忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    11 2019/12 01
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    さてさて今日から戻って来ました、オランジーナ。
    早速、朝一番でコンビニエンスストアにいって買って試してみることにした。
    日本からいなくなってしまってどれくらが経つんだろう?…、昔は輸入食材屋さんにちらほら、姿を見かけた。
    並行輸入モノだったんでしょう…、ソフトドリンクにあるまじき値段のそれをウキウキしながら買ってゴクリとすると、日本の飲み物とは一味違った、やさしく洒落た味、飲み心地にウットリしていたモノであります。
    その思い出の通りになっているのか?どうなんだろうと、ドキドキしながら買ってくる。

    1d729d5f.jpeg見た目がかなり違ってました。
    オレンジの丸い実に、首をつけたような造形。
    ガラスの瓶に入った、かつてのオランジーナは、それそのものが果実感を漂わせていた。
    一方、新たな日本のこの子はペット素材
    形も見慣れたボトルにフレアスカートの裾を取って付けたような姿になってた。
    日本の流通システムのコト。
    あるいはコンビニエンスストアの棚のサイズを忖度するなら、こんな形になるんだろうけど、目の失望はそのまま手の失望に変わってく。

    手触り、重量感がまるで違う。
    栓をあけるとプシュッと湿った音と一緒にオレンジらしい香りがしてくる。
    鼻は満足。
    ただ、唇つけると手の失望は唇の失望に移ってく。
    果たして、これはオランジーナの味なんだろうか…、って舌が不安になるのであります。

    おいしいですよ…、えぇ、おいしい。
    フルーティーでスッキリとした後口までもが爽やかで、やっと戻って来てくれたね…、って愛おしくなる。
    ただ違和感が残るのです。
    行方不明になってしまった恋人が戻ってきたと思ったら、クローン人間だった!…、みたいな不思議な感覚。
    長き不在になつかしさばかりが勝手に膨らみ、必要以上の期待を盛ってしまったボクを反省いしましたです、今日の朝。

    そして家を出、C&Cでカレーを食べる。

    3484eb9b.jpeg朝カレーっというのをやっておりまして。
    ご飯の量はちょっと少なめ。
    ルーは通常の一人前。
    それに一個、唐揚げがつく。
    朝のお腹のほどよい分量…、と。
    それがコレの商品コンセプトなんだろうと思うのだけど、これがちょっとオモシロイ。

    量は少なめ。
    だから健康的にというコトなのかもしれない。
    にもかかわらず、唐揚げが一個ついてる。
    この一個分でご飯を節約した分のカロリーなんて、スッカリオーバーしちゃってる。
    とはいえ、こうしたサービス精神旺盛に、フラッときちゃうボクみたいな唐揚げ好きさんがたくさんいるのでありましょう。
    去年から発売されていつの間にかこれが朝の定番になってしまったみたいな感じ。

    ムッチリとした鶏のもも肉。
    ちょっと厚めのポッテリとした衣をタップリ。
    唐揚げというよりフリッタみたいな仕上がりで、揚げたてじゃなく、揚げてしばらくやすませて保温庫の中に保存したのを使うから。
    鶏のフックラした食感や、中の肉汁を台無しにせず長く持たせるための工夫なのでしょう。
    その衣がカレーソースをまとっておいしくなるのがこれまたオモシロイ。

    3110992a.jpegココのカレーはビリっと辛い。
    1968年創業というコトでありますからして、もう40年以上この味でやってきているというコトなんでしょう。
    胡椒の香りが強烈で辛さを上回るスパイシーな香りや風味がおいしく感じる。
    甘さは玉ねぎ。
    不必要なトロミがなくて、サラッとちょうどスープとカレーの間のようなカレーシチューを感じる食べ口。
    これならゴクゴク飲めそうな、そんな食感。

    ウレシイのがココ。
    らっきょうや福神漬けが食べ放題。
    カウンターの上にどっさり、プラスティックのコンテナーが置かれて中にタップリ用意されている。
    スタンド系のカレー屋さんで、こうしてらっきょうや福神漬けが使いたい放題ってお店はかなりの少数派。
    スタンド系ばかりかファミリーレストランや洋食屋さんでもコンディメンツを食べ放題ってお店がどんどん減ってきている。
    コスト管理をするため…、ってことなんだろうと思うのだけど、なんだか寂しい。
    そうでもしないと安くできない。
    利益が出せない。
    厳しい時代とみんなわかっているけれど、そうしたお勝手事情をワザワザ、お客様に見せる必要はないのにネ。
    店の裏側がわかりすぎると、夢が壊れてしまうのですネ。
    飲食店は夢のある場所。
    コンビニエンスストアーや自炊で食べる料理との違いといえば、こうして夢があるか無いかというコトなんじゃないかと思う。
    だからこの店、ボクは好き。

    9319d9f8.jpegサービス精神は薬味ばかりじゃないのです。
    お冷。
    これも半透明のプラスティックのピッチャーに、氷をタップリいれてカウンターの上に置かれてる。
    3人に一人の割合。
    誰の手もわずらわさずに冷たいお水をお替りできる。
    その利便性もうれしいけれど、この状態を保つために一日何度も中身を交換しなくちゃいけない。
    透明の容器を使う理由は誰もが、その清潔な状態を確認できるからでもあろう…、だから何度も。
    何度も洗ってその清潔を保たなくっちゃいけない。
    そんな手間を敢えてやろうと決めた結果が、この店の、あんなことやらこんなことになっている。
    安くて気軽で限りなく、ファストフードに見えるけど、ココにはまだレストランとしてのDNAが残ってる。
    もてなす気持ちがある限り、ボクはココに来ようと思う。
    なんだかちょっと、気持ちいい。
     

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    無題
    あら!オランジーナも今日からでしたか。
    ウィルキンソン辛口PETに夢中ですっかり失念しておりました。
    味よいのですが
    やっぱり瓶の大切さ?を感じました。何だろうこの違和感。
    不便の良さを感じる部分でしょうか…。
    なんだかシンクロした気持ちでしたのです。
    松の輔。さん / 2012/03/27(Tue) /
    ガラスの瓶
    > 松の輔。さん
    ウィルキンソンなんて、やっぱりガラスの瓶に入っていないとありがたみがありませんよね。
    日本の食品業界って、良くも悪くもコンビニ次第になっちゃったんだなぁ…、って悩ましくなってしまいます。
    サカキシンイチロウさん / 2012/03/27(Tue) /
    知らなかった!
    ぼんやり、何も考えずにセルフサービスのお水を飲んでました。
    そこにある、おもてなしの気持ちを教えて頂けて、更に楽しくカレーが頂けそうです。
    手間は大事ですよね。
    この間行ったクラブ(綺麗なお姉様はいない方の)でのこと、
    オレンジジュースが手搾りで美味しくびっくり、他も気を付けて見てみたら、
    ジンジャーエールはウィルキンソン辛口、
    モヒートのミントもフレッシュがたっぷり、
    もちろん、全てグラスで提供という素晴らしさに、常連になりたいと思いました。
    小さなクラブで、‘ピンドン’的なゴージャスとは対局、
    でも確かに、ゴージャスな空間でありました。
    rikoさん / 2012/03/27(Tue) /
    無題
    先日は良いお店ご紹介ありがとうございました、若干ですが自分のパスタに自信がもてた気がします、、奥深い、自己満な世界で研究しているのですが頑張ってみます、、小麦が収穫になったら、宮崎県産パスタ送ります(^^)
    うんだもしたんさん / 2012/03/27(Tue) /
    手軽なピンドン
    > rikoさん
    氷がタップリ入ったお水。
    ドライなジンジャエールやミントの葉っぱがタップリ入ったモヒートなどなど。
    ボクらの周りには手軽なピンドンが一杯潜んでいるのですよね。
    それを見つけて楽しむこと。
    とてもステキと思います。
    サカキシンイチロウさん / 2012/03/27(Tue) /
    生パスタ
    > うんだもしたんさん
    日本の生パスタの世界はまだまだ黎明期。
    本当においしいと思うものになかなか出会えぬ悔しさがあります。
    それに比べてラーメン界の麺の深さは驚くべきモノ。
    素晴らしい生パスタが完成いたしますように…、たのしみにしております。
    サカキシンイチロウさん / 2012/03/27(Tue) /
    飲みました!
    オランジーナ、早速私も飲んでみましたよ♪果実味はあるのに、さっぱり軽やかで美味しいですね!これでお酒を割っても美味しいだろうなと思いました。

    ただ、オリジナルはガラス瓶だったんですね。知らなかったです。瓶だったらもっと美味しく感じたでしょうに…。ビン入り牛乳が紙パックになってしまった時のような残念っぷりに似ています。

    とはいえ、中身はとっても美味しいジュースだったので、家で飲むときくらいはグラスに注いで飲んであげようと思いました(^-^)
    容器や食器から伝わる感触って、大事ですね。

    Nimamepandaさん / 2012/03/27(Tue) /
    おいしいのだけれど…。
    > Nimamepandaさん
    そうなんです。
    おいしいだけに、コレがオリジナルの瓶に入っていたらどんなにステキだろう…って思っちゃいます。
    だからグラスで。
    ちょっと上等でおしゃれな味になってくれると思います。
    サカキシンイチロウさん / 2012/03/27(Tue) /
    ビーコンアーバンチョップハウス HOME ムッシュはつらいよ、南昌飯店
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]