忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    08 2019/09 10
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    朝をゆっくり。ポールバセットでいたす朝。



    渋谷のヒカリエの中にある店。
    ビルに中にして独自の空気を生み出す西新宿のお店と違って、商業施設の食品フロアの一角にある。
    圧倒的な規模の売り場にひきづられ、どこか「物販的」なせわしなさを感じてしまう。それが残念。
    「物を売る」ということと、「時間を売る」ということはまるで違ったことなんでしょう。
    カフェとは時間に値段をつける商売なんだと思い知る。



    ブランチセットが用意されてる。
    パンケーキとか、フレンチトースト。表参道的な料理の中にキリッとオープンサンドが用意されてて、それをたのんでちょっと待つ。
    開店直後のコトだからでしょう。厨房の中の準備ができてなかったに違いなく、ちょっとを越えたちょっと眺めのちょっとを待って、やってきたのは大きなお皿にたっぷり野菜。これがオープンサンド?と思う。



    葉っぱ野菜をちょっとどかすと、下にパン。カンパーニュを薄切りにしてトーストし、上にグリルドベーコンのせた、たしかにオープンサンドが出てくる。
    野菜も含めてサンドイッチ。
    ナイフとフォークで切り分け食べて!というメッセージでありましょう。
    レモンのジュースとオリーブオイルを乳化させ作ったソースをかけて味わう趣向もすなわち、手づかみするな!ということらしく、ならばとお行儀よく味わった。



    まずはタラリとドレッシングをかけ回す。
    これがなかなか鮮やかで、夏の季節にぴったりな味。
    キリッと酸味が口に広がり、葉っぱ野菜が口を潤す。そこにカリッとパンが砕けて散らかって、グリルドベーコンの脂の旨みが後味となる。
    これでグリルドベーコンが、カリッと揚がるように焼けていたらば言うことなしのゴチソウだった。
    まぁ、しょうがない。ココは日本の渋谷のカフェでございますゆえ、我慢しましょう。ニッコリと。



    エスプレッソをダブルショットと、ぽってりとしたスティームミルクで作るマジック。
    カップもズッシリ重たくて、ススッとすすると舌にもどっしり。
    コーヒーというよりも、コーヒーとミルクで作った何か特別なスイーツみたいな味わい、香りに食感ステキ。
    なめらかで、壊れずずっと持続する泡。トロリと喉を撫で回しつつ、お腹をやさしくあっためる。
    ポタージュスープのような味わい、なめらかにウットリしました。さぁ、仕事。


    関連ランキング:コーヒー専門店 | 渋谷駅神泉駅

    拍手[3回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    バーベキュー HOME ボガマリのウニ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]