忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    映画を見終えて、それに関してあれこれ話をしながら余韻に浸りたい。それでお茶をとディーンアンドデルーカに来る。



    六本木ヒルズからテクリと歩いて、ミッドタウン。
    東京中、いや世界中から人が集まってやってくる六本木ヒルズと違ってシットリした雰囲気で、空気がやさしく落ち着いてるのがボクは好き。
    ディーンアンドデルーカの売り場の中にあるカフェで、ちょっとぼんやり。コーヒーやデリのショーケースやキッチンとの距離が近くて親密な感じがするのもまたオキニイリ。



    バナナクリームパイをお茶のお供にしました。
    ぽってりとしたカスタードクリームに薄切りバナナ。ホイップクリームもふっくらなめらか。アルミフォイルの包をとると、てれんと流れ出してくるほどやわらかでまるでプリンを食べてるみたいなネットリ感。
    バナナの味わい、香りも豊かでこりゃ旨い。
    ビターな風味が大人な感じのアイスカフェラテ。シュワッと明るく爽やかなミントジュレップソーダをお供に、小一時間をたのしく過ごす。おやつどき。


    関連ランキング:カフェ | 六本木駅乃木坂駅六本木一丁目駅



    そして夜をイエゴハン。家に帰る途中でミッドタウンのスーパーにより、あれこれ買い物して帰る。
    買い物の場所が変わると目に入る食材、食品の種類が違ってとてもたのしい。



    あおやぎ、小柱のセットがなにやらおいしげで、しかも隣にタコのぶつ切りが売ってあった。おそらく世帯の構成人数が少ない家族が多いのでしょう。ワンポーションが少なくあれこれ、買い揃えるのがたのしくていい。
    それらを使って酢味噌であえて、貝がメインのヌタにする。
    軽いアンモニア臭をもった独特の貝の香りに酔いながら、クニュクニュとした食感たのしみ、夜のお腹の入り口開く。



    沖縄産の枝豆を強めの塩で揉んだあと、タップリのお湯で茹でて味わう。コツコツ奥歯を叩く食感たのしくて、緑の香りも味わい深い。
    水茄子が美味しい季節で、サクリと味わいみずみずしさにウットリします。
    立派な辛子明太子。
    それからコレも沖縄産というオクラを塩ゆで。出汁醤油かけムチュンと味わう。
    豚ヒレ肉を筒状のまま揚げたのがあり、千切りキャベツと一緒にむしゃり。土鍋ご飯は今日も上手に炊けました。



    料理を作ってテーブルに並べ、さぁ、食べようというときに、さつま揚げを買ってきたのを思い出す。
    鹿児島空港から飛行機に乗る直前に買ったモノ。串木野で揚げた本場の豆腐入りとイワシのすり身を混ぜた棒天。
    東京では手に入れることがかなわぬ甘くて、フックラとした食感に、あぁ、なつかしいとニッコリ笑う。よき夜のコト。さぁ、寝よう。

    拍手[4回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    地元バフェ HOME フューチャーパスト
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]