忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    昼のおむすび、おむす人。

    e53eb7e0.jpegあるものがお気に入りになると、執着心をもってそれをしばらく食べ続けてしまう…、という悪い癖。
    なるべく多様なものを、いろんなところで食べなくちゃ体のバランスが壊れちゃう。
    …、っていうことはわかってはいるのだけれど、頭や口がどうしても。
    食べなれたもの。
    お気に入りのモノを欲してしまう。
    特に気持ちがちょっと疲れたときなんか、いつものモノで元気をもらう、というようなこと。
    してしまう。
    それが気軽なものであっても。
    たとえ気合を入れて立ち向かわなくちゃいけないような、とびきりの店であっても、食べなれたものはやさしくおいしい。

    今日の昼。
    たまたま会社と自宅の間を何度か行き来することがあり、その途中。
    おなかを満たす必要があり、それで飛び込む。
    いつもは朝のお店の昼も、またいいものです。
    にぎやかで。

    おむすび二個にソーセージ。

    29cb113c.jpegここのおむすび以外の料理。
    鶏の唐揚げ、フライドポテトとそのほとんどが揚げたもの。
    小さな厨房のそのほとんどが、おいしいご飯を炊くことと、そのおいしいご飯をよりおいしくおむすびにするコトを支える調理器具でギッシリで、だからそれ以外の調理器具はフライヤーだけ。
    だからソーセージも焼くのじゃなくて揚げて仕上げる。
    でもって、それがおいしい。
    一瞬にしてソーセージの外側に壁ができるからなんでしょう…、肉汁が外に出てしまうことなく中にたまって、それが一挙にほとばしり出る。
    プチュンとした食感も、焼くよりも一層強くて、今度家でもこうしてみようかなぁ…、ってちょっと思わせる。

    梅とおかかのおにぎりに、おかかたくわんのふたつをたのむ。

    48c47d57.jpegパキパキ、ポリポリ。
    細切りたくわんの食感が、なんだかちょっと恋しくて。
    昔、沢庵コウコは好きじゃなかった。
    独特の甘みと匂い。
    そもそも大根って、大根おろし以外は煮たのも漬けたのも苦手だったのに最近不思議と、おいしく感じる。
    柚子大根や、カクテキなんかの表面ちょっとヌルンとボケた独特の歯ごたえが、なんだか結構たのしくて、それでタクワン。
    カプッとかじると、バサッとまるでほとばしり出るようなこのタップリさ。
    たのしくおいしくにぎにぎしくて、口が喜ぶ。
    おなかもうれしい。
    おごちそう。


    ところでこれ。

    95108737.jpeg午後の紅茶のニューフェイス。

    アジアンストレートの無糖っていうやつ。
    「紅茶の風味、あとからジャスミン」とラベルの下に書かれてて、なるほどそういわれれば、そんな感じか?ってほんわか思う。
    素直に言えば、ジャワティーの香りを思いっきり薄めてほのかにしたような、そんな風合い。
    たよりないけど、でもむしろ、癖がなくって飲みやすい。

    それにしてもソフトドリンク。
    サントリーが作るさまざまは必ず「おもしろいなぁ」という部分に落としどころを作って仕上げる。
    キリンが作ると同じようなモノでも不思議なほどに「うまいなぁ!」…、と思わせる。
    優等生的といえばいいのでありましょうか?
    予定調和的でつまらないといえば、つまらない。
    「旨い」と「上手い」の両方のほどよきバランス。
    ビールも同じ。
    企業風土とは、げに強きもの。
    ボクはサントリーの「おもしろ系」の方が好き。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    素揚げ
    子どもの頃、揚げ物が食卓に並ぶときには、粗挽きソーセージの素揚げがほぼ毎回ありました。たこさんにすると、足の先がかりんかりんになるんです。あぁ懐かしい。
    アジアンストレート、は冷蔵庫に入れてあります。
    急な来客など、いきなり熱いお茶はちょっと、でも麦茶じゃ味気ない、というときにいいかなと思って。ごくごく飲めちゃうのが、けっこう重宝です。
    ryoko*さん / 2009/06/08(Mon) /
    素揚げたこさん
    > ryoko*さん
    確かに、たこさんにして素揚げにすると、足一本一本がおいしくあがるでしょうねぇ…。
    今度試してみましょうね。
    アジアンストレート。
    ちょっと足りないくらいの味が、いろんなモノと合うようなきがしますね。
    サカキシンイチロウさん / 2009/06/08(Mon) /
    無題
    誰かの握ってくれたおむすび、
    誰かの切ってくれた野菜、

    型にはめたおにぎりと、
    スライサーでスライスした野菜、

    同じ素材なのに
    おいしさがまったく違う
    ことが 子どもの頃から疑問でした。

    わたしは夫が握ってくれるおむすびが大好き
    で、
    夫はわたしが握ったおむすびを美味しいと
    言ってくれる、
    人間の味覚って、決して
    辛いとか甘いとかだけでは
    できていないんだなーと思います。
    プロの料理も、上手だからおいしいという
    だけじゃないように。

    ところで、土曜か日曜の日経新聞朝刊に
    サントリーは上場していないから
    一時の利益でものをはからず、
    かなり長い間、日の目を見ないものも許す
    挑戦OKな企業風土があるという記事を
    読んで、
    まず上場しない選択をしていることに
    驚きましたが
    サカキさまのブログを読んで
    それも味に出るんですね、と
    さらに驚きました。
    そこまで気にしたことはなかったです。
    しろはなげさん / 2009/06/09(Tue) / URL
    大きな中小企業
    > しろはなげさん
    サントリーさんとお話をしていると、中小企業的とか、家業的をとても大切にされている会社なんだなぁ…、って感じます。
    不特定多数の株主という顔の見えぬ人たちを意識することをしなくてすむ、幸せな経営。
    いいなぁ…、って思います。

    誰かに作ってもらうもの。
    しかもそれがその人の得意料理だったりすると、とても幸せにおいしく感じます。
    ボクにとっては鶏の唐揚げ。
    なんだかおなかがすいてきました。
    サカキシンイチロウさん / 2009/06/09(Tue) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    四ツ谷で勉強、中華に蕎麦 HOME 深川なそば、ケンタッキー
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]