忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    08 2019/09 10
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    ランチを終えて、銀座をブラブラ。連休最後の日というコトもあってでしょうね、いつもよりもちょっと静かででも相変わらず中国からの観光客の多いこと。
    連休合間の繁華街は、まるで日本じゃないようで海外旅行をしてるみたいな気持ちになれた。オモシロイ。



    甘いものでも食べましょう…、と「麒麟」という店。
    ビルまるごと一本が中国料理のお店というココ。気軽な値段で、しかもフロアによってはタバコが吸えるというのもいいのでしょうね…、近所の小売店の人たちの格好のランチの場所になっている。
    その一階がカフェになってて、今年の夏は台湾かき氷を目当ての人で混雑してた。
    氷が終わって通常モード。のんびりとした雰囲気の中でお茶を飲みます。



    野生普洱茶というのがあって、それをもらった。
    四角いお盆に茶器が並んでやってくる。小さな茶碗に急須に茶葉を入れた木のスプーン。ポットの中に熱々のお茶。
    急須に茶葉を全部入れ、最初は急須に半分のお湯。茶葉が開きやすいようにして砂時計が半分ほども落ちたところが飲みごろという。
    ズッシリとした旨みにひねた香りが特徴。二戦目からはタップリお湯を急須に注いでフウフウしながらコクリと飲んだ。ホっとする。



    友人が冷たい甘味を食べたいと、それでペリカンマンゴーを使ったマンゴープリンをためす。
    ムッチリしていて、ポッテリでもあり、舌にのせるとズッシリ重い。
    重いくせしてしばらくすると、フルリととろけて口いっぱいにマンゴーの酸味と甘み、旨みに香りが広がっていく。
    甘味というより甘酸っぱい食事をしている感じさえする充実感。

    揚げカスタードというお菓子があって、それはなんぞや?とたのんでみます。



    拍子木状に揚がった黄金色した物体に、パラリとかかった胡麻砂糖。黒砂糖にすりおろした胡麻を混ぜたお砂糖。油の香りと一緒に胡麻の香りがフワリと漂う。
    で、食べてみると、これがビックリ。
    サクッと歯切れて中はトロトロ。フレンチトーストのような味わい。これは一体何モノですか?とお店の人に聞けば「固めたカスタードを揚げただけです」と。
    おそらく粉を多めにくわえてモッチリさせたカスタードを、この形状に切り分け揚げて作ったのでしょう。ネットリとした揚げカスタードの食感に、胡麻が潰れる食感が混じってなんとも味わい深い。ハマってしまった…、オキニイリ。


    関連ランキング:中華料理 | 銀座駅東銀座駅日比谷駅

    拍手[2回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    フレンチトーストも
    揚げたら美味しいのかしら。
    材料は卵にミルクにお砂糖…パンは小麦粉。全く同じですよね。
    あっ、でも朝から揚げ物はおなかにしんどいかしら(笑)。

    お隣といえど、外国のお菓子はいろんな発見があって楽しいですね。
    ごま砂糖というのも珍しい。日本だとお砂糖混ぜたきな粉ということになりますか。
    明日のフレンチトーストはチーズとハムで塩味のクロックマダムスタイルにしようと思ってたのに…猛烈にきな粉に心が傾いちゃいました(笑)。
    RHEIAさん / 2015/09/25(Fri) /
    いろんなたのしみ
    > RHEIAさん
    ボクはいくつかの作り方でフレンチトーストをたのしみます。
    例えばタップリのミルクで薄めに作った卵液にパンを浸してグイグイ揉み込む。パンの生地がこわれるんですけれど、それを焼くとトロトロの食感になってくれて、蜂蜜なんかとすごくあう。
    逆に少なめのミルクで割った卵液に漬け込んだパンをジップロックに入れ空気を抜いて冷凍庫へ。
    食べる前に1時間ほど自然解凍するとパンパンにふくれてパンペルデュのようになってくれます。
    いろんな作り方を考えてためすのもたのしいですね。
    サカキシンイチロウさん / 2015/09/25(Fri) /
    週末、連休、こんな日々 HOME ウィナムキー
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]