忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    有楽町で昼をむかえることとなり、それでちょっくら「いちにぃさん」。



    鹿児島に本店のある料理屋さんで、そばつゆで食べる豚しゃぶを、おそらく日本ではじめてメインにチェーン店化をしたお店。
    有楽町界隈に何店かあり、高速道路の高架下を使った商業施設の中にあるこの店ははじめてきました。
    思っていたより大きくて、しかも立派でまずビックリ。カウンターの一角に芋焼酎のお湯割りを飲むための黒じょかや徳利、おちょこが山積みされてて、あぁ、鹿児島だって、旅の情緒を感じるステキ。



    いつもはココのランチといえば「蒸ししゃぶ」にする。せいろに豚肉や野菜を並べて蒸し器で蒸して食べるというもの。
    素材の旨味が逃げずに調理できるので、持ち味たのしめ健康的というのが売り物。
    けれど今日…、はじめてココで見つけた料理。
    ねぎしゃぶ定食というのがあって、それをたのんでみることにした。そもそも豚しゃぶが売り物の店…、だからちょっと期待をしながらしばらく待った。



    大きな丼にたっぷりスープ。その水面をうめつくすほどの小口に刻んだ白いネギ。
    ネギの合間に薄切り豚肉、それから豚ひき肉をまるめて作ったつくね団子がプカリプカリと浮かんでる。
    豚しゃぶではなく、「ねぎしゃぶ」と呼ばれているのが頷けるほどのねぎまみれ。
    スープは甘め。出汁がそもそもあまい上、風味付けの醤油も甘い九州醤油なのでしょう…、そこにネギの甘みがくわわり、ドッシリとした鹿児島味になっている。
    サイドに添えられたスティーム野菜に添えられたマヨネーズもポッテリ甘くて、こういう甘い料理を食べると、芋焼酎を飲みたくなっちゃう。



    卵ご飯が本当はセットでつくのだけれど、さすがに生の玉子はどうにも食べられずお願いをして「きびなご寿司」に代えてもらった。
    一口大の小ぶりのシャリ。
    きびなごあわせて、上に酢漬けの薄切り大根をかぶせて味わう。シャキシャキ歯ざわりみずみずしくて、しかもスキッと酸味がさわやか。
    メインの料理の甘みをなだめてくれる。
    それにしても六白豚の薄切りばら肉の脂のおいしいことにウットリ。ネギと一緒にレンゲにのせて、柚子胡椒をアクセントにしてパクリと食べて、お腹をほどよく満たす昼。今度は夜に!と思うなり。


    関連ランキング:豚しゃぶ | 有楽町駅銀座駅銀座一丁目駅

    拍手[3回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    夜もしゃぶしゃぶ、MKダイニング HOME むさしの
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]