忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    ひさしぶりに南昌飯店で晩ご飯…、随分、ご無沙汰しておりました。
    1ec99b70.jpegお店に入るなり、お店の元気なおかぁさんが「今日は一人?」ってまず聞きます。
    大抵、友人と一緒に来ることが多いので一人はちょっと珍しい。
    一人だよっていうと「うちの店ならにぎやかだから、一人だって寂しくないでしょ」ってニッコリしながらお水をストン。
    このお店の2軒隣に、新しい中国料理のお店ができて、さぞや、寂しい思いをしてるかって思ってきたらいつも通りの元気の上に、逆のボクが励まされたりしてホッとしました。

    99466ae2.jpegそこのお店は飲み放題に食べ放題。
    しかもかなりの低価格という、最近東京でよくみる捨て身営業。
    本土から出稼ぎなのかなぁ…、中国系の人たちが働くお店。
    ココはそうした「今風手練手管」を使わぬ正統派にて、お客様をとられているんじゃないかと思っていたけれど、なんのなんの。
    昔のようににぎわっている。

    定食食べます。
    夜の定食。
    メインの料理が今日は酢豚で、それにスープやサラダ、ご飯がついて900円。
    昼の定食にはちょっと贅沢。
    夜には手軽な値段であります。

    ココの酢豚は昔風。
    脂の乗った豚バラ肉を、ちょっと大きめの一口大に切って衣をつけ揚げる。
    表面サクッと。
    中までシッカリ熱を通して、肉の中に含まれた水分をシッカリ吐き出し穴ぼこだらけになるくらいまで。
    よく揚げ、そこに赤甘酸っぱいタレをコッテリかけたモノ。
    最初はガチンと前歯にしたたか揚げたお肉が抵抗し、その表面が歯切れると肉はムチュンと脂のうま味を吐き出しネットリ、歯茎にまとわりついていく。

    8ad50b0e.jpeg最近はやりの黒酢と違って、一口目には咳き込むほどに酸っぱくて、けれどそれがクセになる。
    ご飯と一緒に食べずにいられぬよきオカズ。
    しかもご飯の上に肉をのっけると甘酢がくっつきそれでご飯が食べれるステキ。
    他の具材は玉ねぎ、それからピーマンでときおり半生の玉ねぎがシャリシャリ辛くてハッとする。

    今日は野菜をなんだか食べたい。
    それで季節の野菜料理は何ですか?って。
    実はここのおかぁさん。
    炒めた豆苗をいつも薦める。
    おそらく原価をかけずに簡単に作れる料理だからなんでしょう。
    今まで何度「豆苗はいりません」って彼女にボクは言っただろう…。
    それにも負けず毎回挑戦してくるけれど、それが憎めぬ、おかぁさんの人柄でしょう。
    今日の野菜はいんげん豆。
    それを肉味噌と一緒に炒めたものが、ピリッと辛くておいしいよ…、って。

    たのんでみたら、たしかに旨い。
    油通ししたいんげん豆。
    それを鍋に入れて余分な油を落としながら、担々麺用のひき肉と一緒に炒めたモノなんだけど、そのひき肉がビリッと辛くてその味わいでいんげん豆までおいしくさせる。
    ネギをタップリ、砕いたピーナツをほんの少々。
    だからシャキシャキ、カリカリ歯ごたえ多彩でたのしい…、ご飯のオカズにもなった。

    82f55918.jpegちょっと物足りなさを感じてそれで、春巻き追加注文します。
    春雨、キクラゲ、細切りにした筍に炒めたひき肉をカッチリ巻いたおいしい春巻き。
    芥子醤油にタップリつけて食べると、スキッと鼻から芥子の匂いが抜ける。
    油の香りも華やかで、プロの味だ…、って感心します。
    それから酢豚の残ったタレに絡めて食べるとご飯のオカズにこれまたピッタリ。
    アメリカのショッピングセンターのフードコートに必ずある、中国料理のファストフードで売られる春巻き…、たのむと大抵、甘酢ソースをかけてくれたりするのをなんだか思い出す。
    今日のスープが、味噌ラーメンのスープだったりしたのもちょっとうれしくて、ご飯をお替りして食べた(笑)。

    ところで隣のお店にあなた、言ってみた?
    おかぁさんがそう聞くので、一回行ってはみたけれど、こっちの店の方が好きだな。
    そう答えたら、かぁさん、ニッコリ。
    だって、歴史が違うもの。
    向こうは最近できたばっかり、真剣にココでずっとやって行こうと思って頑張ってるとは思えない。
    中国から来て日本で稼いで、中国に帰ることばかり考えている。
    私なんて16年間、ココでこうして働いてるの。
    この人なんて、もっと前からずっとココでがんばってるの。
    そう言いながら、お店の女主人の手を引き「この人、いいお客さんなの、よろしくネ」ってボクを彼女に紹介します。
    ボクの街にあるお店…、ボクの街の一部になってるこうしたお店を贔屓にするってステキだなぁってしんみり思った、また来ます。

    ところで明日から発売予定のオランジーナ。
    リチャード・ギアを使ったテレビCMをココ数日間、かなりのヘビーローテーションで流されてます…、「ムッシュはつらいよ」、観るたびツッコミ入れてます。



    ラテン語系の名詞で「O」で終わるのは男の子、「A」で終わるのは女の子だから、本来、オランジーナは女の子。
    ムッシュじゃなくてマドモワゼル…、あの爽やかさに愛らしさも男の子的じゃなくて女の子的にボクは感じる。
    かつて日本に自由に出入りができたのに、親がサントリーと結婚したため、日本にやってくることができなくなってしまったマドモワゼルオランジーナに晴れて労働ビザが与えられ戻って来ました…、みたいな話でないだけましか(笑)。
    国民的スター=寅さんで、オランジーナをフーテンなんかに例えるセンス。
    さわやかさより、加齢臭を感じます。
    せっかくならば「TINTIN」使えばいいのにネ…、って勝手に思う、しょうがない。
     

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    昨朝、銀座線で
    オランジーナの中吊りで、目が覚めました。
    私の感想は:1)リチャード・ギア吹っ切れてるなあ;2)オランジーナって女性名詞じゃなかったんだ?でした。

    しかも販売元の企業理念が『やってみな張れ』って、サントリー過ぎる。
    http://www.suntory.co.jp/company/csr/group/orangina.html

    ハーゲンダッツといい、サントリーのセンスは時々ビミョウですね。
    たばきちさん / 2012/03/27(Tue) /
    そうなんです…。
    > たばきちさん
    早速、今朝買って飲んでみたんですけれど、なんだか微妙でした。
    五感で味わうべき飲み物から、瓶の形と手触りを引きしかも必要以上の量を押し付けるという、粋をなくした飲み物になってしまっておりました。
    やっちまったな…、って思いつつ、それでもやっぱり飲んじゃうんだろうなぁって思いもしたり。
    かなり悩ましい朝でした。
    サカキシンイチロウさん / 2012/03/27(Tue) /
    加齢ドリンク
    ま、高齢化社会の日本にはよろしいかと どうせやるなら、ショーン・コネリー使ってもよかった
    TKさん / 2012/03/27(Tue) /
    フランスの子だとしたら
    > TKさん
    フランス人であるのならば、ジャンレノ?
    いやいや、やっぱり女の子ですからオドレイ・トトゥあたりであれば、ステキでしたのに。
    加齢ドリンクの印象をつけるのだれば、カトリーヌ・ドヌーヴさまにお出ましいただいても良かったかと思います。
    サカキシンイチロウさん / 2012/03/27(Tue) /
    おフランスなら
    映画ザジのワンシーンの台詞を変えても
    かわいかったかなぁ〜とおもいました。
    向こうから、ジグザグにザジが走ってきて
    ジュースを飲んだあと、小憎らしい一言をいうんです。

    なんで・・・アメリカ人なんでしょうね??
    ひろこっぴさん / 2012/03/27(Tue) /
    安売りスター
    > ひろこっぴさん
    かつて、自社のウイスキーにスコットランド人のショーン・コネリーを起用して、物議を醸しだしたサントリー。
    当時は気骨と一本通った筋がありました。
    リチャード・ギア。
    ギャラに釣られてオファーを受けたか…、と思わせる安っぽさを漂わせてます。
    サカキシンイチロウさん / 2012/03/27(Tue) /
    ムッシューCM
    オランジーナCMメイキングだかコンセプトをテレビで少しやってました。
    担当のこの人あまり愛着無いのかな?という語り口調。にどの世代を狙ったのか分からない結果に納得ですw
    ムッシュー→オランジーナより、可愛い子供たちやフリフリの女の子のが華やかで欲しくなりません?
    珠璃子さん / 2012/03/28(Wed) /
    キラキラ
    > 珠璃子さん
    オランジーナにはずっとキラキラしていて欲しかった。
    フレンチポップスに、ツイギーみたな女の子。
    そんなフランス的なCMになんでしなかったんだろう。
    それにリチャード・ギアってアメリカ人でしょ?
    そのアメリカ人がしたり顔してフランスの飲み物を紹介する。
    サントリーの大切な製品を例えばジャッキーチェンが「待たせたな…」、ってにっこり微笑むCMをフランスで流されたとしたら、ボクは嫌だなぁ…。
    フランスの人にしてみれば、それと同じコトをされたわけですよね。
    デリカシーのなさに哀しすぎて呆れちゃいます。
    サカキシンイチロウさん / 2012/03/28(Wed) /
    ニューオランジーナ・CCカレー、朝のコト HOME 八竹のお寿司、スタバフレンチ、月曜日
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]