忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    11 2019/12 01
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    出勤前の駅中で、成城石井のお店があって、そこでランチを買っていく。

    4e198d9d.jpeg成城石井。
    とても独特な風土、環境。
    一言で「高級な店」と片付けることができないちょっと不思議でステキな品揃え。
    へんてこりんなモノが沢山揃ってる。
    上等系のスーパーではもう一社「三浦屋」が好きでそっちはとても優等生的な品揃え。
    野菜や肉のクオリティーは下手なデパ地下が裸足で逃げていくほどで、三浦屋に行くと晩ご飯の献立がみるみるうちに決まっていくほど、提案性に優れてる。
    一方、成城石井の方はそのまま食べてさまになるオモシロイ食品をまぁ、これでもかって集めてて、パーティーするなら成城石井。
    或いはお洒落なピクニックをする前にちょっと寄っとく?って感じがある。

    今日はフォーを買ってみる。
    そもそもフォーなんてモノが弁当売場の一番手前の目立つ場所に置かれてる。
    しかも「今日のおすすめ」なんて札まで貼られている店なんて、そうそうないでしょ。
    チンするタイプで、これがおいしい。
    もやしタップリ、蒸鶏どっさり。
    くだいたピーナツ、ゴマに茹で海老、レッドオニオン、コリアンダーとベトナム料理の専門店的、見事にステキな再現力。
    スープはサッパリ塩味で、けれど鶏のスープのうま味がキチッとあとをひく。
    モッチリとした麺も絶妙…、かなり上出来、ビックリします。

    一緒に食べようと、柿の葉寿司。

    41714f2a.jpegおやつサイズの料理が一杯揃っているのも、また面白くて、実は悩んだ。
    たいめいけんのかつサンドとか、峠の釜めしのミニチュア版とかあまりに魅力的すぎるプチサイズの料理がたくさんあってかなり悩んだ。
    けれど口が酸っぱいものを要求したのネ。
    最近、ちょっと疲れ気味なのか酸っぱいものがおいしく感じる。
    まさか最近、ではじめているお腹は妊娠したわけじゃなし(笑)、お腹がちょっと疲れてるのかも。
    それで柿の葉寿司を買う。

    大きく口を開けてたべれば、多分、一口で食べられる。
    でも折角だから、二口に分け味わおう、と思わせてくれるほどよいサイズの一口大。
    キッチリ柿の葉っぱでくるまれ、几帳面の直方体をしていてお洒落。
    柿の葉とると中からコロンとお寿司が三種。
    一つは鯖。
    一つは鱒で、一つは小鯛。
    酸味がキリッと透き通って感じるほどに甘み控え目。
    うま味もほんのり、お腹の口がギュギュッと一瞬引き締まり身構えるような酸っぱいシャリがなんともゴチソウ。
    今日のお腹をキリッとさせる。
    フォーのスープのうま味をかてに、柿の葉寿司をお腹にそっと流しこむ。
    コリアンダーの風味がフワッと南国気分にしてくれる。

    夜はご飯を炒めます。

    janbaraya.jpg二日も前に炊いておいたご飯。
    冷凍庫の中でカチンカチンになっていたのを取り出して、かるく自然解凍しとく。
    フライパンに刻んた玉ねぎ。
    それからベーコンをタップリ入れて、油と一緒にジャジャっといためる。
    ベーコンの端がチリチリ焦げて、玉ねぎが透き通って来たところでご飯を入れる。
    半分凍ったご飯を両手で、バラバラ崩してそのまま入れて、カランコロンとお鍋の中を転がしながら熱をくわえる。
    凍ったご飯が炊きたてだった頃の状態を思い出すように、カランコロンと。

    塩と胡椒で味を軽く整える。
    そこに刻んだキューブブイヨン、パラッと入れて、ツナ缶一個。
    今日はジャンバラヤ風の炒めご飯にしようと一口大に切った鶏唐揚げ、具材にします。
    パプリカ入れてケイジャンスパイスソースをパパっとやって、最後に塩で味ととのえる。

    海のうま味とチキンと脂、それにスパイス。
    それがジャンバラヤの味の構造…、本当はそれを海老やアサリを使って作りたかった。
    けれど手元に買い置きもなくツナ缶使ってごまかした。
    味はほどよくジャンバラヤ風。
    スパイシーでちょっと酸味を感じて爽やか。
    ご飯と一緒に炒めた唐揚げが、口の中でクチュっと潰れて揚げた衣の脂のうま味が滲み出す。
    パプリカの香りと甘みがほどよくたのしいアクセントにて、タップリ2合ほどのご飯がお腹の中にすんなり入ってく。

    ジャンバラヤの歌の画像を一枚貼っておきましょう。
    もしかしたらば以前、この動画を貼ったコトがあるかもしれない…、江利チエミさんが歌った昔のジャンバラヤ。



    達者です。
    歌も達者で、英語も達者。
    おそらく耳が良かったのでしょう…、この時代の歌い手さんたち。
    同じ三人娘の一人、雪村いづみは正真正銘、アメリカで叩き込まれた英語を話す人だったけど、本格的な渡航経験も英語教育も受けてはいない美空ひばりも達者な英語でジャズのスタンダードナンバーを歌ってる。
    文字をみて英語を歌う今の人たちと違って彼らは、言葉をそのまま歌っていたのに違いない。
    なんだか気持ちが豊かになるような、昭和半ばの音を聞きつつ、あと10日間の今年の残りにユメ馳せる。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    無題
    成城石井はお気に入り。オリジナルものが充実していていいですよね。スイーツも美味しくてお手頃なものがたくさん♥
    キョーコさん / 2010/12/20(Mon) / URL
    買いすぎ注意報
    > キョーコさん
    この店で買物をするコツは、目的のモノの売り場以外にはいかないこと。
    でないと、買いすぎ注意報発令で大変なコトになっちゃいますからw
    サカキシンイチロウさん / 2010/12/20(Mon) /
    懐かしいスーパー
    母が三浦屋さんがごひいきで、子供のころはよくお買い物に。硬いパンが嫌いな母のお気に入りのバタール。私はタピオカココナッツミルクと野菜豆。
    吉祥寺の街中には、二つ(最大三店あったかな?)お店があった。それがひとつなくなりガーデンができて、ふたつめもなくなっちゃってさみしかった。私が、吉祥寺を離れてから、成城石井ができて、また三浦屋さんもできたらしい。

    今住んでるところには、成城石井があって、少し上等な調味料を探しに行きます。お惣菜はなかなか機会がなく。いつもおいしそぉと横目でみてます。

    お財布を気にしつつも、あれもこれも欲しくなってしまう。帰り道に心があったかくなるスーパーが身近にあるとうれしいですね。
    なかだんさん / 2010/12/21(Tue) /
    三浦屋さん
    > なかだんさん
    三浦屋さんにはじめて足を踏み入れたとき。
    なんて素晴らしいって、もううっとりして、あれも買いたい、これも買いたい。
    量もかなりのものになりましたが、ビックリするほどのお値段になって…。
    ビックリしながらも、これが大人になったという事なんだと思ってレジを通り抜けた記憶があります。
    今も、このお店に行くということはちょっと覚悟のいることで、でもその覚悟がまた楽しかったりするのです。
    サカキシンイチロウさん / 2010/12/21(Tue) /
    無題
    成城石井も好きですが、関西人の私としては、やはりイカリさんかなぁ。
    先日から気になっていたジャンバラヤ風チャーハンを昨晩作りました。家族に大好評でした。我が家の定番チャーハンは、実はシーチキンチャーハンで、そこに唐揚げ?!と思いましたが、大変おいしく頂きました。実は(こればっかり)ジャンバラヤはなんとなくギトギト感があって、食べず嫌いでしたが、お家ジャンバラヤはお気に入りなりそうです。
    今年もこちらのブログを楽しみに拝見させて頂きます^^
    宜しくお願い致します。
    くろさん / 2011/01/03(Mon) /
    イカリスーパー
    > くろさん
    実はメリケンパークの開発を担当しいた時がありまして、その頃は半分、神戸に住んでいたような状況でした。
    そのときに、イカリスーパーにはお世話になりました。
    関西の食文化の底力を実感するような売り場、品揃え。
    なつかしいです。
    ボクも、ご飯を炒めるときにはまずツナ缶って感じなのですが、たまに違った作法で作るとちょっとしたお外ごはんのような感じがしてオモシロイですよね。
    今年も、よろしくお願いします。
    サカキシンイチロウさん / 2011/01/03(Mon) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    セサミンな朝 HOME エッグスタンド
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]