忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    夕方、赤坂にきて気になるお店を訪ねてみます。「シュマッツ」という手作りソーセージの専門店。



    外から見るとアルプスの山小屋風の木造の店。中に入るとカフェっぽい気軽な感じで居心地がいい。
    お店の奥には厨房があり、厨房の前にカウンター。ビアサーバーがズラリと並んでその上には大きなディスプレー。今日のソーセージが告知されたり、ドイツの景色が流れたり。
    早めの時間でハッピーアワー。ビールが安く飲めるというのであれこれたのんで飲み比べ。黒いビールが甘くてなのにすっきりしてて、しかもポッテリのどごしがいい。いくらだって飲めちゃいそうでドキドキしちゃう。



    カリーブルストをまずたのむ。
    カレースパイスで味わうグリルソーセージ。ドイツ名物のひとつでそれが鉄板の上でジュージューしながら、ポテト従えやってくる。
    カレーケチャップの辛さを注文できるというのがうれしくて、スーパースパイシーでとお願いをした。
    バッファローチキンウィングソースのようなキリリと鋭い辛さと酸っぱさが、カレースパイスと一緒になってソーセージの風味をずっしり、引き立てる。



    ソーセージの種類が何種類も用意されてて、すべて手作り。中でも一番、自信があるのが白ソーセージ。ハーブの香りがおいしんですよ…、と、それを焼いてもらって食べる。
    表面パリッと焦げて仕上がり、中身もギッシリ詰まってる。歯ごたえよくて、噛めば噛むほど肉の旨味やハーブ、スパイスの香りがじんわりやってくる。
    ソーセージって肉だったんだ…、って当たり前のコトを教わるようなおいしさ。
    一緒についてやっくるザワークラウトはシャキッと歯ごたえたのしくて、クミンシードの香りやアニスの甘い風味が口いっぱいに広がっていく。このソーセージでホットドッグを作って食べたい。売ってくれたらいいのになぁ…、ってウットリしながらパクリパクリと食べ進む。



    フライドカリフラワーっていう料理があって、たのんでみると白いはずのカリフラワーの表面こんがり、茶色の状態。
    ハーブをまとわせバターの中で焦げる寸前まで揚げ焼きしたモノ。サクサク、ホロホロ、口で散らかる食感がとてもたのしい。
    ハニーマスタードソースがついてくるのだけれど、これがおいしい。
    モスバーガーでチキンナゲットたのむと選べるハニーマスタードソースをとてもおいしく、上等にした感じ。カリフラワーをつけて食べるのもおいしいけれど、フレンチフライと一緒に食べると止まらぬおいしさ。



    ソーセージ以外にも魅惑的なる料理があれこれ。ローストチキンとかハンバーグ風のミートボールとか。
    中でも気になったムール貝。
    ニンニク、バター、ビールと一緒に蒸しあげて、最後にハーブで風味をつける。ビール独特の軽い渋みが貝から滲んだ旨味スープにコクを出す。
    ソーセージもそうだけど、ハーブ、スパイスを上手に使った料理が多い。
    大人数であれこれたのんで食べたらたのしいに違いない…、って思ったりした。



    食べてるうちにハッピーアワーが終わりを迎え、本格的な夜の営業がはじまった。
    合図にお店のライトが落ちて、テーブルの上にキャンドル並ぶ。こういうところがヨーロッパ的。
    お店の人の知識も見事で、なにより笑顔がステキなお店。
    ランチタイムにはソーセージを使ったカレーやホットドッグもあるという。また来ましょうと思って帰る。オキニイリ。


    関連ランキング:ドイツ料理 | 赤坂見附駅赤坂駅永田町駅

    拍手[3回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    Polock Johnny
    サカキさん、ドイツのソーセージ美味しそうですね! 私も最近Polock Johnnyというのを食べました。
    丁度サカキさんの仰る、ソーセージとザウアークラウトをのっけたホットドッグでした(甘辛いトマトソースでした。添えはポテトチップス)。
    後で調べたら、Polockはポーランドの、という意味で、私のビールはCoors light。
    今こちらでは、ホットドッグって前よりあまり食べなくなってるみたいです。7/4の独立記念日バーベキューの時とか、野球のオリオールズ会場で見る位かなあ---。
    ボルテイモアのおかずさん / 2015/09/20(Sun) /
    ポリッシュソーセージ
    > ボルテイモアのおかずさん
    昔から、ポーランド人の作るソーセージはおいしいんだ…、なんていいますもんね。
    ボクは、サンドイッチ>ホットドッグ>ハンバーガーの順に好きで、だからホットドッグがなくなっちゃうのはとてもさみしい。
    自分で作ろうにもおいしいホットドッグブレッドそのものが手に入らなかったりすると、寂しくなっちゃいます。
    サカキシンイチロウさん / 2015/09/20(Sun) /
    サンホンメンにダンダンメン HOME 激辛祭りで汗をかく
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]