忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    ちょっとたのしいガジェットひとつ。
    おかしなかき氷・ガリガリ君」って料理玩具の一種類で、タカラトミーが作ってて、6月の末くらいから発売してた。

    2e252314.jpeg ガリガリ君を放りこみ、ガリガリ左右に動かすだけでかき氷になるって手軽さが受け、どこも品薄。
    東急ハンズなんかでは、いつ乳化されるかわかりません…、って状況。
    アマゾンさまにお願いをして、たのんだこれがやっときた。

    昼を食べて帰ってまずは、ぬるいお風呂に体を沈め体表面のあら熱とって、さぁ、ためします。
    ガリガリ君を一本取り出し、容器にセット。
    筒状の容器の中がガリガリ君と同じ形、ちょっと大きめに出来ていてそこに収納するのですね。
    うまく出来てるなぁ…、って思ったのが、アイスバーの棒をガシッと挟みこむ構造になっているとこ。
    その内容器を筒の中に挿入し、上の丸い部分をぐるぐる、左右に回してく。
    筒の底にはプラスティックのおろし金状のものがあって、それでこすれてガリガリ君がフワフワ氷になってでてくる。
    筒を回しているその段階で、あぁ、フワフワの氷になってるって手が予感する。
    予感以上の上出来で、かなりこれははまりますわヨ!
    ただガリガリ君一本分で、あれって思うほどの量のかき氷しかできなくて、いつも食べてる普通のかき氷分をこれで作ってやろうと思うと、多分、5本くらいは使わなくっちゃいけないんじゃないかと思う。
    かき氷ってそんな存在?…、そう思ったら怖くなる。

    夜は家でご飯を食べる。
    いただき物のスモークサーモンの上等なのがあってそれをおいしく食べよう。

    catao.jpgそれでワインを買ってくる。
    伊勢丹のワイン売り場を歩いていたら、かわいいラベルのワインを発見。

    「ガタオ」って言うポルトガル産のワインでネコのラベルがかわいい。
    普通ワインにつきものの、エチケットラベルが貼られてなくてかわりにネコが、何かをおねだりするように甘えんぼ顔でこっちをみている。
    男の子のネコをイタリア語で「ガット」っていう。
    だから多分、ポルトガル語でネコをガタオと言うんでしょう…、かなり人気のあるワインらしくて、しかもとっても安かった。
    微発泡。
    しかも完熟する1週間も前に収穫したブドウを使って作る。
    フルーティーで酸味やさしく、香りがどこかみずみずしくて、緑のワインって呼ばれることもあるんだそうな。
    スモークサーモンにピッタリするんじゃないかと思って、買ってためして、その通り。

    細かな泡がプチプチはじける。
    けれどスパークリングワインのように力強い泡じゃなくて、喉ではじけて舌に残らぬスッキリとしたやさしいプチプチ。
    だから食事と一緒に食べててあきない。
    サッパリとした香りと酸味。
    1000円ちょっとのワインとしてはとてもよく出来…、スイスイ飲めてゴキゲンになる。

    23cee2fc.jpegスモークサーモンとアボカドつかった冷たい一皿。
    カーリーレタスを氷であらって、塩とほんのすこしのバルサミコ酢で下味つけてお皿にのせる。
    そこにアボカド。
    ちょっと熟しが足りなくてちょっと固めのモノをスライス。
    レタスの上にちらしてプチュっと芥子マヨネーズ。
    スモークサーモンをペラりと貼って、ディルを刻んでパラッと飾る。

    ムッチリとしたサーモンと、葉っぱのシャキシャキ。
    ツルンとちょっと逃げまわるようなアボカドそれぞれ、食感異なり、たった3つの具材でとてもにぎやかでいい。
    ディルの香りとサーモンの脂くささが一緒になると、マンハッタンな感じがしてくる。
    抜いたワインにもピタリとはまって、土曜の夜の食卓がまるでレストランのテーブルみたいに見える夜。

    それからシュークルート風のソーセージ煮込みを作ってメインとして食べる。
    いろんなタイプのソーセージをブイヨンの中でちょっと煮こんで、ザワークラウトを加えて再び軽く煮る。
    ハーブの香りや肉のうま味。
    脂の風味や燻製をしたこうばしいちょっとカラメルみたいな香りがスープにうつってとてもおいしい。
    ディジョンをタップリ塗りながら、バゲットお供にハフハフかじる。

    0c433e28.jpeg伊勢丹の中にあるドゥヌラルテってパン屋でかったバゲットで、ちょっとガッカリ。
    個性的なパンを作るので有名な店。
    パンとしてはおいしいんだけど、フカフカしすぎてたよりなく、バゲットとしては物足りない。
    今日の料理はどれも食感やわらかなので、歯ごたえが固いものがなにかほしくて買ったんだけど、ちょっと失敗、モッタイナイ。

    〆にパスタ。
    ちょっと細めのフェディリーニを固めに茹でてソースとあえる。
    ソースの基本はアラビアータ。
    ニンニク、トマト、みじんに刻んだタマネギと赤唐辛子で仕込んだソース。
    イカの墨をそれに混ぜ、コッテリとした味に仕上げる。
    茹で上がったパスタをそれでタプンタプンとあえて合わせて、お皿に盛った。
    ムッチリ濃厚。
    なにより細めの麺とソースがピッタリあって、なんともいえぬまとまり具合。
    パスタというより、沖縄のイカスミソーミンチャンプルーのような感じがオモシロイ。

    今日は夕方から、DVDをずっとみていた。
    DVDと言いますか、地デジ終了に合わせて買ったブルーレイレコーダーで借りたブルーレイレをみたのだけれど、やっぱりなめらか、うつくしい。
    時代は先へ、先へと進む。
    けれどみたくて借りてくるのは昔の映画…、気持ちは昔、昔へ向かう、なんだかちょっとオモシロイ。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    お呼ばれしたいです〜
    私にも作れそうと思わせて、それでもやっぱりサカキさん的ハイグレードな夕餉^^
    そうそう、仕事に疲れから解放される週末は、お家でほっとこんなディナーがしたいんです!!
    でも枝豆なんかたくさんゆでて普通の?夏のゴハンを食べています。。
    猫ちゃんのワイン、かわいいですよね♪海鮮に合わせると気難しい(合わないとも言う)ワインが多い中、貴重な情報です。
    今までスモークサーモンは、お安いお家ワインとは別に食べていました(泣)
    イカスミにも合えば最高に海鮮オッケーなワインですね。
    ガリガリの機械も気になっておりました♪いやぁ、5本ですか。。。
    ぱんこさん / 2011/07/10(Sun) /
    無題
    ガリガリくん、小学2年生の娘に買ってあげたいです♡

    ブルーレイ再生機はもっているのですが、DVDのが安いのであまり使っていません。
    でも、たまに観るスピードなど、
    すばらしくキレイで、できれば全部いつかDVDからディスクを買い換えたいものです…。 

    yuuさん / 2011/07/10(Sun) / URL
    気軽な贅沢
    > ぱんこさん
    おうちご飯もちょっと工夫すると、レストランみたいな食卓になってくれます。
    ヒントはやっぱりデパチカにあるかなぁ…、なんて昨日は思いました。
    デパチカのワイン売り場。
    ずいぶん、様変わりましたね。
    2000円前後で手に入るワインの種類が本当に増えた。
    どれも個性的で、ためしたくなるモノばかり。
    そういう時代なんだなぁ…、って思いました。
    サカキシンイチロウさん / 2011/07/10(Sun) /
    新時代
    > yuuさん
    「猿の惑星」をブルーレイで見たのですが、もうビックリでした。
    リマスターされた映像はキレイだし、DVD版には入っていない日本語吹き替えの音声が入っている。
    特典映像も満載で、やっぱりこれからはブルーレイなんだなぁ…、ってしみじみ思いました。
    新時代ですね。
    サカキシンイチロウさん / 2011/07/10(Sun) /
    ガリガリ君
    「おかしな氷・ガリガリ君」、私もamazonで予約して買いました!
    コドモの夏休み用に温存中です(笑)。
    お店のかき氷、コドモはぺろっと食べますが、私は最近それをちょっともらうだけで充分。
    母が「(冷たいもの)そんなに食べられない」だの、「(新しい歌手の名前)みんなおんなじに
    見える」だの言ってたことがちょっと分かる年になってしまいました。
    あーたさん / 2011/07/11(Mon) /
    大人のたのしみ
    > あーたさん
    このおかしなかき氷。
    子供は作る過程がたのしくて、大喜びだろうと思いますが、大人的にはほどよい分量ができるというのにうれしくなるような気がします。

    若い人達の顔がみんな同じに見える。
    まさにそうです。
    音楽も同じように聞こえますし、ますます1980年代が懐かしく感じる、もう立派なおじいちゃんの域に達しようとしています(笑)。
    サカキシンイチロウさん / 2011/07/11(Mon) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    出張前の日曜日の朝 HOME 花彫酒家の夏の昼
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]