忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    打ち合わせを終え、次は会食。ビジネスランチという「あれ」です。



    落ち着いて話をしながら、とは言え深刻になり過ぎない場所。しかもお腹を確実にみんなが満たせる工夫のある店と、考えてくと結局、この店。
    「天壇」という焼き肉の店にくることになる。
    居心地の良い個室感覚のテーブルで、ゆったり時間をたのしめる。
    メインディッシュは焼き肉類から一種類。
    それにバフェがついてきて、息が詰まると立ち上がり、バフェで料理を選んでテーブルに戻ってくるという気分転換が自然にできてありがたい。



    個室に閉じ込められてしまうと息が詰まって、たのしい会話ができなくなったりしちゃうから、こういうシステムはカジュアル会食にはよかったりする。
    しかもココのバフェ。
    サラダにキムチ、ナムルと野菜がタップリで、しかもチヂミや牛すじ肉の煮込みがたっぷり用意されてて、それにご飯で十分、お腹が満たさられるほど。
    新玉ねぎのオニオンスライスにわかめを乗せて韓国風の酸味ダレ。白菜キムチにもやしのナムル、青菜のナムルに青唐辛子のチヂミをとって、シャキシャキ食べる。



    ご飯を少々。わかめにネギにスープを注いでクッパのようにしてサラサラと。
    肉を焼いて、本格的なランチのスタート。
    まずは牛たん。
    ひさしぶりに焼き肉店らしい牛たんとでもいいますか…、薄切りで油で覆われつやつやしているタンをまず焼く。
    ごま油の香りと塩で味わう趣向で、ひさしぶりに食べてみればなるほど焼き肉店でタンを食べるというのはごま油味の肉を食べるというコトなんだ…、とちょっと懐かしく思ったりする。



    肉を2種類。ココの売り物は薄切りロース。
    霜が細かく入った肉で、とは言え肉の旨みがドッシリ、味わい深い。サクッと歯切れて舌にからみつくネットリ具合なかなかのモノ。
    それからもう一種類、ミルフィーユロースというスジの強めの赤肉を薄切りにして何枚か重ねて一緒に焼くというモノ。
    塊で食べれば硬くて、けれど薄くすれば硬さもあまり気にならず、むしろ重ねて食べると適度な歯ごたえがある。甘めのタレをタップリからめて焼くとこんがり。



    その表面がカラメル状に焦げて仕上がる。
    そのまま食べるとちょっと強味。タレの風味が強くて舌が疲れる感じ。それを出汁にくぐらせ味わう。
    かつお節と牛骨のスープでそこに軽い酸味がはいってる。
    だからサッパリ。焦げた香りはそのままに、余分なタレや脂が落ちて、肉の旨みに気持ちが集中できておいしい。
    パクリパクリと味わい食べて、けれど結局、野菜でお腹をやさしく満たす。よきゴチソウの昼となります…、オキニイリ。


    関連ランキング:焼肉 | 赤坂駅赤坂見附駅溜池山王駅

    拍手[1回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    チーズケーキに冷煎茶 HOME
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]