忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    午前中、自宅で仕事をする朝とした。

    4d9b3f20.jpegそれで朝をちょっと表に出て買ってくる。
    家の近所の「フクヤベーカリー」。
    昭和なパンがとても愉快な、ゴキゲンな店。
    パン屋さんは、早起き、そして早じまい。
    先日、夕方、このお店の前を通って珍しくもまだお店をやってる時間でそれで中にはいったらもう食パンとか、クリームパンとか地味なパンしか残ってなかった。
    食パンの耳だけ売ってたのには、ちょっとココロが動いたけれど、その日は何も買わずにでました。
    今朝はさすがに朝のコト。
    いろんなパンがずらりと並ぶ。

    スコッチサンドって言うのがあって、みれば茹でた玉子が半分。
    それにハムとキュウリがロールパンに挟まっている。
    茹でた玉子を肉で包んだスコッチエッグ。
    それをなぞってスコッチサンドというコトなのでありましょう。
    微笑ましくってためしに食べたら、ツルンと歯ごたえかっちりとしたロールブレッドと玉子のツルンと滑る感じがほどよくマッチしていてたのしい。
    タップリ使ったマヨネーズソースがみずみずしてく、朝のお口が潤う感じ。
    カレー風味のホットドッグ。
    ソテしたキャベツにカレー粉叩いて、ケチャップ炒めのロングソーセージを挟んだモノで関西風な風味がステキ。
    仕事しながら片手で食べる、ほどよき量の朝とする。

    それからコーヒー。

    mountain.jpg実は先日、フォロアーさんから頂いたモノ。

    大阪の高槻市にある「マウンテン」ていうコーヒー屋さん。
    30時間かけてユックリ抽出をした、水出しコーヒーを作ったんです…、とありがたくも送ってくれたモノをいただく。
    昔、一時期、水出しコーヒーって流行ったコトがあるのですよね。
    マイルドで、お腹に負担をかけぬやさしさがあるからと、大きなガラスのタワーのようなダッチコーヒーマシンを置いた喫茶店がいくつもあった。
    けれどこれがむつかしい。
    水を上から垂らせばそれがもれなくおいしいコーヒーになるとは決して限らない。
    時間がかかるし、時に失敗してしまうと無駄になってしまいもするから、やめてしまうお店が続出。
    今ではかなり稀少な存在になっちゃった。

    ここのお店のかなり試行錯誤をしたようで、やっと納得行くものができたんですよ…、というコトでなんだかワクワク。
    恭しくもガラスの瓶に入った液体。
    朝日に向けて透かしてみると、とてもきれいで濁りがなくて、なるほど時間をかけてユックリ抽出をした成果がこれネ…、と感心します。
    折角だから、いろんな飲み方試してみようと、まずはそのまま常温で。
    トロンと不思議となめらかで、甘みがどっしり、舌の奥からやってくるような濃厚な味。
    にもかかわらず、後口サッパリ。
    嫌な風味や苦味があとに残らない。

    93b7db8e.jpeg冷蔵庫の中に入れて冷やしてストレートにてそのまま飲むと、今度は酸味がキリッと引き立つ。
    苦味が少々。
    グラスの中にあるときは、香りがひっそり閉じ込められてて、口に含むとそれが一気に花開く。
    温度が変わると風味が変わる。
    そのダイナミックにびっくりします。
    そしてそれをオンザロックにしてやると、一層冷えて、カチンと爽やか。
    苦味がほとんどなくなるのです。
    オモシロイほど。
    苦味が酸味に置き換わってくとでもいいますか、スキッと酸っぱくしかも酸味の後に甘みがやってくる。
    氷でかなり冷やしても味が壊れぬ頑丈と、氷が溶けて徐々に薄くなっていくとますます甘みが強くなってく、その表情の変化がまたまたステキに感じる。
    夜はこれを温めて、飲んでみようかって思ったりする。
    そうそう、夜は雨になって行くんだという…、折りたたみ傘をもって出る。

    それにしても今年の梅雨はしつこい梅雨で、うんざりします。
    東京にいて湿気や風に体を壊してしまう友人続出で、しかも九州南部の雨は地球が壊れてしまうのかしらと思うほどの激しさだという。
    そんなうんざり、憂鬱をこの曲聴いてフッ飛ばしましょう…、と動画を一枚、貼っておきます。



    「雨に歌えば」の名シーン。
    雨が続いて鬱陶しい日に、なんだかステキなアイディアが雨と一緒に降りてきた。
    なんてステキな朝でしょう…、って主役のみんなが歌って祝うステキなナンバー。
    曲の名前は素直に「グッドモーニング」でありまして、聞くとキャッチー、ちょっとしたときに思い出して口ずさんでしまいそうになる。
    雨が降っても笑顔でニッコリ、明るく歌って元気に一日、過ごしましょ。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    いやぁ,いい映画だぁ
    雨に唄えば,いいですよねぇ
    つい動画で雨に唄えば本編の動画を探してしまいました

    ちゅー1つであそこまで舞い上がってしまう
    あの頃のアメリカ映画の純朴さが大好きなのですよね

    英語がわかるようになったて聞き始めたのが,
    グランジロックとかエミネムとかの
    摩れた感じなので,
    どうも同じ国の事なのかどうか
    よくわからなくなったりします
    佐藤Rさん / 2011/06/20(Mon) /
    好きなアメリカ
    > 佐藤Rさん
    ボクもこの時代のアメリカは大好きです。
    フレッド・アステアがいてジャックレモンがいて、どんなコトがあっても笑顔のチカラを信じるコトができるアメリカ。
    本当は良い子でいたいと誰よりも思っているはずなのに、今のアメリカは不良ぶってしまって痛々しい。
    そう思いたくもありますね。
    サカキシンイチロウさん / 2011/06/20(Mon) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    東京駅の豪奢なお昼 HOME イケア、それから蕎麦の夜
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]