忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    11 2019/12 01
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    そして夜…、日本橋界隈で野暮用を終え、家に帰る途中で一杯!
    京橋の地下鉄の駅改札からつながっている東京スクエアガーデンっていうオフィスビルの地下にあるレストランフロアの中の一軒。
    ぶーみんヴィノムという店にくる。



    豚肉料理とワインを気軽にたのしめる店。ランチに一度来たことがあり、機会があれば夜にも来なくちゃと思ってた。
    ほどよく上等なワインを一本。それに合わせて料理をあれこれ。
    キッチンの前のテーブルもらって、キビキビそこで料理ができる様子をみながらまずは乾杯。
    アミューズ代わりにキャベツが来ました。軽く蒸焼きしたシャキシャキ食感たのしいキャベツがペペロンチーノ味に仕上る。ピンクペッパーの香りと風味が鮮やかでキャベツの甘味も鮮烈でよい。



    オレンジのみずみずしさと一緒に味わうキャロットラペもシッカリとした味わいでワインがすすむ。
    そもそもココの料理はどれも、ワインがおいしいようにできてる。
    塩の加減がいいのですね。これ以上、使うと塩辛くなってしまうギリギリのとこまで使って、しかもスパイス使いも上手。
    フレンチフライなんて、揚がり具合もサクッと見事で食べ始めると止まらない。

    それから豚肉使った前菜料理の盛り合わせ。



    豚のリエット。ネットリとした脂の旨味がカリカリに焼いたバゲットの前歯で砕ける食感と混じりあって口いっぱいに広がっていく。
    ブータンノワールはデミグラスソースを固めたような味わい。
    豚のテリーヌは、コッテリとした内臓臭が鼻から抜けて、ワインをねだる力強さにウットリします。
    生ハムだとかサラミだとかをつまみにしながら、オリーブの実の酢漬けで口をサッパリさせる。そしてメインのトンテキがくる。



    分厚い豚肉。脂のほどよくのったところをこんがり焼いて、切り分けたモノ。
    その断面には脂がにじんで、テカテカ光る。焼いてしばらく休ませて、肉の旨味を中にシッカリ閉じ込めたからなんでしょう…、ナイフを当てた手に伝わってくる感触は、カチッとしていてたくましい。
    これも塩の風味がしっかり、肉の旨味をひきたてて、噛むとムッチリ。繊維と脂が歯茎にからみついて味わい肉感的。
    水菜に豆苗をサイドにつけて、グリーンペパーの緑の風味も豚の甘みを引き立て旨い。考えてみれば昼も豚。夜も豚です、豚になる(笑)。


    関連ランキング:ワインバー | 京橋駅銀座一丁目駅宝町駅

    拍手[4回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    スパイラル HOME いちにぃさん
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]