忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    それから渋谷で食べる勉強…、昔、できたばかりの頃に一回やってきたことがある回転寿司のお店に来ます、西武百貨店の食堂街の中の「活」という店。
    38618d99.jpeg出るとこ、出るとこ、びっくりするような行列が出来てしまうので有名な「美登利寿司」が運営している回転寿司のお店であります。
    初めてやってきたときは、回転寿司のオペレーションに慣れていなくてこれなら普通の鮨屋に戻ればいいのになぁ…、って思ってそれからずっとしばらく来ていなかった。
    それから2年くらいはたちましたか…、来てみてみれば印象一新。
    普通の回転寿司のお店がせぬことまでも提案しながら、にもかかわらず普通の回転寿司がすべきこともしっかりキチンとこなした回転寿司のお店になってた…、いいお店。

    d592ab58.jpegちょっと高めの値段設定。
    例えば、三種盛りという一皿にしゃり小さめの寿司を3種類。
    お皿の上に並べたモノがここの売り物。
    それもほとんど上ネタ揃い。
    例えば、貝の盛り合わせ。
    ホッキにつぶ貝、それからミル貝。
    どれも活の状態で、コリコリ、ムチュン、噛むとどんどんトロミがでてくる。
    カニの盛り合わせっていうのもあって、ズワイの生と茹でた脚。
    それに味噌の軍艦がのる。
    上等なモノは一個で十分、けれど種類を沢山食べたい。
    そういう気持ちを満足させてくれるというのがまたウレシイ。

    それからもひとつ。
    これは美登利寿司譲りの名物が「大きな穴子の一本にぎり」。
    肉厚で、大きな穴子をフックラ煮込んで、シャリの上にのせて味わう。
    おそらくコレがあったからこそ、美登利寿司の前にあれほどの行列ができ続けているのでしょうネ…、たしかにこうして食べてみると、フックラ、シットリ、味わい深い。
    飲食店で「あそこの料理は何を食べてもおいしいね」って言われるコトは、決していいことばかりじゃないと思う。
    それは「あの店はココロに残る料理がない」といわれているのと同じコトだったりするのであって、たとえばココの穴子のように特徴のある「アレ」といわれるモノがあるとお店自体も得をする。
    eabefaff.jpegそうした名物がある上で「他の料理もおいしいね」といわれるコトが大切。
    ココもネタはしっかりしてます。
    車海老を茹でてもらって食べるとプリンと甘くて旨く、特大ホタテは口のすみずみ満たすサイズでネットリ、これまた甘くて旨い。
    今が季節の平貝…、ツルンとハリのある食感でうま味は極上、歯切れ良し。
    ブリブリとしたカンパチに、生のとり貝…、どれも新鮮、間違いがない。
    ただこのお店、おそらく百貨店の中にあるから真価を発揮できるのでしょう。
    飲食店は立地とそこに集まる人と、手に手をとって進化するものってそんなコトを思ってニッコリ…、しばらくしたらまた来ましょ。



    関連ランキング:回転寿司 | 渋谷駅神泉駅



    ところで寿司に関するこんな動画を発見しました…、なんで日本の寿司が世界で受け入れられたかというコトを日本人ではない観点から答えるモノで、オモシロイ。



    日本人以外にとって、白いご飯は茹でたジャガイモと同じで味気ない。
    その点、シャリはスッパイ味が付いているから、海外の人に受け入れられやすかったんだろう…、とそういう意見。
    確かにボクも「刺身+白いご飯」は好きじゃない。
    魚の脂や生臭さにそのうちうんざりしてくるから、たくさん量が食べられない…、その点寿司はいくらだって食べられる。
    白いご飯に醤油をかけなきゃ食べられない…、ってコトはないけど、昔みたいな白いご飯だけバクバクいっぱい食べることはできなくなった。
    国際人になったってこと?って思ったりした(笑)、さて、寝よう。
     

    拍手[4回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    朝のパスタにヨルイエゴハン HOME ハタケのマメヒコ、さようなら!
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]