもしれないなぁって思ったりする…、トレーラーを貼っておきます。



    まぁ、おしゃれ!
    それにしても「映画を観に行くとはスターを観に行くコト」だった時代の映画なんだなぁ…、ってトレーラーを観ていた思う。
    何しろロバート・タルボットとローザの恋物語であるはずなのに、どうやってロック・ハドソンとジーナ・ロロブリジーダが恋に落ちるのか?…、その答えを知りたければ映画を見に来い!という、宣伝文句。
    たしかにその通りだったに違いないよなぁ…、って思ったりした。
    さてさてまもなく9月であります、恋の季節でございましょうや!

    拍手[2回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    肉の丸信 HOME はしご酒かつ、はしご飯
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]