忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    昼、赤坂の街を歩いた。で、アジヨシ・イチキュウゴヨンっていうラーメンのお店の前にきて、おやまぁ、やっぱりと写真を撮った。



    それというのもこのお店。幸楽苑が期間限定でやっている店。メニュー3種類、値段は高めの830円という、安売りチェーンが自社の製品をどれだけ上等に提案できるかをチャレンジした店。
    …、だったのだけど、あっさり1ヶ月ほどでメニューの種類は倍増し、値段も600円程度にレベルダウン。
    やっぱり通用しなかったんでしょう…、それを「第二章始動」って堂々と言えるところがスゴイと思った(笑)。必ず近々、第三章がやってくるはず。笑っちゃう。


    関連ランキング:ラーメン | 赤坂見附駅永田町駅赤坂駅



    で、昼ご飯を「天壇」にする。京都出身の焼肉店で、何度もくるもいつも昼だけ。夜は一度も来たことがないという店なのです。



    それというのも、昼間のお値ごろ感がとても高いから。
    お店の中にバフェコーナーが作ってあって、そこでサラダやキムチにナムル。チヂミやスープに韓国惣菜が並んでる。
    そのひとつひとつが見事な出来栄え。
    シャキッと辛くて酸味控えめなキムチであったり、台湾緑豆春雨を使ったホツホツした食感のチャプチェであたったり、お酒が進む料理が多くてアリガタイ。



    そのサイド料理を食べながら、肉を焼くのがたのしくて、しかも肉もそれぞれおいしい。
    何よりロースの赤身、脂身のバランスよくて旨いコト。甘めのタレを揉み込んだのをこんがり焼いたら牛骨スープにくぐらせ食べる。余分な脂がスープに移って、サッパリとしたおいしさになる。
    だからご飯のおかずというより、そのまま食べておいしくて、それで惣菜バフェのような工夫がとてもありがたい。牛タンも分厚く味がドッシリしてる。



    なによりココのランチで一番たのしみなのが、バフェに並んだ牛肉煮込み。硬くて焼いただけではおいしくはない部位をザクザク切り分けて、ジックリ煮こむ。醤油の風味でドッシリ味で、口にふくむとクチャリとほぐれる。
    牛骨を丁寧に煮てとったスープをご飯にかけて、わかめをタップリ。そこに煮込んだ牛肉をいれてサラサラ。お腹を満たす。
    よきサービスに、のんびりできる個室空間。使い勝手のよいお店。


    関連ランキング:焼肉 | 赤坂駅赤坂見附駅溜池山王駅



    そして夜。家で野菜の料理を作る。



    上等ないちじくが手に入り、それを使って生ハムいちじく。
    生ハムに軽くオリーうオイルをまとわっせて、それからクルンといぢじくくるむ。色とりどりのペパーをちらして、パクンと食べるとなんたるおいしさ。どちらもネットリした食材で、それがまじって口でとろける。
    いちじくのプチプチはぜる小さな種に、まったりとろけるハムの脂の香りもふくよか。ハムの塩味がいちじくの甘みを引き立て、ためしにいちじくだけを食べたけどやっぱり生ハムいちじくがおいしく感じる。オキニイリ。



    ホワイトアスパラガスを茹でて冷ましておいたモノ。
    同じく茹でた玉子をつぶして、サワークリーム混じりのマヨネーズで和えたサラダに熟したアボカド。
    バジルと一緒にオリーブオイル漬けにしたトマトを一緒に盛り付けて、それらそれぞれの持ち味たのしむ。アスパラガスの軽い苦味が春の味。
    豚バラ肉を脂がこんがりなるまで焼いて、モヤシと一緒にジャジャっと炒める。焼きそば用のソースで味を整えて最後にタップリかつお節。麺なし焼きそばみたいな味で、シャキシャキとてもみずみずしい。お腹もやさしく、満たされた。

    拍手[2回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    醤油をカレーに垂らす朝 HOME シグナル
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]