忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    仕事の仲間と肉で会食。赤坂にある「肉源」にくる。



    最近、開店したばかりの肉のレストラン。カジュアルなステーキハウスのようなしつらえで、なのにテーブルにはロースターが埋め込まれ、ステーキも焼肉も味わうことができるという、自由な発想に感心したモノでありました。
    ただ、1度目の熱狂が、二度、三度と来店を重ねるごとにほどよき熟成に向かっていくのか。それとも覚めて、なんであんなに熱狂してしまったんだろうと自戒をもって突き放すのか。



    お店の本領というのは大抵、2度目に発揮されるもの。それでワクワクとドキドキを半分づつ胸にいだいてやってきたわけであります。
    ワインセラーの中を通ってお店の中に案内されるという、入店動線のドラマティックで巧みなことには、2度目も感心。
    1460円でほぼなんでも選べるという飲み放題を選んでグビグビ、飲みながら野菜を食べる。パクチーサラダにネギのサラダと、食べてるうちにどんどん肉が食べたくなってくるよな野菜でお腹の中をウォームアップする。



    まずはステーキ。和牛のカイノミを塊のままこんがり焼いたの。見事なレアで、にくらしいほど肉々しい。
    ウェットエイジングを売り物にしている店ではあるけれど、結局、おいしきゃいいわけで、そういう意味でこの空間に座るとそういう面倒なコトを頭が棚上げしてくれる。だからたのしい。
    ロースターに火をつけて、ベリーレアな肉を自分の好みに焼いて味わえるところもステーキハウスにないオモシロさ。



    それからプルコギ。厨房の中で炒めて仕上げてやってくる。
    野菜にキノコ。牛肉、蜂の巣と具材さまざまで、すき焼き風の味になっててところどころに青唐辛子が潜んでる。
    それがときおりビリリと舌をさすたのしさで、お酒がすすむ大人のゴチソウ。
    葉っぱ野菜をたのむとサンチュやエゴマに混じってルッコラ。口の中が朝鮮半島とイタリア半島の間を行ったり来たりするのもオモシロイ。



    そして焼肉。
    感心するのが厚切り牛たんのおいしいコト。まずツヤツヤと色っぽく、焼いても決して痩せずムチュンと食感たのしい。
    ザブトンやいて、葉っぱ野菜でくるんで食べると、ザクッと歯切れて脂がジュワリと口いっぱいに広がっていく。
    肉をむさぼるにふさわしいのはステーキで、けれど肉をたのしむとなると焼肉の多彩と自由に軍配があがるんじゃないかとココで、その両方を食べると思う。
    その両方がたのしめるって、なんとシアワセ。ありがたい。



    コロンとキレイな丸腸焼いて、プチュっとはぜて口いっぱいに牛の脂が噴き出すたのしさ。
    ヒヤッと一瞬、口の温度が下がって感じ、けれどたちまち脂の旨みで気持ちが熱くなってくる。体に悪いものってなんでこんなにおいしく感じるんだろう…、ってうらめしいかな、オゴチソウ。
    上ミノはシャキシャキ歯切れて、それがトロリととろけるおいしさ。
    お名残惜しくも、そろそろ〆に向かいましょうかと、クッパをたのむ。



    爆弾クッパというモノで、握りこぶし大のご飯で作ったボールを焼いた石窯にいれそこにスープを注いで仕上げる。
    スープを入れた直後は小さな泡がフツフツ湧く程度。それの泡が徐々に量が増えて一気に鍋の表面を覆って湯気を噴き出していく。
    ご飯の爆弾を箸で壊すと、中から野菜にキノコに鶏肉。
    なるほど、これってサムゲタンが裏返った料理なんだね…、鶏のお腹にもち米を入れて炊くのを逆にしてるワケ。これなら手軽な値段でおいしく味わえる。
    たのしい工夫にニンマリします。



    さすがに平日の夜のこと。お店の中は7割方というほどよきニギワイ。
    その分、サービスの行き届くこと、感心します。飲み物がへりはじめると、お替わりいかがとやってくる。
    飲み放題の本質は「注文し放題」というコトで、なのに注文を取りにこないお店がほとんど。注文してもすぐに運んで来ないお店も多いなか、先回りして注文させてくれる配慮がいいなと思った。
    お腹に余裕がございましたらアップルパイなどいかがでしょう…、とすすめられてたのんだパイは男5人が分けて丁度のボリューム感で、気持ちが熟成されました。


    関連ランキング:焼肉 | 赤坂駅溜池山王駅赤坂見附駅

    拍手[2回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    無題
    サカキさんの初訪のエントリ見て、行ってみました<いつも参考にさせて頂いています、ありがとうございます。

    この価格帯・コンセプトのお店にあってミノも上質で美味しく、使い勝手も楽しく、アップルパイまで楽しく戴きました!
    私も今週また二回目行って、熟成させてきたいと思います(笑)
    Eikoさん / 2015/05/12(Tue) / URL
    そうなんですね。
    > Eikoさん
    変なこだわりがなく、肉でお客様をたのしませようとする軽やかなコンセプト。
    使い勝手がいいですよね。
    今度は誰と、どういう機会で使ってみようかと今からたのしく思案してます。
    サカキシンイチロウさん / 2015/05/12(Tue) /
    寿司清、漬丼、切り落とし HOME リゾットにくまさん
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]