忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    昼を赤坂…、ひさしぶりに天丼食べようと「天茂」にくる。



    日本橋には「てん茂」と書いて「てんも」と呼ばせるお店があって、ここはテンシゲ。女性の揚げ手が手際よく、天ぷら作ってふるまうお店。
    人気の店です。
    ランチタイムは続々とお客様がやってくる。ボクがいったのが11時40分ほど。その段階ですでに満席。12時過ぎには二回転目のお客様がやってきていて、お店はずっとにぎやか。

    厨房の中で次々、かき揚げ丼が作られる。



    ランチメニューは丼だけで、普通の天丼、かき揚げ丼と2種類がある。
    ほとんどの人がかき揚げ丼。何十人ものお客様がいて、一人ぐらいは普通の天丼をたのみそうなものだけど、今日はなし。
    一度だけ天丼をたのんだ人がいて、その時はお店全体が「おおっ」とどよめいたほど。
    カウンターの中の揚げ場には天ぷら揚げる女主人と、揚がった天ぷらをご飯の上によそおう役目のおばぁさま。
    手鍋の中でタレがずっと沸いていて、揚げたてのかき揚げをそこに浸すと一気に沸騰。湯気がブワッと湧き上がる。



    ジューッと熱い音がして、おいしい景色にもう目が釘付け。
    かき揚げ引き上げご飯に蓋するように盛り付け、そこに柚子の皮。そしてどうぞとやってくる、ずっしりとした思い丼。
    手のひらにのせ、ハフっと食べると口に広がるおいしい油。
    ふっくらとした衣が甘辛タレそ吸い込み、しっとりとしてはいるのだけれど揚がったばかりの香りやサクッとした食感の名残があって、なんとも旨い。
    小エビに四角く切ったイカ。ムッチリとした具材が口に転がるシアワセ。



    鍋に浸したかき揚げが蓄えきれないほどの量のタレをまとって、それをご飯の上にボトボト、垂らしてかき揚げで蓋をする。
    油まじりの丼タレが、ご飯をつきぬけ丼の底にたまるほどにタップリかかってなんとも旨い。
    生姜の香りがさわやかなしじみの赤だしも口をスッキリさせるゴチソウ。
    カウンターをかこむみんなの嬉しげな顔を見ながらハフハフ食べると、一層、おいしさ際立って、お腹も気持ちも満たされる。


    関連ランキング:天ぷら | 赤坂駅溜池山王駅赤坂見附駅

    拍手[3回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    リザラン HOME フユガクルマエニ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]