忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    浅草界隈を歩きまわって、そろそろ次の街に移動をしましょうか。でもその前にちょっとお茶でも飲みながら今日ここまでのまとめをしましょう…、と。



    それで「アンヂェラス」という洋菓子店にやってくる。
    喫茶室をもった洋菓子店というこの存在…、かつて東京の街には沢山あって、けれど一時期、カフェとかセルフのコーヒーショップに置き換えられた。
    残っているのは地元の人に愛されている実力派だけって感じの現在。貴重なお店のひとつであります。
    ヨーロッパの山小屋風の造りのお店。入り口入るとケーキが並んだショーケース。吹き抜けを取り囲むように2階、3階と喫茶室という贅沢さ。



    禁煙フロアの2階にあがって、ココの名物のダッチコーヒーをアイスでたのむ。
    水をポタポタ挽いたコーヒー豆の上にお水を落として、ゆっくり水にコーヒーの味や香りをうつす。
    やわらかで、なめらかなのに香り高い。昔の人はこれにハイカラだとか、異国趣味を感じて飲んだに違いない…、ってニッコリします。

    お供にサバリン。



    一般的にはサヴァランと呼ばれる仏蘭西菓子がココではサバリン。アルファベットで綴ると「savarin」。inはフランス語ではインではなくてアンと読み、だからサヴァランなのだけど、かつての人はローマ字読みしてサバリンと、それがそのまま今でもずっと受け継がれてる。
    なんだかステキ。しかもかなり大きなスポンジに、ドッシリ重みを感じるほどにタップリリキュールを吸いこませ、スプーンですくって食べると口がみずみずしくなる。アルコール分がかなり強くて、飲めない人は酔っ払うほど。



    しかも甘くて、ホイップクリームもポッテリ大量。
    甘い。なのにしたたか酔っ払うという、左党と砂糖が同時に口にやってくるお菓子でもある。容赦の無さが昭和でござる。
    お酒でほてったお腹と頭を、ダッチコーヒーで冷やしてリセット。
    シャリシャリ細かな氷がグラスを冷たくし、さてさてこれからどっちに向かっていきましょうか…、と相談しながらぼんやりす。


    関連ランキング:喫茶店 | 浅草駅(東武・都営・メトロ)浅草駅(つくばEXP)田原町駅

    拍手[6回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    視察の〆に立喰の寿司 HOME 浅草、尾張屋、蕎麦のち麦とろ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]