忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    原宿で仕事…、仕事を終えて、そうだあそこで昼にしよう。

    1ce1c5f5.jpegそれで原宿の「眞」にくる。
    原宿駅を出て目の前の竹下通り。
    ススッと抜けて通りをでたら左に伸びる路地がある。
    裏原宿と呼ばれた街の一番西側。
    かつて、若い子向けの洋服屋さんが軒を並べた通りだった…、けれど最近、洋服屋さんは競争激しく大変なのでありましょう、飲食店に模様替えするところが増えた。

    飲食店は不況に強い。
    ずっとそんな風にいわれてて、でも最近はその飲食店も強くあり続けることができないほどに景気は厳しい。
    だからか安い定食屋さんとか、小さな居酒屋ができるお店のほとんどで、昼はおいしい匂いが通りが満たされている。
    中にはワンコインでランチをどうぞ…、なんてワインバーがあったりもする。
    なんだか厳しく、切ない景色。
    この街が、こんなふうになるずっと前からこの街で、定食屋さんをやっているここ。
    6ea9edb8.jpeg食工房とも名前がついてて、小さなビルの2階の小さなお店。
    お店のほとんど半分くらいが厨房で、たしかに「工房」らしいおいしい風貌。
    しかもキレイに掃除がいつも行き届いてる。
    ダクトはピカピカ。
    床もピカピカ、しかもまるで濡れていなくてお店の人はズックで調理ができている。
    厨房が乾いているかどうかが、近代的で衛生基準を満たしたレストランかどうかの基準なんだ、とするならココは立派なレストラン。
    汚いけれどおいしい店…、って言うのがありはするけどボクにとっては「キレイ」も「おいしいの一部」だからこうしたお店が本当はおいしいお店なんだと思ったりする。

    d5e39b95.jpeg今日の定食をもらいます。

    ココの日替わり定食のメインは煮物。
    根菜類をタップリ使ったやさしい料理で、この界隈に勤める人の野菜不足をこれで解消してちょうだい…、ってそんなゴチソウ。
    同じ野菜でも葉っぱ野菜はサラダなんかで食べる機会がかなりある。
    けれど根菜。
    料理をしなくちゃおいしくないし、手間がかかりもする食材。
    だからウレシイ。

    ごぼう、人参、大根、カブに鶏肉、それからこんにゃくと具沢山。
    軽く炒めて出汁と醤油で味整えて、保温用のジャーの中で、ユックリやさしく熱を加えて仕上げているから鶏はやわらか。
    けれど根菜類の風味や食感はそのままで、奥深い味になっている。

    これにご飯とお味噌汁、小鉢がついて一揃え。
    今日の小鉢は切干大根の含め煮だった。
    シットリとしてみずみずしくて、風味豊かでやさしい感じ。
    お味噌汁もご家庭風で、なによりご飯がおいしい。
    それというのもこのお店、もともとお米屋さんをやっていた人が始めたお店。
    炊き加減とか蒸らし方、それにフックラ茶碗にやさしく盛りつける、それらすべてがご飯をおいしく食べるための心配りで、ありがたい。

    6524bc32.jpegキャベツとキュウリの浅漬もパリッとやさしい。
    ついでに鶏の唐揚げもらう。

    ココの唐揚げは好みの味付け。
    脂ののった頑丈なモモ。
    それをコロンとまん丸に切り、シッカリたれに漬け込んでいる。
    醤油と味醂をベースにし、生姜、ニンニク、かなり風味豊かに出来ていてそれを冷たく休ませている。
    注文はいると衣をつけて、脂でジックリ。
    時間をかけて揚げていく。
    揚がると一旦、網におき中のジュースが落ち着くまでそっとやさしく休ませる。
    あぁ、あの熱々を食べたいなぁ…、と思いはするけど、ちょっとした我慢が料理をおいしくさせる。
    そう思ったら、ちょっと遠くにある唐揚げがなんだかとても愛おしくなる。

    クチュっと噛むと肉のうま味と醤油の風味がフワッと立って、口から鼻に抜けていく。
    力強くて、けれどどこかやさしくて。
    唐揚げにはビールをおねだりする唐揚げと、ご飯をおねだりするのがあって、ココのは後者…、ご飯おいしく腹いっぱい。

    ところで今日。
    ひさしぶりにこの店に来て、一番最初の挨拶が「地震でおかわりございませんか?」という言葉。
    ココは食器一枚壊れず、地震のあとも一日も休まず、ずっと営業させてもらえているんですよって、無事でなにより、そう言い合った。

    余震の話や今年の夏のお祭りのコト…、まるで今日の天気のコトを挨拶がわりに何気なくするようにボクらは地震のはなしをしてる、これがボクらの新たな日常…、それもよし。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    行きたい・・・
    丁寧に作られた家庭料理だけど、家庭ではなかなかできない料理ですね。唐揚げをサイドメニューにできる定食屋さんなんてステキです。
    TKさん / 2011/04/22(Fri) /
    ありがたい店
    > TKさん
    女性のやさしさ。
    女性の強さ。
    その両方をたのしませてもらえるステキなお店。
    家庭では食べることができない家庭料理…、なんてステキだろうって思います。
    サカキシンイチロウさん / 2011/04/22(Fri) /
    金曜の夜 HOME チェダーチーズにツナの朝
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]