忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    渋谷で仕事…、その前に腹ごしらえをと蕎麦を食べます。
    cde2fdd6.jpeg福田屋っていう蕎麦屋さんで、これが渋谷という街にまるで似つかわしくない風情を持った、真っ当にして普通の店。
    109の裏側にある、恋文横丁って言う小さな路地。
    ほぼ飲食店ばかりが並ぶ、しかもその顔ぶれが台湾料理のお店であったり回転寿司やスタンドバーなど…、夜になると猥雑感が漂う昭和な路地裏。
    ビルの二階で階段を上がると空気が途端に変わる。
    窓の外には日本庭園風のしつらえ…、まるで上野や神田の街外れのような雰囲気。

    ce3b19f7.jpegお店にやってくるお客様も昭和な風情で、落ち着きます。
    大人の形をした子供という、飲食店にとって厄介な存在がいないやさしい空間で、気持ちがほっと穏やかになる。
    日本料理店を思わせる、清楚な造りで、けれどメニューは普通の蕎麦屋。
    気取りがなくて、バリエーションが豊富でたのしい。

    季節の蕎麦をまずたのむ。

    茄子とおろしの冷たい蕎麦。
    茄子と蕎麦の相性は結構よくて、いろんなお店でいろんな流儀で料理ができる。
    例えば焼茄子。
    例えば揚げた煮浸しをのせて作ったり。
    ここは揚げた茄子を甘辛煮にしたモノをタップリのせた蕎麦。
    大ぶりで深い丼。
    だから蕎麦の分量も大したものでしかもどっさり、おそらく茄子がゆうゆう一本分のっかっている。
    そこにタップリ大根おろし。
    荒く削った鰹節、ネギにスッキリ、かえしの風味が際立った冷たいタレが香りを添える。
    角ばった蕎麦。
    細めでけれどシャキッと歯ざわりたのしくて、喉越しがよい…、オキニイリ。

    183472ff.jpegそれからカレー南蛮蕎麦。
    カレー南蛮といえばまずはうどん、というのが一般的で、けれどボクはなぜだか蕎麦のカレーが大好き。
    蕎麦のコシはなくなっちゃう。
    ネロンとやわらかになってしまって、悪く言えばのびた状態になってしまうから。
    その状態を嫌う人は結構多い。
    けれどテロンとやわらかくなり、カレースープと渾然一体になったそばの食感がたまらないのです。
    温度が上がってコシをなくしたかわりにムッチリ肉感的な粘りとなめらかを手に入れる。
    それも蕎麦のひとつのおいしさ。
    だから、カレーそばがおいしい蕎麦屋はオキニイリ。

    して、ここのカレーそば。
    明るい黄色の、タップンゆるいとろみがついてる。
    具材はネギと鶏のもも肉。
    とてもシンプル…、典型的なる南蛮風で飲むと辛味がとても上等。
    カレー南蛮の肉は豚か鶏かというと、カレーの方向性によって異なる。
    スパイシーな黒いカレーには断然豚肉。
    けれどココの明るい黄色のやさしい辛味の「蕎麦屋らしいカレー」の汁には脂が少ない鶏が邪魔せず、おいしく感じる。
    出汁の風味も上等で、ゴクゴクのめる汁がおいしく食べ始めるともうとまらない。
    結構、好きなオキニイリ。

    それから天丼を1個たのんで分けあい食べます。
    9e6e42bc.jpegここで天丼を食べるのは初めてのコト…、あまり期待もせずにとったけど、これがおいしい、見事な出来栄え。
    まずはエビが立派な車海老が2本で、プチュンと歯切れて甘みが強烈。
    しっぽまでもサクサク味わえ、それにシシトウ、それから刻んだニンジンをかき揚げにしたモノが一緒についてくる。
    甘みが少なく、醤油の辛みと風味がシャキッと際立ったかなり強めの丼たれがこれまたおいしく、これもかなりのオキニイリ。
    蕎麦がボリュームタップリなのと同じように、サラダもタップリ、味噌汁の中に豆腐とワカメがこれまたたっぷりサービス精神旺盛で、いい店だなぁ…、ってしみじみ感じる。
    雨が降る中、ワザワザ来た甲斐あったよね…、ってさてさて仕事にまいります。



    関連ランキング:そば(蕎麦) | 神泉駅渋谷駅

     

    拍手[4回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    中年 笑
    雨の渋谷はいつもと変わらぬ若者の街でした。
    ニヤミスでしたね。
    肌寒い梅雨入り前の日中に 覗いてみたいお蕎麦屋さんに 期待して 次回
    のれんをくぐります。
    ゆかさん / 2012/06/10(Sun) /
    ぜひ
    > ゆかさん
    階段を上がると別世界。
    ここが渋谷?って思える落ち着ける店ですよ。
    サカキシンイチロウさん / 2012/06/10(Sun) /
    イタリアオヤツにサカナヨル HOME 体、甘やかす、オゴチソウ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]