忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    ゴントラン・シェリエで朝を食べます。ひさしぶり。



    パリからやってきたんだぞ…、って鳴り物入りでやってきて、あっという間にいろんなところにお店ができた。
    昔のパン屋さんは、アンデルセンとかポンパドールとかドンクとか、オサレブランドも日本製。ところが今ではこうして舶来モノが幅を利かせる。つくづく日本のボクらはお外のモノが好きなのですな。



    オープン当初は一階のパンコーナーの片隅に、申し訳程度のカフェがあった。ところが今では3階部分のワンフロアーがまるまるカフェ。この店の売上だけで払える家賃じゃないはずで、他のお店の利益でこうしてゆっくりできるとは、ある意味、感謝でございます。

    ココが一躍名を馳せた「モンブラン」をメインとします。
    クロワッサン生地をうず高く山なりにして焼き上げて、中にマロンクリームをタップリ充填したモノで、昔なつかしいコロネの進化系のごときコレ。



    底と頭をつまんでグイッと伸ばしてやると、真中部分がちぎれて中から、マロンクリームがトロンとでてくる。
    これがネットリ。かなり濃厚に栗の風味でできあがっていて、ザラッと若干、粉っぽさがあるのがなんだか本物っぽい。
    中心部分はフックラとして、表面パリッとクロワッサン生地そのものがかなりの上質。だからマロンクリームに負けず、しっかり踏ん張っている。
    特にてっぺん部分のパリパリ、焦げたところがおいしくて、噛むとジュワリとバターが滲んで、なんたるおいしさ。オキニイリ。



    一緒にイチジクのハードブレッドを選んで食べた。
    バゲット生地の中にイチジク。ゴルゴンザーラチーズを入れて、焼いたところにタップリはちみつという組み合わせ。
    イタリアンレストランの食後のたのしみみたいな味わい。赤いワインと合わせるとおいしいだろう…、って思ったりする。まだ朝なのに(笑)。
    だからカフェオレお供にしたく、ドリンクメニューをみればなんとカフェオレはなく、カフェラテはある。
    お前、フランスからやってきてそれはないだろうよと、思わず突っ込む。こういうところがうそ臭い。


    関連ランキング:パン | 渋谷駅神泉駅表参道駅

    拍手[1回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ガイトーンにてカオマンガイ HOME 夜の空
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]