忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    夜、ゴキゲン会食。アメリカ生活の長い人たちで集まって、西海岸的なたのしみをとメキシコ料理のお店を選ぶ。



    TORO Tokyoというコリドー街にあるお店。
    1階部分はカジュアルなバーレストラン。2階はオープンキッチンのちょっと落ち着いたダイニングレストランという使い勝手のよい店で、今日は2階でユックリたのしむ。
    まずはカリフォルニアらしい飲み物で乾杯をと、ピニャコラーダやダイキリをフローズンで作ってもらい、お腹をひんやり、キリッとさせる。



    それにしてもメキシコ料理がブームの兆し。なにしろ渋谷に再上陸したタコベルは連日行列。
    アメリカの友人にそれを話したら「世界中でタコベルなんかに行列をするのは日本人だけ。他に食べるべきおいしいモノが日本にはたくさんあるだろうに」って、呆れ返って笑われたって(笑)。
    たしかにタコベルに行ってみたいけど、行列してまでってお店ですもん。落ち着いたらばみんなで行こうよ…、っていいつつ今日は一足先にリュクスなメキシコ料理をたのむ。



    ブルーチーズにダイスカットをしたチキン。ロメインレタスにオリーブ、トマトを細かく刻みチーズドレッシングで味わう素性正しきレシピ。
    コリアンダーやハラペニョがエキゾチックな風味をそえて、お腹がグイーンっと太平洋を越えていく。
    サワークリームにサルサソース、歯ごたえ確かなタコミートをタップリのっけたナチョスをつまむと、ピニャコラーダがグイグイすすむ。

    それからファヒータ。



    鉄板の上でジュウジュウ、野菜や肉を焼いて提供する料理。

    アメリカにいて、こういう熱々の料理はとてもめずらしく、特に焦げた野菜の香りが鉄板焼きを思い出させる。ちょっと日本のファミレス料理のようにも思えて、かなり重宝していた料理。
    エビかチキンを選べてチキンを選んでたのむ。甘辛味のちょっと照り焼きソースで焼いた仕上がりの鶏の胸肉。サイドにタップリ、フェジョアーダ。



    豆をビーフブイヨンで煮込んでマッシュしたモノで、それをトルティアにのっけてサルサやサワークリーム、ワカモレを好みでのっけてくるんで食べる。
    フラワートルティアのスベスベとした食感と、ムッチリとした歯ごたえが中のチキンのしっとり感をひきたて旨い。
    手づかみにして食べる料理は、会話やお酒をすすませる。



    このトルティアでカニのほぐし身をタップリくるんで、トマトソースやチーズと一緒に煮込んで仕上げたエンチラーダス。
    とうもろこしの粉で作ったソフトなトルティアで、フライドフィッシュを挟んだタコスと、メキシコ的なる料理を堪能します。
    このフレーバー。このスパイス、そして食感。ニホンテキでは絶対になく、ヨーロッパ的でもアジア的でも、不思議なコトにアメリカ的でもないステキ。また来ましょうと思うなりなり…、オキニイリ。


    関連ランキング:メキシコ料理 | 日比谷駅銀座駅有楽町駅



    ところでコレ…、アメリカのタコベルの商品をメキシコの人が食べたらどんな感想を持つのかっていうビデオなんだけど、オモシロイ。



    万人受けしておいしいのかもしれないけれど、これはメキシコ料理じゃないよねっていうのがおおかたの感想で、特にタコスが小麦粉のトルティアで作られるというところにかなりの抵抗があるみたい。
    つまり「あくまでメキシコ風のアメリカ料理」=タコベルっていうコトなのでありましょう。
    日本にも「イタリア風の日本料理」=サイゼリヤなんて例もあるから、それはまたそれって思ったする。オモシロイ。

    拍手[3回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    待ってました。
    久々に行きたいお店❗️
    フローズンカクテルいい感じですね。
    富山に中々にないコリアンダーいいですねえ〜^_^
    でも 僕はメキシコ料理わからないんですよね〜(笑)

    変わり者ミダさん / 2015/05/04(Mon) /
    たのしいお店
    > 変わり者ミダさん
    今の東京らしいお店。サービスもしっかりしていて、なによりエキゾチックなここに来ないと食べることができない料理が沢山揃ってます。
    東京。
    お待ちしておりますぜ!
    サカキシンイチロウさん / 2015/05/04(Mon) /
    日曜の夜 HOME ベトナム経由アメリカの旅
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]