忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    08 2019/09 10
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    夜にまずは軽飲みしましょうと、赤坂見附の「利久」をたずねる。



    仙台牛たんの専門店。東京にあるほとんどの店が商業施設の中にあり、それらの店は定食メイン。お腹いっぱいになるのが目的のお客様が入れかわり立ちかわりやってくる、活気はあるけどせわしない店。
    ところがココは普通のビルの2階にあって、場所も赤坂のオフィスエリアのほど近く。だから飲み客がやってくるので大人の雰囲気。
    キッチンの中の様子が見渡せる、カウンター席をもらってのんびり。



    まずは刺身をもらって食べる。
    牛タン焼きだけではなくて、東北のおいしい魚が揃う店でもあるのがたのしい。貝類だけを盛り合わせたのがあるというのでそれにする。
    北寄につぶ貝、ホタテが並ぶ。
    どれもピカピカ、ツヤツヤしてて貝独特の旨みがジュワッと口に広がる。
    北寄のフッカリした食感に、コリッと砕けて噛んでるうちにトロミがでてくるつぶ貝と、貝それぞれに独自の食感、旨みがあるのがオモシロイ。



    今日はハイボールがおいしく感じる夜でもあって、それで他に肴をいくつか。
    牛タンづくしという名のサラダ。
    ゆでタンをほぐして作ったパテやスモーク。煮込んだタン先を唐揚げにしたモノがタップリ、野菜の上にのっかっていて、野菜がたくさん食べられるのが、おじさん的にはとてもウレシイ。
    酒を飲むにも体のコトを考えながら…、というのがオーバー50の飲み方(笑)。
    コッテリ味の味噌で煮込んだ牛モツは、ガーリックトーストと一緒に味わう趣向。



    そして牛タン。「極み」をもらう。
    タンの中でも柔らかく、脂ののったところを分厚く切り分けて、炭火でやいて仕上げる一品。分厚く焼くのは中がレアで仕上がるように。包丁を深めに入れて焼くとめくれて、松かさみたいに仕上がっていく。
    切り目が入ってめくれたところが、こんがりこげてサクサクなんとも香ばしく、脂が炭で焼かれてできた煙がタンをおいしくさせる。
    クニュっと歯茎にからみつく肉感的なるオゴチソウ。



    いつもはこれに麦とろご飯をつけておかずで味わうところ。
    今日はご飯は抜きにする。酒の肴に牛タンつまむ。なんたる贅沢。大人的。
    とは言えスープはやっぱり食べたい。
    牛のテールを煮込んでとったドッシリ味のスープの中に、ネギをちらしてハフっと味わう。旨みスープでお腹がしっかりあったまる。
    タンのサイドの漬物に、青唐辛子の味噌漬けかじり、テキパキ次々焼かれてくタンを見ながらシアワセな夜。


    関連ランキング:牛タン | 赤坂駅赤坂見附駅溜池山王駅

    拍手[4回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    夜の〆から、アサンドイッチ HOME ホンモノブリトー、ホノルルコーヒー
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]