忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    富山からおいしい仲間がやってきて、韓国料理の話題のお店を視察する今日。
    まずは赤坂に最近、できたばかりのお店にきます。

    pk.jpgプロカンジャンケジャン」という店。

    ケジャンっていう、ワタリガニを醤油漬けにしたモノ。
    韓国料理店の酒のつまみのような感じでおかれることが多いけれど、あくまでサイド。
    真剣においしくしようってお店はあんまりなかった。
    巨牛荘っていうプルコギ屋さんがあって、そこのケジャンが真面目でおいしい。
    でも、他のお店ではあんまり好んで食べたりしない。
    生のカニを使って作る。
    一度、これでポンポン壊して大変な目にあったコトがあり、どちらかといえば警戒心が発令されちゃう食べ物でもある。

    けれどココ。
    そのケジャンをメインに扱う専門店。
    どんどん専門化していく韓国料理店の中でもかなり異色のニューフェイス。
    お店に入るとかなりお洒落な店作り。
    和紙のボンボリや壁の意匠と女性を意識した造り。

    0e7f5976.jpegもともとこの場所。
    高級韓国クラブのあった場所。
    今でも、この店以外のビルのテナントはクラブばかりで、エントランスからして高級感が漂っている。
    韓国料理のレストランの立地としてもかなり異色で、でもその上等な場所の雰囲気を上手にいかした雰囲気作りに成功している。
    いいんじゃないかなぁ…。

    韓国料理店がよくつかう金属製の食器もここでは真鍮製。
    重たくしかも色つやもよく、日本でこんな食器を使ってるところは他にあまりない。
    おかわり自由という最初のおかず。
    ほどよく使って磯の匂いとうま味の強い白菜キムチにグリーンサラダ。
    モヤシのナムルに茹でキャベツ。
    この茹でたキャベツが甘くてシャキシャキおいしくて、口の中がみずみずしくなる。

    さてメイン。

    c3aa568e.jpegカンジャンケジャンというここの名物。
    生のワタリガニ。
    そのツヤツヤとしたつややかな姿にウットリ。
    瀬戸内生まれのボクにとって、カニといえばイコールこのワタリガニってほどに好物。
    ほぼ年中食べることができるこのカニも秋から初冬にかけての今が、一番の旬というコトでもあり気持ちが否が応にでも盛り上がります。
    腹の部分にウチコがタップリ。
    オレンジ色でトロンとなめらか。
    手づかみにして、カプッといきます。

    クシャッと殻が軽く潰れて中からジュワッと醤油のうま味が滲み出す。
    それに混じってカニのうま味。
    甘みと海の香りが一瞬にして口いっぱいに広がっていく。
    チュチュっと吸うと、トゥルンとカニの身が外れ口に向かって飛び出してくる。
    なめらか。
    そしてやわらかで、ムチュンと舌を滑って消える。
    その呆気無さにオロオロしながら、再びチュチュっと吸い込むとカニの身のジュースが口にやってくる。

    5e09007b.jpegあぁ、旨い。
    生のカニならではのネトっと歯茎に貼りつく食感。
    舌先つかって口の隅々なめまわし、うま味をもれなく集めて味わう。

    ご飯が来ます。
    カニの殻にたまったタレを、ご飯にバサッとかけて混ぜ、味付きご飯を今度は殻に戻して混ぜる。
    殻にこびりつくカニのうま味を一滴残らずご飯に移し、ウチコをのっけハフっと食べる。

    あぁ、なんというコトでありましょう。
    舌にパラパラ、転がる飯粒。
    そのひとつひとつにカニの味がもれなくついて、まるでカニの味が口中とびちるような騒々しくておいしいご飯。
    ワカメスープで口を洗って、再びご飯を口に含むと、カニのうま味がより新鮮に感じられてウットリします。
    みんな無言でただただ食べる。
    カニは人を無口にさせる。
    カニある食卓は静かでけれど、熱気に満ちてシアワセなモノ。
    あっという間にお皿の中は空っぽになり、かわりに殻入れバケツが一杯。
    カランカランと、殻が飛び込む音がする。
    お替りしたいなぁ…、って思う程度で終えるのが、大人の食事。
    そう我慢して、食事を終える。
    なんだかこの店、オキニイリ。

    それにしても赤坂という街。

    akasaka.jpgかつては料亭、高級レストランの街だった。
    東京に住む外国人には「ハイライフのためのスリーA」って言うキーワードがあったと言われる。
    住むなら麻布、買い物の青山、食事の赤坂。
    その三つの街の頭文字をとってスリーA。
    世界中のおいしい料理を楽しむコトができた、グルメな街がこの赤坂ってことだったんだけど、今は随分様変わり。
    料亭はほぼ死に絶えました。
    高級レストランは銀座や六本木に立地を変えて、すっかり数が減っちゃった。
    バブルの象徴の赤プリも、とうとう閉館…、建て替えになる。
    元気があるのは韓国料理のお店でしょうか…。
    しかも近所にサムスンの日本支社があるってことも手伝って、大久保や上野と違った「日本に住んでる韓国ビジネスマンのためのレストラン」が集まっていて、他の街にはない専門性が感じられてオモシロイ。
    日本にくらべて元気な韓国。
    そのエネルギッシュが赤坂の街を変えていくとしたらばステキ…、ちょっと注目したいなり。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    蟹 カニ かに
    美味しそうな蟹ですね~
    でも、ワタリガニは生でも大丈夫なんですか?
    上海蟹には、ベルツ肺吸虫ってヤツがいて、活きたまま人体に入ると肺気腫になるなんて言いますが・・・
    koutagawaさん / 2010/11/23(Tue) / URL
    無題
    韓国料理、結構好きですが、ケジャンは食べたことがありません。
    ちょっぴり興味津々です!
    でも、koutagawaさんのコメント気になります…。
    lovekuma69さん / 2010/11/23(Tue) /
    生の蟹
    > koutagawaさん
    ワタリガニや上海蟹。
    たしかに中に最近や虫が混入しているコトがある…、と言いますが、まぁ、それはそれ。
    すべての食品には悪さをするものがいて当然。
    例えば牡蠣もそうですしね。
    鮮度が高く、しかもきれいな水の中でしばらく飼うことでそうしたリスクを最小限に留めることができるとも言います。
    とはいえ、食べ過ぎはご法度でしょうけれど。
    サカキシンイチロウさん / 2010/11/23(Tue) /
    おいしかったです。
    > lovekuma69さん
    おいしかったですよ。
    かなりクオリティの高い蟹。
    けれど単純にケジャンということで考えれば、巨牛荘に勝る物なしと思いました。
    サカキシンイチロウさん / 2010/11/23(Tue) /
    無題
    巨牛荘、行ってみたいのですが、六本木がちょっぴり苦手で…。
    でも、ケジャンが美味しいのなら、行ってみたいですねo(^▽^)o
    lovekuma69さん / 2010/11/24(Wed) /
    ノット六本木
    > lovekuma69さん
    ボクも六本木は苦手。
    それに巨牛荘は六本木よりも、三番町のお店の方が、気軽でおいしいのです。
    ですからぜひ。
    サカキシンイチロウさん / 2010/11/24(Wed) /
    無題
    三番町にもあるんですね。六本木しかないと思ってました(^o^;
    機会があったらぜひ、行ってみます!
    lovekuma69さん / 2010/11/24(Wed) /
    古ぼけていてナイス
    > lovekuma69さん
    三番町のお店はほのぼのした雰囲気でいいですよ。
    特にお花見の季節。
    千鳥ケ淵で夜桜見物をして、そのあとプルコギ。
    たまらんです。
    サカキシンイチロウさん / 2010/11/24(Wed) /
    フーターズ HOME ビーフン、雲呑、チャイナな朝
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]