忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2020 . 07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    06 2020/07 08
    S M T W T F S
    1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    60
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    家でぼんやり仕事をしながら、お腹が空いて家の中にあるありあわせを使ってランチ。スパゲティーを作って食べた。



    長崎スパゲッチって麺を茹でる。
    茹でてる間に、冷蔵庫の中にあった茄子に玉ねぎ、ハムを刻んでハーブソルトと胡椒、スパイスを使って炒める。
    6分ほども茹でると麺はよき状態で、それを取り出し具材と一緒によぉく炒める。オリーブオイルを注ぎつつ、プシュプシュ、麺から水気が出てきてちょっとネットリしはじめたらば、パセリを刻んで混ぜたらお皿にこんもり盛った。



    梅と大葉を豚バラ肉で巻いてパン粉で揚げたカツ。一口大に切り分けてトースターでこんがり焼いてトッピング。
    名古屋土産の「ヨコイのあんかけスパ」のレトルト。湯煎であっためタラリとかけて出来上がり。
    これが不思議な食べ物なのです。見た目はトマトソースのようで、けれど酸味はほとんどなくて、甘さも辛さも不思議に仄か。舌が味の決め手を探して必死にさまよい歩き、それでも正体見つからないまま食べ終わっちゃう…、っていう感じ。
    不味いのか?というとそんなことはなく個性的。カツのようなトッピングでさえ受け入れひとつにまとめてくれる。博愛主義な感じがたのしい。
    お腹もほどよく満たされて、そして仕事の続きする。

    夜、新宿に出て夕食にする。



    昨日の丑の日にうなぎをしっかり食べられなくて、それでうなぎをと「双葉」を目指す。
    同じような考えの人も多いようで、お店の中はかなりの混雑。
    運良くお客様の入れ替わりの時間だったようで、二人がけのテーブルもらって座って落ち着く。そしてちゃちゃっとお茶が運ばれ、それと一緒にきゅうりの酢の物と漬物がくる。
    青いきゅうりの香りがお店に漂っていて、鰻屋さんに独特の重苦しい匂いが明るくさっぱりとした空気になっているのがたのしい。



    夏の季節メニューの中に「うなぎとととろ」というのがあって、それをたのむとまず山芋とろろがやってくる。
    スルンとなめらか。出汁の風味がシッカリしてて、啜って軽くお腹を潤す。
    せっかくだからと「うまき」をもらってビールをグビリ。
    うなぎの蒲焼きを芯にして、クルンとまとめた出汁巻き玉子で、シットリ系というより若干、固めに巻いた歯切れのよいモノ。だからネットリ、うなぎの蒲焼きの食感を引き立て旨い。蒲焼きのタレをかけつつ味わいお腹の準備する。



    そしてうな丼。漆の大きな蓋付き丼でやってくるのがココの流儀。
    とてもなめらか。手に持つとシットリとした肌触り。中は熱々。その熱々が長続きして、けれど手にはひんやりとした漆器の感触。
    なんとも贅沢。
    うなぎの蒲焼は堂々2枚で、固めに炊かれたご飯の上で、おいしい香りを漂わせている。思わず喉がなるオゴチソウ。
    ココのうなぎは東京風ではなく関西的。あまり蒸さずにドッシリとした歯ごたえがある。ムチュンと皮のおいしい脂が口に広がる肉感的に、ウットリしながらハフハフ食べる。



    ボクの友人。ビールを飲みつつ、ご飯の上の蒲焼きだけをつまみつつ、ご飯はどうすると見ていたら、トロロでご飯をサラサラ食べる。
    ご飯にしみたうなぎの脂とタレの旨みが、トロロに混じってなるほどそれは大人な食べ方。
    ボクはうなぎの上にトロロをかけて、うなぎの滋養とトロロの滋養で、夏の疲れを吹き飛ばす。おじさんになると焼肉よりも、うなぎやトロロの方がなんだか元気がもらえるような気がする。それもまた良し。
    肝吸いフウフウ味わって、夏の元気をもらいます。


    関連ランキング:うなぎ | 新宿駅新宿西口駅新宿三丁目駅

    拍手[3回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    おおぅ!
    手元に
    ヨコイのスパゲッティとソースが!
    ソースの箱の写真のピントの甘さといい、
    どうすればいいのやら、とおののいております。
    なるほど。カツですか。とんかつかな。エビフリャーかな。
    たばきちさん / 2015/07/26(Sun) /
    豚バラカツ
    > たばきちさん
    名古屋で食べる機会を逸し、ならば作って食べてやろうとこんなランチになりました。
    カツは豚バラ。
    くるんと巻いて揚げたもの。どんなトッピングもすんなり受け入れてしまうところがスゴイです。
    サカキシンイチロウさん / 2015/07/27(Mon) /
    日曜日 HOME 最高気温の日
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]