忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    渋谷での仕事の一つが夕方終わりで、それで食事を近所のどこかでしようと「データベースインマイブレイン」を駆使してそうだあそこに行こうとテクリテクリと。
    ur.jpg渋谷の街のはずれのはずれ。
    もう渋谷と言うよりも代々木公園の入り口部分…、近所にNHKの放送センターというロケーションにある「魚力」という飯屋に来ます。
    魚屋さんがやってるお店で、魚がおいしい。
    小さいながら一階の入口部分には魚屋があり、魚や惣菜が並ぶショーケースの脇に小さな階段が…、そこをトントン上がって二階にいくと食堂があるという趣向。

    293e3410.jpegここの名物はサバの味噌煮。
    サバの味噌煮という料理をを作る流儀にはいろいろあって、最近の定食屋さんとか居酒屋でたのむと大抵、水煮のサバに味噌ダレをのせて仕上げるタイプが多い。
    ロスを出さずに。
    手間をかけずに作るにはそうしたやり方がいいのだろうけど、やっぱり味噌でじっくり煮込んだものでなくっちゃ。

    ココの味噌煮。
    白味噌にほんの少しの赤味噌をまぜ、砂糖をタップリ。
    甘めの味噌出汁でじっくり時間をかけて煮ている。
    切り身は分厚く、脂がのっているのだけれど味噌出汁に脂が浮いていることもなく、見事にキレイで丁寧な仕事がされているのでしょうね。

    豆腐にネギ。
    どちらも味噌出汁の風味と味が入ってて、味わい濃厚。
    サバはブリンと身離れがよく、ムッチリとした食感なめらか、骨までシッカリ煮こまれてホロホロ奥歯で崩れて味わうコトできる。
    この東京でボクが知るかぎりNo.1のサバの味噌煮でございます。

    89e88b66.jpegそれからもうひとつ、銀ダラのバター胡椒焼きっていうのをたのむ。
    銀ダラと言えば、大抵、西京味噌か粕漬けにして味わうモノ。
    脂がきつくてだから味噌のようなものに漬け込み、水気や脂をなじませ焼く。
    ところがココのこの料理。
    魚の脂をバターの脂でなじませる。
    毒を以て毒を制する調理法。

    これがおいしい。
    ブリンとはじける銀ダラの食感そのまま損なわれず、バターで風味がしっかりついてる。
    コンガリ焦げた表面が、サクッとなんとも香ばしい。
    しかもムッチリ。
    口の中に入れるとプルンと一旦弾けて、それがクシュッと崩れて口の中にうま味と脂の風味が広がっていく。
    あぁ、オゴチソウ。
    そして胡椒がタップリと。
    切り身の表面が真っ黒になるほどタップリ使っているのに、脂のおかげで辛く感じぬ。
    ときおりピリッと胡椒の風味がするだけで、うま味をシッカリ引き立てる。
    これに大根おろし。
    それからピクルス刻んでまぜたマヨネーズがついてくるんだけど、このマヨネーズをつけて食べると、まるでムニエルみたいな舶来味になるのがなんともオモシロイ。
    ご飯がすすんでしょうがない。

    2eabc808.jpegそれから刺身の盛り合わせ。
    魚屋さんがやってる食堂となればやっぱり刺身を食べなきゃ損する感じ。
    紙に描かれた今日の魚の中から自分の好みの魚を選んで注文することもできるのだけど、お店のおまかせの魚を盛り合わせにしてもらう。

    マグロの中トロ、それから赤身。
    かんぱち、イサキに生のサバ。
    甘エビ、青柳、ホタテの柱にタコにイカ。
    目利きの魚がズラッと並ぶ。
    どれもピカピカ、鮮度抜群…、青柳なんて口に含むと海の香りがホワンとただよう。
    もれなくおいしく、けれど中でも一番感心したのがかんぱちで、サクッと歯切れてネットリ歯茎にまとわりつくようなその食感にウットリします。

    これら魚の料理にご飯、汁に小鉢に刺身がついて定食になる。
    ea6acc1b.jpeg刺身と言っても赤身とタコとかんぱちの端材が入って、そこにワカメと大根のツマ。
    案外このワカメがとてもおいしくてプルプルスベスベ、ほどよい口直しになるのにちょっとニッコリ、得した感じ。
    小鉢はヒジキ…、これもシャクシャク、歯ごたえ抜群。
    ご飯と汁はおかわり自由で、そのおかわり自由の汁がしじみタップリのしじみ汁。
    しじみの出汁が強烈で味噌はほんの少々、色が付く程度…、にもかかわらず味噌の風味がしじみ独特の臭みをキレイに中和する。
    ちょっと汁を飲むとお椀の水面一杯にしじみが顔を出すほどの、なんともめでたく豪華なサイド…、ご飯を一杯おかわりをして、今日一日の〆とした。



    関連ランキング:定食・食堂 | 代々木公園駅代々木八幡駅神泉駅

     

    拍手[6回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    魅惑のサバミソ
    晩飯で(原付で移動のために…)
    美味しいお魚を前にしながら
    酒を飲めなかったのが悔しくてクヤしくて!
    イヤしいボクは今日渋谷での仕事行く前に魚力寄って
    お持ち帰り用のサバミソ買っちゃいました。
    2種類あって、小さめ(と言ってもそこそこの量)のを
    買い求めたのですが、これが380円!
    (大きめのヤツは多分夜の定食に出てたのと同じでこれでも500円!)
    今日のちょっと長い夜のお供ですw
    まりおさん / 2012/06/07(Thu) /
    なんとシアワセな
    > まりおさん
    テイクアウト用の魚や惣菜が立派でしたもんね。
    あまり夜更かしされぬよう…(笑)。
    サカキシンイチロウさん / 2012/06/07(Thu) /
    ミルクではじまり、ミルクで終わる今日の夜 HOME ハタケのマメヒコ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]