忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    祝日の朝…、寝坊をします。
    ユックリおきて、それでサンドイッチを作ることにする。
    「ぐうたらサンド」…、キチッと重ねてお行儀の良い形につくるのじゃない作り方で、かわりに上等の食材を使います。

    ed8396ee.jpegまず用意するのがアンデルセンのイギリスパン。
    空気をタップリ含んだパンで、そのまま食べても十分おいしい。
    サンドイッチの基礎を支える一枚分は、軽くトーストしてあっためる。
    カサっとかわいて、小麦の香りが甘く漂う。
    中を覗くとほんのり色づくその頃合いでトースターから取り出して、ディジョンマスタードをススッと塗ります。
    そこにハム。

    昨日、ちょっと変わったジャンボンブランを発見した。
    パストラミジャンボンブランというハムで、ハムの周辺、脂の部分にギッシリ胡椒やハーブがついてる。
    パストラミっていうと普通は塩漬け牛肉を原料にする。
    けれどそもそも「香草やスパイスの風味をつけた加工食肉」の総称がパストラミ。
    伊勢丹でいつもハムを買うとこで、はじめて見つけてそれでそれ。
    フワッとハムをやさしく置いて、そこにカーリーレタスをのせる。
    プチュっとマヨネーズをしぼってそっと、焼かないパンで蓋して食べる。
    切らずにそのまま。
    両手で構えて、口を大きくあけてパクリと…。
    前歯のところでまずはレタスがバリバリ音をたてて潰れて、口の中にきれいに収まる。
    征服感を味わう一品、目を覚ます。

     ちょっと外出…、友人がやっているオフィスにちょっと顔を出す。
    そしたらコンビニ弁当の食味調査の真っ最中で、これ幸いと付きあうことに。

    ae2f427f.jpegうな重がある。
    なぜに?と聞いたら、今が春の土用だっていってたよ…、って。
    土用の丑には鰻を食べよう。
    平賀源内先生がそうおっしゃってから、そういうコトが定着したけど、けれどそれは夏の土用。
    一年4回。
    暦が変わる節分の前。
    18日から20日くらいが土用という期間。
    だから春にもあって、たしかに5月5日の前の今日は春の土用の後半。
    それで鰻を売りましょう…、ってコトなのでありましょう。

    分厚い鰻。
    けれど不思議と短くて、おそらく時間をかけずおもいっきり太らせるだけ太らせたのでありましょう…、脂がネットリ、かなり濃厚。
    かつての中国産の鰻のように匂いはそれほどきつくなく多分、飼料や養殖環境がよくなったのでしょう。
    ムッチリとした食感もほどよく決して悪くない。
    サイドに奈良漬の風の大根がついているのも、伝統的なるうな重らしい。
    ちょっとタレがサッパリしてる。
    昔、親父がやっていたうなぎ屋さんのタレは本当においしくて、長男坊のボクは炊き方をしっている。
    ひさしぶりに炊いてみようか…、なんて思った。

    531ee485.jpegそれからラーメン。
    スタミナラーメンっていうモノで、電子レンジでチンするだけでできるシリーズ。
    ラーメン、うどんや蕎麦がおんなじスタイルで売られているけど、よく出来ている。
    電子レンジから出したら器の蓋からペロンとでている、薄いフィルムをサッと引く。
    すると具材が初めてスープの上に乗っかる。
    だからスープはスープの風味、具材は沈まず麺の上にタプタプゆれる。

    ニンニク臭と醤油のコクある風味が食欲、かなりそそります。
    ズズッとすするとピリッと辛い。
    輪切りでタップリ入ってる赤唐辛子がピリピリヒリヒリ。
    ニラの香りも強烈で名古屋名物、台湾ラーメンみたいな味がする。
    麺もシコシコ。
    歯ざわり、歯ごたえシッカリしてて、細いくせして伸びずにずっといてくれる。

    豚の匂いがちょっとしますか…、脂の匂い。
    でもこの匂い、多分、背脂系のラーメンが好きな人にはたまらないのでありましょう…、だからスタミナ。
    ボクにはちょっと重いかも。
    とは言えズルズル、みんなで分けつつスープを飲むと、丼の底の真ん中だけが上げ底状になっている。
    なるほど、なるほど。
    麺は上げ底部分で止まって下に落ちない構造。
    だからスープが周りの部分で滞らずに滞留しながら、カップ全体をあっためていくようにしてるんでしょう。
    こうしたとこから商品作りをするというコンビニパワーに、こりゃかなわんなぁって思ったりする、金曜日。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    東京スパゲッチ HOME シンパシー
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]