忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    それにしても鹿児島の空は明るく青く、日差しも強い。



    あったかい蕎麦でお腹がしたたかあったまり、気づけば汗がダラダラ出てくる。
    ヒートテックを着てきたコトも理由のひとつ。
    それと同時に商業施設の集中エアーコンディショニングが暖房モードで、生あたたかい風をフワフワ、容赦もしないで吹き付ける。
    冷たいものを食べなくちゃ…、ってうれしいことに「むじゃき」があった。



    鹿児島のご当地かき氷の「白熊」発祥のお店の支店。
    こじんまりした小さな店で、白熊もある。けれどランチどきということもあり、ほとんどの人がお好み焼きをまずたのみ、食後に氷。
    だからお店の中にはソースの焦げるいい匂い。
    氷だけでもいいですよ!って、それで白熊の小さいサイズをたのんで食べる。
    こんもりとした白い氷にフルーツ、ナッツやレーズン、ゼリー。その散らかる様がまるで白熊の顔みたいだからとこの名前がついたんだという。たしかにそんな顔にも見える。



    細かでサラサラした氷。そこにタップリ練乳かけてかなり甘めのかき氷。
    ところが白熊の背中の部分にはほとんどシロップがかかっていなくて、サラサラ、氷そのまんま。だからお腹の部分を食べて甘さに疲れた舌を、背中の方で整えパクパク食べていく。
    腹黒いんじゃなくて、腹甘いって、なんだかいいじゃないのと思う(笑)。
    けれどそれも結局みんな渾然一体。トロトロ、まるでとけたシャーベットのようになっていくのがオモシロく、最後はゴクゴク。飲んで器を空っぽにする。


    関連ランキング:甘味処 | 鹿児島中央駅鹿児島中央駅前駅高見橋駅



    それから軽く打ち合わせ。同じ駅ビルにあるクリスピークリームに入っちゃう。



    だって、ビックリしたんですもん。こんなところにまでクリスピークリーム。
    しかも最近できる店の中では珍しく、お店の中に大きな工場。もともと最初は工場付きでお店を作る。
    できたてドーナツのおいしさをたのしんでもらう…、というのがココのコンセプトだったのだけど、東京都心では新宿にあるお店以外は工場を見てるお店がほとんどない。見せていないということはどこかで焼かれたドーナツを運んで売っているというコトになるんだろうと思うのだけど、ココは正しくできたてドーナツ。



    イースターシーズンのスペシャルドーナツ。
    イチゴのフィリングがタップリ入ったコロンと丸いドーナツかって、アイスコーヒーと一緒に食べる。
    甘くてそしてクリーミー。
    今日は朝から沢山食べてる。旅のゴチソウは別腹だらけと、過食の言い訳考えて鹿児島の旅は実ははじまったばかりとビックリします。さぁ、移動。


    関連ランキング:洋菓子(その他) | 鹿児島中央駅鹿児島中央駅前駅都通駅



    ところで最近、かなりドキドキしながら見ているアニメがコレ。白熊つながりで告白しちゃう(笑)。



    「ユリ熊嵐」という深夜枠で放映されてる話題作。
    少女革命ウテナであったり、ピングドラムだったりと独特の美意識で難解な世界を描く作家作品。これもかなりの衝撃作です。
    美少女の姿をした熊と本物の美少女との間で繰り広げられる愛と戦いの物語。
    良い子は絶対見ちゃいけない、だからか、なのにかわからないけどおじさん、ハートをわしづかまれてる。そろそろ話も大団円にむけ急転直下を感じるステージ。
    ガウガウ。ドキドキ。オキニナリ。

    拍手[4回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    無題
    サカキさん、はじめまして。長い間こちらのブログ楽しみに読んでいます。
    地方在住なので、都内にでかける際の参考にさせていただいております。
    コメントは初めてさせていただきます。
    というのも題名のガウガウに反応してしまったからで…(笑)
    私も幾原監督の作品が大好きです。
    ユリ熊嵐、気になるところで終わったので続きが待ち遠しいですね。
    白熊美味しそうですね。じゅるり~。
    鹿児島はゆっくり観光したことがなく、市販の白熊しか見たことがないのですが、
    実際にはこんな風に盛られているんですね~
    それではこれからもブログ楽しみにしております。
    突然の書き込み失礼致しました。
    猫太さん / 2015/03/03(Tue) /
    ガウガウ
    > 猫太さん
    ガウガウに反応していただき、しかもコメント頂戴できるとはうれしい限りです。
    こういうところで書いていいものかどうか、ちょっと悩みながらも、白熊を食べながらひとりでガウガウ密かに言うのはどうにも勿体無くて、かいちゃいました。
    はじめまして。
    そしてステキなコメント、ありがとうございます。
    これからもゴキゲンにお付き合いくださいませ。
    サカキシンイチロウさん / 2015/03/04(Wed) /
    リアリティのダンスも
    私も初めてのコメントがガウガウからでいいのか悩みつつ思い切って書いてしまいました。

    素敵で美味しいお店についてももちろんですが、映画評なども楽しみに読んでいます!
    どうしようか迷った「リアリティのダンス」もこちらが後押しとなって観に行ってきました。
    まだまだ私にはわからない部分も多い作品でしたが、サカキさんの大人な感想を拝見して、
    私もそんな風に映画を味わえるようになれたら、と思いました。

    素敵なお返事ありがとうございました!
    猫太さん / 2015/03/04(Wed) /
    はじめまして!
    > 猫太さん
    リアリティのダンスは、心してついていかないと置いて行かれる不思議な世界でしたよね。
    楽しんでやろうと思わないと、たのしめない。不機嫌な映画評論家じゃなく、ゴキゲンな映画ファンとしての素養が試される映画のようにも感じました。
    料理ももしかしたら同じかもしれず、不機嫌な料理評論家的にならないように、ゴキゲンを心がけています。
    ステキな初コメント、ありがとうございました。
    もう一度、リアリティのダンスを見てみたくなりました。
    サカキシンイチロウさん / 2015/03/04(Wed) /
    ゴリゴリまさばに、シットリとんこつ HOME 吹上庵にて鹿児島的なる蕎麦、食べる
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]