忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    軽く蕎麦でお腹を満たそう…、永坂更科布屋太兵衛にやってくる。
    c1ac18f7.jpegナガサカサラシナヌノヤタヘイ。
    まるでお店の名前のようでない、まるで何かの呪文のようなこの店名をやっと最近、覚えるコトができました。
    由緒正しきお江戸の蕎麦の文化をずっと守り続けている老舗。
    そんなお店がなんで新宿駅の地下街にお店を作ってしまったんだろう…、おそらく昔、地下鉄というモノがまだまだハイカラで非日常的な乗り物だった時代に出店したのかなぁ。
    出店している場所が「メトロ街」って名前、当時はハイカラな場所だったんでしょう。
    そう思ったらお向いさんが同じ神田の肉の万世っていうのもなんだかうなずける。

    99bb6ebd.jpegここでたのむメニューもすっかりこれ一つ。
    生粉打ちそば。
    メニューもみずに椅子に座ると同時にお店の人に「生粉打ち、辛めで」とたのむ。
    わしゃ、ココのおなじみさんでございやす!
    ってそんな勢い。
    お店の人も「あいよ」って感じで注文を聞きカシャカシャ、テーブルの準備をします。
    辛口のタレの入った徳利。
    そば猪口、それから薬味のお皿。
    おいしいそばが食べられる…、ってウキウキしながらしばらく待つと、やってきました。

    生粉打ちの蕎麦。
    つなぎを一切使わずにそば粉と水だけで作った正真正銘の十割蕎麦で、しかも平打ち、厚めで太い。
    だからムッチリ、歯ごたえがありズルズルすするといよりモグモグ、口の中にたぐって噛んで味わうお蕎麦。
    噛んでるうちにとろみがでてきて、蕎麦の風味や軽いエグ味が、あぁ、今、口に蕎麦があるんだと存在感にウットリできる。
    辛口のタレは最初はドシッとアタック強く舌にのっかり、けれどスキッと後口サッパリ。
    だから蕎麦のうま味や香りを心置きなく味わえる。
    みずみずしくて、まるで水をたぐりよせてるみたいななめらか、色っぽさ。
    お腹に納めてそば湯をもらい、コクリと飲むとお江戸の風が吹いてくる…、大人の粋でございます。

    さて移動をと、丸ノ内線の駅に向かう途中でジュースを、ゴクリとたのしむ。

    17130584.jpeg愛和食品っていう、もともとナッツやドライフルーツをあつかう食品店の店先。
    ブレンダーがズラッと並んでジュースを売っている。
    果物屋さんの店先によくあるスタイル。
    ところがココのジュースはかなりお安い。
    8種類ほどのジュースのほとんどが、150円というウレシイ値段。
    さすがに水やミルクでわってて、サラッとしてる。
    だけどもむしろ、そのサラッと感がお腹を満たした後にはありがたかったりするのであります。
    この前を通るたびに立ち寄ってゴクリと煽って体をリセット。
    今日もゴクリと、味わった。

    それにしても最近、シニアのお客様がたのしげに食事をしているお店が増えた。
    さっきの蕎麦屋もそんなお店で、その特徴のひとつが「手軽さ」。
    手軽な値段。
    それ以上に手軽な「ボリューム」。
    例えばとあるお店がワンコインの商品をはじめた途端に、おじぃさまやおばぁさまが増えたんだって。
    「安物」で500円にしたのじゃなくて「量を間引いて」500円にした。
    シニアのお腹にやさしい分量が支持されたからに違いない。
    蕎麦屋さんでも、麺少なめってできますか?って、おじぃさまが聞いていた…、お腹いっぱいを売ることよりも、人それぞれのお腹のサイズに合わせた量にこだわる商売。
    残さず食べて、しかもお腹が苦しくなかったという実感が、お年寄りには何よりうれしいもてなしになる…、ってことかもしれない、オモシロイ。

    でもって今日のジュースがこのジュース。
    07f424d3.jpeg杏とみかんをジューサーでジャジャっとブレンドしたモノで、トロンとなめらか。
    オレンジにはない、みかんの酸味がキリッと鮮やか…、ゴクリとやると頭の後ろがブルッと震えるような感じがする飲み口で、冷たくしかも喉越しがよい。
    ゴクゴク、一気に飲もうとすると目の後ろの方がギューンっと痛くなってくる。
    それで一息、休憩をして写真をパチリ、それから再びゴクリとやった…、さてさて移動といたします。



    関連ランキング:ジュースバー | 新宿駅新宿西口駅新宿三丁目駅

     

    拍手[2回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    オカルトの日 HOME 臼家のそうめん
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]