忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    京橋でちょっと時間ができたもので、行きたかったお店に歩く…、10分ほどの一駅散歩で日本橋。



    赤木屋珈琲というお店があって、ひさしぶりに行ってみたくて。
    それというのもまもなくこの場所、このビルが再開発で建て替えになる…、日本橋の高島屋を中心としたかなり大掛かりなプロジェクトで、だからしばらくココのコーヒーが飲めなくなっちゃう。
    それまで何度か来ておきたくて、それで来ました。
    ビルの1階と2階を使ったセルフサービスのコーヒーの店…、大きな焙煎機が吹き抜け部分に置かれてて、お店に入った途端にコーヒーのおいしい匂いに包まれる。



    さて、今日は何をいただきましょうか…、とメニューをみたら、プレスコーヒーに目が留まる。
    豆そのものの風味や味を一番素直に味わうコトができる飲み方。
    けれどその分、豆の雑味や欠点も一緒に飲めてしまうから、本当においしく新鮮な豆でなくてはたのしめない。
    ココの店なら、失望させられることはないに違いないとお願いしたら、どんな豆がお好きでしょう?と。
    酸味がおいしいコーヒーが好きなんです…、って言って選んでもらったのが、ケニアでござった。

    ボダム社製のポップなフレンチプレスマシン。



    しかも蓋の部分にタイマーがくっついていて、飲み頃時間になるとピピッと知らせてくれる…、黒いカップをソーサーの上に伏せてどうぞとオレンジ色のトレーと一緒に手渡されると、テーブルの上がポップな色で元気になってく。
    ピピッと鳴って、プレスして、そっと注ぐとプレスコーヒーのくせして驚くほどに透明、粉で汚れぬカップの中にまずはウットリ。
    味わい豊かでふくよかな味…、イメージ通りに酸味が最後にキリッと味をひきしめて、苦味も甘みもやさしい印象。
    時間が経っても雑味が出ない。上等な味にホッとしました。オキニイリ。

    居心地よくって結局長居をしてしまい、おかわり代わりにラテをもらった。



    いやはや、おいしい。
    ポッテリとした泡の食感もさることながら、豆の風味がすばらしい。
    アーモンドっぽい香りがあって、あまくてなめらか。ミルクの甘みや旨味もシッカリしているくせに、豆の味わいを損なってない。

    気のいいスタッフがキビキビニコニコ働いている…、もともとこの店、証券業を本業でけれど長引く証券不況を期に2012年に証券業から完全撤退。
    本社の場所を使ってコーヒー専門店の運営会社になったという変わり種…、だから今でもビルには赤木屋ホールディングスと看板がでていて、それもまもなく無くなっちゃうかもしれないなんて、なんて寂しい、また来よう。


    関連ランキング:カフェ | 日本橋駅三越前駅茅場町駅

    拍手[3回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    キッチンステージ・マルディグラ HOME グレースの朝
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]