忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 03
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    02 2017/03 04
    S M T W T F S
    1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    赤坂の「天茂(てんしげ)」

    e33e2077.jpeg夜はおまかせ天ぷらを味わうことができる天ぷらの専門店。
    昼は天丼。
    しかもかき揚げ天丼が有名で、かなり繁盛しているお店。

    赤坂という街。
    いい天ぷら屋さんが結構、ある街。
    高級な店から大衆的なお店まで、探せばいろんな天ぷら屋さんに出会えたりする。
    実は赤坂に限らず「東京メトロ銀座線」の沿線というのは、天ぷら屋さんの宝庫だったりするのです。
    浅草、上野、神田、それから日本橋。
    昭和初期に賑わっていた街をつないでできた地下鉄。
    日本で一番、いや東洋でも一番最初の地下鉄ができた時代のゴチソウが、天ぷらだったというコトでしょう。
    あるいはお寿司。
    あるいは豚カツ、洋食店。
    当時、ご馳走として認められていた飲食店がそれら地域に集まっていて、中でも天ぷらの分布が突出している不思議。
    そう思ったら、銀座線の黄色い車体は天ぷら衣の色に見えたりするオモシロさ。

    5fe888a9.jpeg間口の小さな古いビル。
    階段上がって2階の引き戸をガラガラあけると、直ぐ目の前にカウンター。
    カウンターの中には揚げ場。
    そこに日本髪うるわしき和服の老齢の女将さんと、揚げ手の女性がたってニッコリ、ほほえんでいる。
    店のしつらえは由緒正しき白木造りの天ぷら屋。
    そこに女性が立って出迎えるという、ただそれだけでなんだかやさしいおいしさ感じる。

    かき揚げ天丼を注文します。
    早速、エビに小柱がステンレスの器にいれられ、天ぷらのタネとざっくりあわさる。
    それをチュワンと油に沈め、そっと見守り浮いてくるのをじっと待つ。
    天ぷら鍋の横のコンロに手鍋。
    どんぶり用のタレがふつふつ、沸いている。
    揚がったばかりのかき揚げを、そこにとぷっとつけると一瞬、鍋の中が沸騰しながら小さな泡を噴き上げる。
    熱い油がタレと交わり、コクとうま味を手に入れて、それがご飯の上にのっかる。

    7b4b4f9a.jpeg手早く、そして丁寧に。
    たちまち出来てやってくる、なるほど昔。
    江戸時代には屋台で食されることが普通だった天ぷらという料理。
    その時代にはファストフードみたいな料理だったんでしょう。
    さて、いただきますと丼を持つ。
    手にズッシリとあたたかい。

    ふっくらとしたまるで卵を揚げたような、サクサクとした衣の食感。
    出汁をたっぷり含んでなおも、カラッと乾いたような食感。
    エビがプルン。
    小柱ムッチリ。
    新鮮な具もゴチソウだけど、出汁のうま味にまみれた衣がこの丼のおいしいところ。

    タレのからんだすべすべご飯。
    揚げた油をタレにくぐらせ、それで余分な油が落ちる。
    かき揚げ自体は、ほどよくさっぱり。
    油を含み続けたタレは、ドッシリ濃厚。
    それがすべてをおいしくさせる。
    シジミの汁もしみじみおいしく、大葉を混ぜたキャベツの浅漬けが口をさっぱりしてくれる。
    やさしくおいしいもてなしに、午後の仕事の元気がでます、オゴチソウ。

    拍手[5回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    38の日のあんなやこんな HOME デリフランスのミニな朝
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]