忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    アースカフェ(Urth Caffe)って店に来ました。ロサンゼルス発のオーガニックコーヒーを飲ませる店というのでやってきたのだけれど…。



    場所はかつてのロイヤルホスト、今はフライングタイガーコペンハーゲンやアフタヌーンティーのティースタンドがある先で、表参道の一本裏側の住宅街の入口部分という感じの場所。
    「SO-CAL LINK OMOTESANDO」っていう商業施設の奥のスペース。
    その施設の中に入っているのがちょっとチャラチャラした感じのライフスタイル系セレクトショップで、オーガニックなイメージとまるでそぐわぬ残念具合。



    なんでこんな場所にお店を出したんだろう。コーヒーというのはイメージを売る食品で、どんなに豆にこだわろうが、そのこだわりが正しく伝わる環境を用意しなくちゃ台無しになる。
    勿体無いなぁ…。
    デカフェのドリップをもらったんだけど、普通においしい。
    酸味はおだやか。苦味に奥行きがあって旨みにスキッと切れがある。とても上等なコーヒーだろうと思うのだけど、そのおいしさ以上のおいしさを感じることができないコトに、なんだかさみしい気持ちになった。



    甘いものを一緒に食べる。アメリカ的なるクリームパフ。
    ドッシリとしたパイ生地の中にホイップクリームにカスタード。てっぺん部分がテカテカしてるのは、グラニュー糖をカラメライズしているからで、シュークリームとパイとシブーストを一度に食べてるみたいな味わい。
    口の中が騒々しくなり、甘みドッシリ。カスタードクリームのネットリとした食感豊かで、焦げた砂糖の苦味がキリッと大人味。
    商品は悪くないのにますます勿体無く感じちゃう…、多分、一度で忘れちゃう。


    関連ランキング:カフェ | 表参道駅明治神宮前駅外苑前駅



    そして夜をサイゼリヤ。酒が飲めない夜でもあって、付き合ってくれた友人も今日は酒の気分じゃないなぁ…、とそれでサイゼリヤにしたワケです。



    マグナムワインで飲むサイゼリヤじゃない、ファミレス使いのサイゼリヤ。
    今日は思いがけずも大賑わいで、ほぼ満席。入り口脇のいつもはつかわぬテーブルに座って周りをみると子供連れのママが多くて、なるほど、なるほど。
    今日から学校は夏休みになるのですネ…、みんなウキウキして見える。
    メニューをみると、あぁ、オモシロイ。
    ずいぶん見せ方に変化があって、ただ料理を並べるだけじゃなくって、その食べ方の提案を一生懸命やっている



    例えばミネステローネにチーズを追加でのっけてみればいかがですか?とか、小エビのサラダにサラミを合わせてみてはいかが?
    あるいはサラミのサラダをパンで挟んでサンドイッチにするのもおいしい工夫ですよ…、とか。料理の同士の組み合わせで、あなたならでは食べ方をためしてみてはという提案。
    なんかそれがたのしくて、提案通りにいくつか料理をたのんでためす。
    フィセルっていう細く焼けたソフトバゲットがなかなかおいしく、サラミにルッコラ、ついでにエビのサラダを挟んでパクリと食べる。うん、旨い。



    豚のバックリブが新たにメニューに登場してて、それもためしに食べてみる。
    かなり大きなドッシリとしたバックリブ。塊のままやってきて、骨と骨の間にナイフを入れてきってから召し上がれという。
    切ってみれば、断面分厚く、肉がしっかりついている。
    前歯を当ててちょっと力を入れただけで、ほろりと骨から外れるところがウレシクて、肉そのものもハラっと口でほぐれてく。
    化学の味がちょっとだけ口に残るのが残念だけど、ワインと一緒に食べたらおそらくかなりの美味に違いない。頑張ってるなと思う夜。

    ちなみに「Urth Caffe」で動画を探してみたら、サンタモニカのお店を紹介するビデオがあった。



    なるほど、オーガニックを売り物にしているはずなのにこんなにユルイ雰囲気なのネ。表参道のお店のノリもしょうがないかと思いもします。
    それにしてもヘルシーフードと銘打ち登場する料理をみながら、まず分量を半分くらいにすることから始めるべきじゃないかと思う。
    まぁ、自戒も含めてでございますけど、老婆心(笑)。
    それからレポーターの女の子の立派な眉毛にウットリしました。また明日。

    拍手[4回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    立ち食いそばにISETANストア☓2 HOME レッドペッパーの名物ラザニア
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]