忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    午前中からちょっと仕事がたてこんで、朝をお外で。

    fc2a4a20.jpegJRの四ツ谷駅の上にある商業施設、アトレでご飯。
    友人とここで待ち合わせをしてそれであれこれ。
    料理を買って集めてそれで、スープストックで仕上げをします。

    オマールエビのビスクのラージサイズをひとつ。
    そしたらお店の人が「料理はテーブルまでお持ちしますから…」と。
    運良く、お店の入り口近くのここで一番居心地のいいテーブルが空いていて、そこに座って買った料理をあれこれ並べる。
    程なく、女性のスタッフがトレーに、大きなスープカップとスプーンとお水。
    お待たせしましたと持ってきて、ボクがふたり連れとわかるやすぐに厨房の中に戻ってお水をもう一杯。
    グラスに入れてもってくる。
    スプーンももひとつ。
    なんだかとてもウレシクなった。

    ごめんなさいね、スープひとつで…、って謝ったらば、単品のラージサイズは朝食セットのふたり分のお値段ですものと、嫌な顔の一つもしない。
    週末の朝のココはのんびり。
    だからユックリ使ってください…、とそういう笑顔が今朝のゴチソウ。
    熱々スープをコクリと飲んで、体もココロもあっためる。

    407e13bb.jpeg横のポールで買ったサンドイッチ。
    細焼きソフトバゲットで、ハムとチーズとトマトにレタスを挟んだサンドイッチ…、アンシェンミックスを選んで食べる。
    切ってください…、ってお願いすると、いくつにお切りしましょうか?って。
    二人で分けて食べてちょうどいいように、4つ切ってもらって食べる。
    こうした一言。
    心遣いがとてもうれしい。

    穴がタップリあいたパン。
    歯ごたえあって、けれどバリバリ、奥歯に騒々しくない程度の硬さがうれしい、ココのバゲット。
    先日食べたツナをタップリ挟んだモノだと、口の中でどんどんみずみずしくなっていく。
    けれどハム。
    チーズと具材を変えると最後の最後まで、かわいた感じがするのもたのしい。
    スープと一緒に食べてたのしむのにピッタリで、この組み合わせはクセになりそう。
    そういえば、スープストックのスープをご飯やおむすびとばかり一緒に食べていた。
    こうしてかわいたパンと食べると、みずみずしさと風味が際立つ…、新発見。

    a9c92d78.jpegそれからもひとつ。
    同じフロアーに入ってる、成城石井のオキニイリ。
    ヤムウンセンを買ってサイドにして食べる。

    いつもはお昼の弁当で買ってオフィスで食べるモノ。
    スープにサラダにパンという、3つ揃うとなんだか食卓がにぎやかになる。
    クニュクニュ、バサバサ。
    かなり歯ごたえたしかな春雨。
    鶏のそぼろに干したエビ。
    サラダという食べ物が「歯ざわり、歯ごたえをたのしむ冷たい料理」だとすれば野菜の姿をあまり感じぬこれも立派に見事なサラダ。
    レッドオニオン、パクチーと最小限の野菜の存在を、他の具材が引き立てる。
    中でもナッツ。
    そのコリコリが口をたのしく、サッパリさせる。

    ニュクマム、スイートチリにレモンと味はやさしくおだやかで、はじめてこれを食べた今朝の相棒が「こんなタイ料理だったらいくらだって食べられる」って、感心してた。
    ちなみに今日のこのフロアー。
    ヨーロッパ系の小さな子供を連れたファミリー客でごった返して大賑わい。
    子供たちはボーイスカウト、ガールスカウトの格好をして、大きなバックパックを抱えてきてる。
    近くで上智大学の教会の鐘の音がしたりするステキ…、パリな気分の朝になる。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    燻製カレーのくんかれの昼 HOME ただいま東京、金曜日
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]