忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    朝をサクッと軽くすませる…、オキニイリのドトールコーヒー。
    早じまいで夜の8時くらいにはお店をしめる…、その分、朝は早くて元気。喫茶店てそもそもそういう存在なのかもしれないなぁって思いながらやってくる。



    今日もニコニコ、いつもの笑顔に元気をもらい、カフェラテたのんで一緒に朝のサンドイッチ。
    オキニイリの玉子とハム、レタス、トマトのトーストサンドで、いつも感心するのがパンの見事な焼き加減。空気を含んで焼けた軽めのパンがカサリと、焦げた風味が香ばしく、しかも乾いて仕上がっている。
    だから挟んだ玉子サラダのポッテリとしたなめらかや、トマトの酸味やみずみずしさをシッカリ受け止めおいしくしてる。今日も良く出来、オキニイリ。

    ところで昨夜の晩ご飯…、表参道で用事を終えてそれで「まい泉本店」に来た。



    表参道から住宅地へとちょっと足を踏み入れた場所。夜になると周りは真っ暗。さみしい街にありながら、ほぼ満席でカウンターの端っこもらう。
    ランチタイムもそうなんだけど、ココはシニアのお客様が多い。
    とんかつなどの揚げ物料理がメインの店で、なのにシニアにやさしいところ。植物油で揚げているのと、肉がやわらか。特にヒレかつに力を入れているようなとこ。
    飯をモリモリ喰らうための揚げ物料理の店じゃないのがいいのでしょう。

    そんなおじさま、おばさま向けの料理で一番人気のあるのがコレ。



    「若葉膳」といういろんな料理が御膳にズラッと並ぶお料理。寿司につけそば、フライに小鉢という組み合わせで、もし足りないようでしたらば白いご飯はお代わり自由でご用意できますという、サービス精神旺盛ぶりにニッコリします。
    ちなみに蕎麦の冷たい蕎麦を熱いつけ汁につけて味わうスタイルで、季節によってつけ汁の実が変わるのですね。冬の今は鴨汁せいろ。
    鶏の脂がおいしく感じる季節であります…、蕎麦もザックリ、歯ごたえがいい。



    握り寿司にフライものというこの組み合わせは割りと斬新。飲食店の調理場の人にいわせれば、斬新というよりちょっと奇抜な組み合わせという。
    けれどフライが天ぷらに変わればとても当たり前。同じ揚げ物なんだか、フライだっていいじゃない…、ってボクは思うのね。同じように思うお客様も結構多くて今日も結構、注文されてた。
    マグロの赤身に中トロ、鉄火。鯛に甘エビ、いくらの軍艦とマグロが好きな東京の人の舌に合わせた盛り合わせ。
    フライはふたつ。ひとつはココの人気のヒレで、串が刺さったもう一方はしいたけフライというのがたのしい。ウスターソースをかけて食べると油の香りもスッキリとして、夜のお腹が軽くなる。


    関連ランキング:とんかつ | 表参道駅外苑前駅明治神宮前駅

    拍手[2回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    九段下の昼 HOME 小腹がすいた木曜日
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]