忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    神田で夜。
    「丸ト水産」というお店。

    maruto.jpg代々、千葉で魚屋さんを営んでいた人が開店した店。
    最近流行の「トロ箱系」の居酒屋とでもいいますか、漁港直送販売所みたいな雰囲気をもった居酒屋。
    まぁ、そのほとんどがイメージだけを借りてきたような店なんだけど、ここは真剣。
    なにより、魚の仕入れに気合が入ってる。
    新鮮でいい魚は言うに及ばず、普通ならば半端モノになるようなモノを賢く仕入れる。
    なにしろ今日のお通しがなんと生のししゃもが1人三尾づつ。
    それに網をのっけた小さなコンロ。
    厨房の中で調理してるとコストがかかってしまうから、好きに焼いておくんなさい…、って具合のサービス精神。
    この前なんか生ガキを一人二個、おんなじ用にコンロにのっけてお通しにしちゃいましたよ…、って事も無げに言うのがステキ。
    乾杯のあと、みんなでワイワイ魚を焼きます。
    あっと言う間にお店の中は煙モウモウ。
    けれど何故なんだろう。
    肉を焼く煙はちょっと嫌だけど、魚や貝を焼くときの煙はまるで煙くない。
    むしろこちらの体までもが美味しくなっていくような、そんな気さえする、やっぱりボクらはニホン人。

    2eef91bc.jpeg刺身を取ります。
    「今日のお勧め魚介の5種盛り」っていうのをたのんでみたらばビックリ!
    中とろ、〆鯖、キンキに黒鯛。
    甘エビ、生カキ、赤貝、ホッキにそれからツブ貝などなど。
    5種類ならぬ10種類ほどがドッサリ盛られる。
    これ、間違いじゃないですよネ?…、って聞いたらば、5種盛りたのんで5種類くるのじゃ当たり前。
    せっかくだったら今日の仕入れの中でなるべくいいお料理を一種類でも多く盛ってあげようよ…、とそれでドンドン種類が増えた。
    1種類だけ多いくらいでは気付かれないか、間違えだって思われるのもしゃくだから。
    エスカレートして今の姿になってから、それが口伝えに評判になり今の繁盛が出来たんですね…、とも。
    確かにお値打ち…、ビックリします。

    b09f483b.jpegうちはなるべくざっくり、大胆に盛りつけるようにしているんですよ…、って。
    その方が手間をかけずにすむので、出来立て、熱々をたのしんでもらいやすいし、なにより安く売れるようにもなるものですから。

    たとえばこれ。
    魚のアラ煮なんだけれども、まさに山積み。
    見た目がまるで、アラ煮の缶詰めの蓋をとり、パカッとお皿にその形のまま伏せて移したみたい。
    お皿の上にギッシリ積み重ねられていて、そのあまりのギッシリにどこからとろうがなかなか崩れていかぬ程。
    下の方から引きずり出していつまで形を保ってられるか、まるで「魚ジェンガ」のようにしながら味わった。
    ドッシリとした濃い味のちょっと田舎風の味付けが、ビールを誘う。
    いい感じ。

    ea059d07.jpegキンキの焼いたの。
    仙台から今朝とれたのを運んでこうしておいしく焼けた、身厚で大きなお皿からはみ出すほどの立派な一枚。
    皮をパリッと、身はシットリと。
    箸を当てるとホロッとほぐれる身離れのいい白身の味わい濃厚で、塩をふって焼いただけなのになぜこんなにも旨味が強いの?
    みんなでビックリしながら食べる。
    地方地方に、そこの地方の贅沢な食を代表するような魚があって、たとえば瀬戸内地方で選べばまず間違いなく天然の鯛。
    北陸地方の寒ブリや、博多のアラ。
    そして今の季節の仙台だったら、まず間違いなくこのキンキ。
    実は仙台の街中に「地雷也」という仙台郷土料理のお店があって、そこのキンキがもう飛び上がるほどすごくおいしい。
    その美味しさにリスペクトして、なるべくそれに近づくように…、とがんばっている。
    気概たのしく、がんばって…、って言いたくなっちゃう。
    ふんわりしてて、なのに脂がとっても強くて頑丈で、ちょっと魚離れしている味わいが、冬の命の味がする。

    95f30f89.jpeg生のイカ。
    函館から運んでもらっているのだという大きな生のヤリイカを刺し身でいただく。
    たとえば博多や呼子のイカの、透き通っててハリのある、コリッと堅さを感じさせるイカの刺身は歯ごたえおいしい。
    噛めば噛むほどトロトロ、奥歯の回りでとろけて甘味を徐々に発揮して一口にしていろんな味を味わえる。
    けれどココの北から飛んできたイカの、一口目からトロンとなめらか。
    甘味と旨味がはなから口に広がっていくやわらかイカも悪くない。
    刺身で食べて、ゲソと耳の部分は塩で焼いてもらう。
    コリコリとした耳独特の食感が奥歯をスキッと軽くする。
    キンキの煮付けや、酒の肴をいくつかもらい、そして〆。

    a6967089.jpegイカのゴロ飯という漁師料理をパクッといただく。
    イカの筒切り。
    フライパンでみりんと味噌と、それからイカのワタを使って軽く炒めてそれをご飯にのっける。
    イカに熱をくわえるとなんでこんなに美味しくなるのか…。
    旨味、香り、自然な塩味。
    噛むと甘味をジンワリ吐き出す、辛味以外のほとんどな基本的な味がとてもバランスよくまとまっている。
    ご飯にワタの旨味が混じる。
    スベスベとした白米を、炒めたときにほんの少々使った油がよりスベスベにしてくれる。
    気の利いた〆。
    終わりよければ、すべて良し。
    最近、居酒屋といえども女性客にそっぽ向かれると繁盛させるのがむつかしくなる。
    それでみんな手の込んだ女性好みの〆やデザートを作ってもてなす。
    けれどココ。
    どうせ男の人的お客様がメインなんだから、〆も男飯にした方がいいんじゃないの?…、ってコトでできあがったたのしい料理…、堪能す。

    18cd34af.jpeg壁に貼られた今日のお勧め料理の札。
    どれひとつとっても決して、珍しい料理ではない。
    けれどどれもが程よい値段で、お酒をおいしく飲めそうな料理ばかりが揃ってる。
    いい店だよなぁ…、って一つ一つの札をボンヤリ眺めてて、「あれ?」って思う。
    中に一枚。
    「女体盛り」って料理の名前が書かれてあって、今、人気爆発って但し書き。
    そんなバカなと思いながらも、値段をみれば、なんと2000万円と書いてある。
    たのしいジョーク。
    これ、いいですね…、って言ったらうちの千葉の系列店では、2億円の値段をつけたんですけれど。
    デフレの時代に合わせて大幅ディスカウントしちゃいました。
    なにしろ1億8000万円の大盤振る舞いですから、こりゃ、相当のお得ですよね…、って、お店の人は大笑い。
    サラリーマンのサンクチュアリ的たのしいお店でありました。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    上手く焼けましたか
    シシャモって網で焼くの難しくないですか?僕が焼いた時は、卵が炭の上に全て落ちて大変でした。ちなみに、つくねも落ちて食べる事が出来ませんでした(笑)
    変わり者ミダさん / 2010/01/20(Wed) /
    網当番さん
    > 変わり者ミダさん
    昨日は焼き上手の網当番さんがたまたま同じテーブルを囲んでくれておりまして、その人が見事な焼きっぷりを発揮してくれました。
    確かに他のテーブルではシシャモが網に貼り付く緊急事態続出。
    でも、それもまたたのし…、というところでしょう。
    サカキシンイチロウさん / 2010/01/20(Wed) /
    魚大好きです
    サカキさんのブログを読んで私のGoogleブックマークに追加されていくお店の多いこと、多いこと!
    ここは是非とも行ってみたいです…。
    上司のおじさんを誘ってみようと思います。
    makikoさん / 2010/01/20(Wed) /
    オジサン大喜び
    > makikoさん
    このお店。
    オジサンのためのオジサンによるオジサンのお店って感じです。
    多分、上司のおじさん大喜びと思いますよ。
    たのしんで来てください!
    サカキシンイチロウさん / 2010/01/20(Wed) /
    弁天庵にマックでポテト食べ放題 HOME 中津唐揚げ、元喜なうどん
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]