忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    赤坂見附でランチの時間。ひさしぶりに「やげんぼり」。



    京料理を売り物にした店。赤坂といえばかつては綺麗どころがもてなす料亭が居並ぶ街で、そんなところで京料理。
    はんなりやさしく気さくだけれど、手を惜しまずに作られた料理を背筋を伸ばして味わう。凛とした空気が漂う良き店で、小さな路地に面してある。
    ランチ時にも静かな通りで、のれんを押して入るとそこは、すでに京の佇まい。

     


    靴を脱ぎ、どうぞと案内された先には大きな座敷。
    カウンターの中に厨房。そのカウンターにはお皿が高く積まれてて、その合間から中で作業する職人さんの手元が見える。
    板壁で前後に仕切られた厨房の、奥に火口が集中してて煮物、焼き物が作られる。手前は板場で、板壁に今日の仕入れの魚の名前が並んでる。
    職人さんは軽く会釈をするだけで、愛想なんか振りまかなぬとこが、そのカウンターに座る立場には、ホっと気軽でありがたい。

     


    カウンターには半月盆。
    昼はそこに茶碗に湯のみが伏せられ置かれる。
    大きなお皿に漬物が。大根、キュウリ、茄子にしば漬け、みぶ菜に三つ葉と色とりどりに並べられてて、土瓶にお茶がタップリ入る。
    4種類ほどのメニューから「八坂」なる名前の定食たのむと、小さなお櫃がやってくる。
    ご飯をそこから装うのも、お茶を注ぐのもお客様にお任せします。その分、おいしい料理を気軽な値段で提供しますから…、ってそんなステキなメッセージ。



    使い込まれたひのきのお櫃。何度も何度も洗われ磨かれ、それで表面が毛羽立つようななめらかさ。
    しゃもじも一緒に水をタップリ吸い込んで、中には炊きたてご飯が入る。
    土鍋ご飯がおいしいだとか、釜焚きご飯が旨いんだとかご飯の炊き方にこだわる人が多いけど、実はご飯は適度に湯気を飛ばすことこそそのふっくらをたのしむことができると思う。
    だからこうしてお櫃にうつし、余分な水分をおひつに吸わせる。
    舌にのせるとはらりと散らかるおいしいご飯はこうして出来る…、と思うのです。



    ご飯を装って香りをまずはたのしんでると、今日のメインがやってくる。
    出汁巻き玉子。
    しかもドッシリ、ボリュームたっぷり。おびただしいほどの湯気と一緒にやってきて、お膳の中にストンと置かれる。
    おばんざいがひとつつく。
    今日のは刻んだたけのこに、ふきやゼンマイ、おあげさんをふっくら炊き合わせたもの。お盆の上のどこをながめても、やさしく、気持ちが穏やかになる。



    それにしても出汁巻き玉子のおいしいコト。
    玉子がタップリ、出汁を吸い込み仕上がっている。お皿の上で、自分の重みに耐え切れず出汁がじんわり滲んでお皿が濡れていく。
    箸でひとかけ、サクッと切って口に運ぶと、ジュワリと出汁が流れだす。
    味は薄味。けれど出汁の風味がおいしく、玉子を食べてるというよりも出汁を食べてるという感じがする。
    大根おろしを搾ったところに醤油を足したの、タップリのっけて、ハフハフ食べるとかなりの量があっという間にお腹に収まる。



    ご飯の上にはちりめん山椒。山椒の粒が奥歯で潰れて、軽い痺れが弾き出る。
    おあげがタップリ入った赤だしも、味わいしっかり。漬物カリカリ食べながら、ご飯をパクパク。お腹が満ちる。
    ちなみに夏の季節の料理が「冷や汁定食」。
    隣の人が食べていたけど、ご飯がなんと冷たいご飯。炊いたご飯を氷で洗い、ザルでキレイに水気をとってお櫃に収める。
    あれも絶対おいしいだろう…、と、また来なくちゃって思う今日。


    関連ランキング:京料理 | 赤坂見附駅赤坂駅永田町駅

    拍手[3回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ここも
    こちらのブログで知って、いつか!のお店の一つなのですが、情けないお伺いですみません。初めての人間がお昼に一人でうかがっても受け入れてくださるお店でしょうか?食べたいけれど一緒に行く人がおらず、でもお店の空気に合わないのも申し訳なくて…
    玉子大好きなのでこのだし巻き、心からうっとりしてしまいます
    Marikaさん / 2015/08/05(Wed) /
    気軽なお店
    > Marikaさん
    カウンターが座り心地がよくて、はじめてでも気軽にたのしめると思います。
    できれば2人で行って、違ったモノをたのんで分けたくなるお店ではありますが、そういえばボクもいつもお一人様。
    ぜひぜひ。
    入り口はちょっと入りにくいですが、お店の中はとてもおだやか。気軽です。
    サカキシンイチロウさん / 2015/08/05(Wed) /
    めでたき肉源 HOME せいろう蕎麦にホノルルコーヒー
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]