忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    そして会食。とにかく肉のおいしい店があるんだ…、と誘いを受けてやってくる。



    「まるに」という店。
    小さな飲食ビルの中。看板だけがたよりの2階にある店で、もともとは居酒屋だったのでありましょうか。小さな厨房。客席と隔てる壁を繰り抜いて、肉がならんだネタケースと、そこだけみると焼き鳥屋のよう。
    ところがテーブルの真ん中にはガスロースターが埋め込まれ、天井からはダクトがおりる。
    肉を焼いてたのしむお店。
    おいしいところをお任せで…、と何がでてくるかわからない、ワクワクたのしい時間のはじまり。



    まずは肉のたたきのような料理がでてくる。
    赤身の肉を周りだけをこんがり焼いて、中はレアの状態で終わらに並べて、ソースとチーズ。パセリをパラリとちらして食べる。
    今日は経産牛の赤身にしました…、と。
    子供を産んだメス牛ならではの、ネットリとしたなめらかな肉。
    舌にからんで、奥歯をなでて、強い旨みを吐き出しながらお腹の中に入ってく。
    熱々でなく、冷たい赤肉ならではの肉感的なる食感に、ウットリ、お腹がすいてくる。



    焼くための肉がどっさり来ます。
    ミスジだったりクリだったり、あるいはイチボとどれも赤身の、繊維のしっかりした肉ばかりで、焼くとたちまち、肉の表面が汗をかく。
    汗と同時に旨みジュースが滲んできて、それをこぼさぬようにと折りたたみ、反対側を軽く炙って、パクリと食べる。
    日本の肉ってなんでこんなにおいしんだろう。
    旨みに酸味、タレをつけずとも肉そのものがもっている塩味であったり、旨みが口に広がっていく。



    人をシアワセにする味だよね…、とみんなでパクパク。
    分厚いタン元もザクザク歯切れる痛快な味。食べ続けると、みんな笑顔になっていくのがたのしくて、話も弾んでお腹も満ちる。
    なにより赤身のおいしい肉は、食べ進めてもお腹が重たくならないのがいい。
    いくらだって食べられそうで、しかも食べてて飽きぬゴチソウ。
    ありがたい。

    肉の他にも料理をあれこれ。



    肉豆腐ですとやってきたのが、土鍋の中に豆腐一丁。牛肉スープでコトコトしてて上にはタップリ牛すじ煮込み。
    豆腐のさっぱりした味わいが、肉に疲れた舌をなだめる。
    パクチーと牛挽き肉で作ったサラダ。シャキシャキとした食感と、酸味に香りで肉をおいしくしてくれる。
    マカロニサラダやポテトサラダは肉のおいしいお店にあってほしいもの。ポッテリとした芋の食感、クニュクニュとしたなめらかな噛みごたえのあるマカロニの茹で加減もなかなかに良し。



    実はここのご主人はもともとイタリア料理のお店をやっていた。それが不発で、肉を勉強。それで今の店を作ったという人で、だからなんでしょう。
    パスタが旨い。
    牛モツをたっぷりくわえたジェノベゼパスタ。
    ムッチリとした麺の食感に、牛ホルモンの甘みや旨みがまとわりついて、ぺろりと一皿、食べられそうな悪魔なおいしさ。オキニイリ。



    甘いスープの中にたっぷり赤唐辛子を加えて炊いたスープで、ご飯をサラサラ食べる。甘いのに辛くてしかも旨みタップリ。舌が一瞬、どう判断すればいいんだろうとうろたえるのがおいしいスープで、お腹の中から汗をかく。
    そうそう、牛肉だけで作った餃子に新たな発見。
    中国料理というのじゃなくて、もっと遠い異国の料理を食べてるみたいで、例えばコレをヨーグルトソースで食べたら中近東な味になるんじゃないかなぁ…、と想像力をかきたてる。
    この店を焼肉屋さんと思うとちょっともったいないかなぁ…。
    肉のおいしくたのしい食べ方を提案している元気なお店。作り手が惚れた食材、料理を食べるってなんてステキでたのしんだろう…、と笑って食べた。また来よう。


    関連ランキング:焼肉 | 内幸町駅虎ノ門駅新橋駅

    拍手[5回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    無題
    そうですよね。いくら、勉強家のサカキさんとはいえ、東京の店全て回るのが仕事っていうのではないんだから知らないお店だってありますよね。情報交換もお仕事のうちですね!私はいま、後半に向かい、気合を入れたいとこなので、肉たべたい!! (いっぺんは無理なので何回かに分けて食べたい。)
    みやはらさん / 2014/10/24(Fri) /
    行きたいお店
    > みやはらさん
    次々できるあたらしいお店。
    そこを見て回るのも大変なのに、いってあげたい馴染みのお店もどんどん増える。
    胃袋が3つは欲しいところです(笑)。
    サカキシンイチロウさん / 2014/10/24(Fri) /
    シアワセなりなりドトールサンド HOME 塚田農場、鴨そばを売る
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]