忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    08 2017/09 10
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    赤坂で昼、鮨兆って店に来る。

    c035a757.jpeg山王坂下からTBSテレビの本社に向かって続くなだらかな坂道の、入り口近くにビルがあり、これがなかなか、旨い店揃いのビルでござるのですね。
    二階に天茂って言う天麩羅の店。
    その一つ上の三階に、寿司屋の鮨兆。
    しかもどちらも昼は魅力的な丼メニューを提供してる。
    かき揚げ丼にバラチラシ。
    どっちにしようかと、迷ってしまうなやましさ。
    今日もビルの入り口で5人組の会社の同僚なんでしょうね…。
    どちらにするかなかなか決まらず、ジャンケンで決めようぜ…、って盛り上がってた。
    ちなみにボク。
    今日ははなからチラシにしよう…、と決めていたので迷わず3階。
    暖簾をくぐって、こんにちは!
    カウンターにテーブル二つの小さなお店。
    お一人様はこちらへどうぞ…、とカウンターの真ん中脇の店の大将の真っ正面のいすをもらった、ちと、緊張。

    10b987c8.jpeg今日はいかがしましょう、と聞かれます。
    メニューは一つだけ。
    バラチラシ。
    ここでは「おまぜ」と呼ばれててだから選択の余地はなく、言うべきことはご飯の量をどうするかだけ。
    少な目、普通、多目、大盛りがその目安。
    そもそもかなり多目のココ。
    普通とお願いして待った。
    カウンターの中には職人さんがご主人含めて3人いて、テキパキ分業体制の元にボクのお昼ができあがってく。

    お待たせしましたとカウンター越しにご主人の手から直にできたてが手渡されます。
    四角いお重。
    そこにギッシリ、シャリに具材がドッサリ詰まって、ズッシリ重い。
    食べる前から、手が充実感を味わう趣向。
    具材は豊富で目にもにぎやか。
    サイコロ大に刻んだキュウリ。
    角切りにした寿司屋の甘い卵焼きに、漬けのマグロに中落ちにトロ。
    イカを糸づくりにしたモノや鯛のハラミのゴリゴリしたのを細く削ってタップリ混ぜる。
    茹でた海老が一匹分。
    最後に小粒のイクラをちらして出来上がり。
    一体どこから食べようか最初は迷う。
    けれどどこから食べでも結局同じように具だくさんとわかって、がさっとまん真ん中に箸を突っ込みムシャッと食べる。

    bd2f4667.jpeg口の中がお魚祭りになる感じ。
    ねっとりとしたマグロの味わい。
    ひんやり舌を撫で回す。
    イカがクニュクニュ、ツルンとしていてハリのある存在感にみちた味わい。
    玉子がフルンとつぶれると、みずみずしさが口を覆ってキュウリがカリコリ。
    軽快にしてさわやかな噛み心地の良いリズムをくれる。
    プチプチ、トビコが奥歯ではぜて、いくらがプチュンと潰れて海のうま味を吐き出し口を潤す…、オゴチソウ。
    とはいえ何より旨いのが、シャリであります。
    ゴマや海苔、カンピョウなどを細かく刻む。
    食感まるで感じぬくらいに細かく刻んで、タップリご飯に混ぜている。
    それらの味や香りが酢飯と一緒に口にやってくる。
    シャリ全体がタップリ空気を含んでて、ふわっと軽やか。
    しっとりしててなのにフワフワって不思議な食感たのしくてご飯だけでもおいしく進む。

    25d0f91e.jpegオモシロイのがこのお店。
    お味噌汁が2種類つく。
    ひとつは白味噌。
    チラシができる寸前に、カウンターの中で大将が「白」ってキッパリ、合図を出す。
    するとアツアツの白味噌椀がやってきて、それを一口。
    ずずっと吸い込み、味わう直後に、チラシがおっかけやってくる。
    具は溶き卵。
    チリチリふわふわ漂う玉子が儚く甘く、出汁の風味がホワッと鼻から抜けていく。
    お腹の中が温かくなり本格的に空腹感じる。
    そこにチラシがやってくる。
    なんてステキでたのしい趣向。

    チラシを半分以上食べた頃、今度はサービスのおばさんが「赤をおもちします」といって赤出汁を持ってくる。
    最初の味噌汁がそろそろぬるくなりはじめる頃。
    そのタイミングで熱い汁。
    ただそれだけでもうれしいのに、一杯目とはまるで違った味に香り。
    エビの頭を使って風味をつけているのでしょう。
    かなり個性的な香りに味わい。
    味わい豊かでにぎやかなここのチラシにまけぬ風味で、おいしい寿司を食べたんだ…、って気持ちがしんみり湧いてくる。
    堪能しました、見事なり。

    fd8f5f9b.jpegゴチソウサマと席をたち、お勘定をするとおみやげ一個。
    小さなどらやき。
    寿司のセットに実は黒蜜で食べるくずきりデザートがついてくる。
    けれどそれはほんの一口。
    おいしい食事をした思い出に、甘いどらやきを持って帰ってくださいな…、って。
    そんなもてなし。
    ボクの先にお勘定して、でてったおじさん。
    そのまますぐに包みをバリバリ破き、ムシャムシャ食べて、あぁ、旨いって。
    連れのおじさんは、会社に帰って秘書に渡してやるんだと…。
    ボクはそのまま、今日会う誰かにおすそ分け。
    そんなつもりでカバンの中に押し込んだ。
    ランチタイムにはちょっと遅めの時間帯…、なのに満席、しかも後からあとからお客様がどんどんやってくる繁盛店。
    決して安くはないけれど、価格以上の価値がある…、それでいいんだと思ったりした、また来よう。



    関連ランキング:寿司 | 赤坂駅溜池山王駅赤坂見附駅

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    お土産
    「お土産にどら焼き」ですかぁ~
    口福な余韻が続きますね。
    annaさん / 2011/09/13(Tue) /
    口福
    > annaさん
    会社にまでもって帰れる幸せな昼。
    ちょっとしたコトなんですけれど、とても気がきいていて、いいサービスですよね。
    サカキシンイチロウさん / 2011/09/13(Tue) /
    どら焼
    ワタシもどら焼のお土産をかばんに入れて持ち帰りました
    結果、潰れて悲惨な姿になってしまいましたが…
    koutagawaさん / 2011/09/13(Tue) / URL
    ボクはめでたく
    > koutagawaさん
    今日の午後。
    誰にこのどらやきをわたそうか…、とそのコトを考えるととてもたのしく、ワクワクしました。
    メデタク喜んでいただける方をみつけて、今日のお昼のおすそ分け。
    嬉しかったです。
    サカキシンイチロウさん / 2011/09/13(Tue) /
    スタバ・串揚げ・〆うどん HOME 世界のコーヒー、BUNの朝
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]