忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    東京駅から移動の前に、ランチを近所でと、それで「吉野鮨」。



    日本橋の高島屋の裏、ちょっと脇。表通りの一本裏。車の通行量も少なく周りはほとんどオフィスビル。にもかかわらず、ランチ時にはそのオフィスビルの人たちがあふれる活気のある通り。
    ビルの一階。渋い暖簾がたなびく、いわゆる普通の寿司屋らしき佇まい。この「普通らしさがいいんだよ」と、友人に薦められて前から来たいと思っていた店にやっと今日。さぁ、入りましょうと扉に手をかけ、ハッとする。



    白木の扉が見事にキレイに磨かれていて、角がくるんと丸まっている。
    サンドペーパー。それも極めてメッシュの細かいモノで丁寧に磨き上げられ、それで角が丸まった…、そんな感じのなめらかさ。
    こういうお店にはずれはないぞ…、とガラリと扉を開いて中に。



    10人ほどが座れるほどよきカウンター。ネタケースにはキレイに仕込まれ、キラキラしているネタがずらりと並んでて、職人さんが3人、テキパキ仕事をしてる。
    おいしい料理を作る人。
    たいてい、小刻みに体を揺らしてリズムを刻む。
    料理は「腰」と「手首、足首あるいは関節」でおいしく出来て行くのかなぁ…、ってウットリ見ながら料理を待ちます。



    3000円のランチの中でも一番上等なにぎりをもらう。木の下駄の上に、ズラリと見事な鮨がならんでやってくる。
    マグロの赤身にトロにイカ。鯛にカンパチ、カツオにホタテ、いくらに巻物。
    変わったネタは何一つなく、けれど全てが見事な姿。どれもに煮切りが施されていて、そのまま味わう江戸前流。
    どれもおいしく、中でもビックリするのがホタテの分厚さと茹でたエビの甘くてムチッと食感たしかでたくましきコト。

    パクパク食べて味わってると、追いかけ穴子と玉子が来ます。



    フックラ煮込んで炭で炙ったところにツメ。こってりとしてカラメル風の香りが鼻をくすぐるおいしさ。玉子もシットリ、甘くて大人のデザートのよう。
    なによりシャリがおいしいのです。
    キリッと酸っぱく、ネタの持ち味をこわしてしまうようなコトない控えめの味。
    ガリも正しく酸っぱくて、ひと噛みごとに口がリセット。お腹がすいてくるような気持ちになるのがオモシロイ。
    普通であること。当たり前だけどとても上等な当たり前。老舗というのはコレでいいんだと思ったりした。また来よう!


    関連ランキング:寿司 | 日本橋駅京橋駅宝町駅

    拍手[3回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    散る桜、溶けるクリーム、血糖値 HOME はまの屋パーラー
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]