忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    05 2017/06 07
    S M T W T F S
    1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    朝をサンドイッチを作ります…、いつもと違ったサンドイッチ。

    547fb4cc.jpegまず、パンが特別。
    フランスから来た食料品店、エディアールが焼いてるコロンと円柱形のパン。
    ブリオッシュっぽいシットリ生地でできていて、バターがタップリ。
    焼きあげるのに使った型の凸凹した形がそのまま、だからビベンダムの胴体みたいな形が独特。
    焼き型のつなぎ目のところが盛り上がっていて、焼き色コンガリ。
    ツヤツヤしてて、持つ手の指がバターで濡れる。
    喉がなります…、ウットリです。
    それをほどよき厚さにスライス。
    そしてトースト。

    表面焦げる程度にサックリ。
    焼いてる間にバターの香りがトースターの口から出てきて、部屋が甘い香りでやんわり満たされる。
    バターもなにも塗らずにそのまま。
    パンの持ち味と風味を存分にたのしむ所存。
    焼く前はサイズの割にずっしり重く、詰まった感のあったパン。
    水気を吐き出し、ちょっと軽くなったよう。
    カサッと乾いた焼き上がりにて、焦げた香りが甘く鼻から抜けていく。
    このまま食べてもおいしいのにね。
    それを使って、もっとおいしくしてやりましょう…、と。

    これで挟んであげるのは、スモークサーモンの卵とじ。

    99e84dc1.jpegそのまま食べるのにはちょっと不恰好。
    大きさ、形。
    厚さもバラバラなスモークサーモンの端材があって、それを使って。
    ひと口、味をたしかめたらば、脂がほどよくのっていて、塩味がちょっと強めで熱をいれるとおいしくなりそう。
    それで軽く油をひいたフライパンにスモークサーモンをのせて軽焼き。
    ディルをタップリ刻んでパラリ、火を止めボウルに移してちょっと休ませる。

    玉子を溶きます。
    よーぉく溶く。
    白身が腰をなくして黄身と混然一体…、ちょっと泡が立つくらいに溶いてフライパンにジャジャっとながす。
    半熟程度に火を入れて、そこに熱をくわえたスモークサーモン。
    やさしくまとめてパンで挟んで出来上がり。

    パクリと食べると、パンが吐き出すバターの香りとスモークサーモンの脂の風味。
    そしてディルが青いハーブの香りをそえて、なんだかゴージャス。
    カサッと乾いたパンが最初に口に入って、ふっくら玉子と熱が入って、パッサリとしたスモークサーモン、食感にぎやかで噛んでるうちにそれがトロンとなめらかになる。
    スモークサーモンの脂とまじると玉子が甘く感じるのもオモシロク、朝のステキなオゴチソウ。

    プライベート、オフィスにお外…、どんなところにいてもお世話になるのがWi-Fi。
    ただ、こんなところにも無線技術が活かされてるくるのか…、ってびっくりしたのがこのプロダクト。
    bbc0b01e.jpeg植木鉢に刺された、まるで植物の芽のような形の物体が、実はその鉢の中の植物の、水やりや世話のタイミングをクラウド経由で伝えてくれるセンサーだという。
    水温、湿度、照度などの各センサーと、Wi-Fi接続機能を備えて、植物の状態を絶えず監視しながらiOSアプリのプッシュ機能やウェブアプリ、あるいはメールなどで、植物を世話するタイミングと、その世話のアドバイスを送ってくれるという仕組み。
    そのサービスとセンサーを提供するのはチューリップ工科大学が産官合同プロジェクトとして立ち上げた会社で、長年の研究機関の観察データを使っているのが売り物みたい。



    センサー部分は120ユーロ、サービスアプリは無料というコト。
    単三電池2本で約1年駆動というコトで、送料さえ払えば日本にも当然送ってくれはするけど、サービス自体がドイツ語、あるいは英語のみ。
    語学の勉強も兼ねて買うのもオモシロイかも…。
    それにしても「koubachi」って言うこのネーミング。
    もしかしたら、日本語の「耕鉢=コウバチ=耕す鉢」なんていうのが語源じゃないのかしら…、ってそれがかなり気になったりする。
    アメリカなんかで「Hibachi」って言うと、七輪みたいな料理を炙って仕上げる炭鉢のコトを行ったりするし、どうなんだろう…、ワカラナイけどオモシロイ。
     

    拍手[4回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    週末の楽しみです
    サカキさんの自家製サンドイッチ…今週末は、どんなの作るのかな…と毎週末の更新を楽しみにしています。
    今週も旨そうです!
    特にちょっとだけ火を入れたスモークサーモンって旨いですよね。
    僕なら…フライパンじゃなくて焼き網で軽く炙ったのとスクランブルエッグなんて組み合わせを勝手に考えて妄想の中でお腹いっぱいになっちゃってました。
    デーブ渡邊さん / 2012/06/09(Sat) / URL
    煙の香り
    > デーブ渡邊さん
    燻製の香りがおいしいスモークサーモンを炙って煙の香りをつける。
    おいしそうですね。
    今度ためしてみようかなぁ…。
    個性的なパンの食感と味わいを活かすために、野菜を使わぬサンドイッチ。
    なかなかの組み合わせでした。
    週末、こうしてサンドイッチを作ると、体のペースがユックリになるような気がして、ほっとします。
    サカキシンイチロウさん / 2012/06/09(Sat) /
    渋谷の蕎麦屋の福田屋の昼 HOME スタバのマンゴー、ねこの飯
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]