忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    11 2019/12 01
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    四谷でランチ。ひさしぶりに「嘉賓」に来ます。



    広東料理の気軽なお店。食堂風の雰囲気も気軽で明るい。
    平日のランチタイムには近所のサラリーマンが、ランチセットを求めて混雑。日祝日はランチセットがないかわり、何をたのんでも2割引というサービスしてて、それを目当ての近所住まいの人たちで、これまたにぎやか。
    今日もほとんど満席で、厨房の中から次々料理が運ばれてくる。



    メニューをみずとも、食べたいものは決まってて、まずエビの炒め揚げっていうのをたのむ。
    中エビとメニューには表記されてるほどよきサイズのエビにポッテリ、衣をつけて多めの油で炒めながら最後はサクッと仕上げてく。
    衣の表面パリッとしてて、エビはムッチリ。
    塩の旨味で仕上がっていて、玉子の風味とエビの旨味がひきたつゴチソウ。お酢に胡椒をタップリふって、それをくぐらせ味わうと油がスキッと軽くなり、エビの甘みがひきたってくる。



    それからもひとつ…、ここの名物。オイスターソースの和えそばたのむ。
    蒸した細麺をソースで和えただけの麺。
    麺以外の具材といえば、刻んだネギがパラリパラリと混ざるくらいで、ムッチリとした麺を味わいためのお料理。
    細い。熱い。なのにバッサリ歯切れ痛快。
    口の中で散らかる食感、にぎやかでたべはじめると止まらぬおいしさ。



    これにお粥をあわせて食べるのがここ流で、平日ランチにはそういうセットも用意されてる。
    さらさらとしたお米で作ったスープのような中国の粥。
    ピータン粥やら鶏粥やらと、具材が豊富に揃ってて、中でも一番好きなのが牛肉の粥。牛もも肉に味を揉み込み、小麦粉をつけて茹でて加える。表面すべすべなめらかで、噛むとクチャっと潰れて肉の旨味がにじむ。
    おかゆをハフリ。それからオイスターソース味の麺をむしゃっと食べて再びお粥で口から喉を潤してやる。



    空芯菜を炒めてもらってシャキシャキ食べる。
    ニンニクをタップリくわえて仕上げてて、だからまるでペペロンチーノのような味わい。鶏の脂をくわえて仕上げているのでしょう…、葉っぱひとつひとつがツヤツヤしてて、塩の旨みが引き立ち仕上がる。
    噛むとトロリと粘り気も出て、なんとおいしい。オキニイリ。
    お粥と一緒に食べるとまるで香港の下町食堂で朝を食べてるみたいな気持ちにしてくれる。
    お腹もやさしく満たされて、遠回りして散歩気分で帰りましょう。


    関連ランキング:広東料理 | 四ツ谷駅四谷三丁目駅麹町駅

    拍手[1回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    野菜をモリモリ食べる夜 HOME 四月の魚
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]