忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    お腹の中から体をカッと熱くして、元気を出そう!

    21173271.jpegそれでスンドゥブチゲを食べるコトにする。
    場所は有楽町でございます。
    日比谷シャンテという商業ビル。
    近所に東京宝塚劇場がある、ということもあり、女子の園的ビルでありまして宝塚ショップが平日というのに異様なにぎわい。
    飲食店も女性向けのお店が多くて、いささかツヤツヤした雰囲気がある。

    その中の一軒。
    「ビアン」という店。
    もともと恵比寿に本店のあるスンドゥブチゲの専門店。
    考えて見れば日比谷線で一本につながっている恵比寿と日比谷。
    出てきやすかったのでありましょう。
    そちらの店はカフェ業態で、だからスンドゥブチゲじゃなくって「SUN」って名前。
    韓国料理というよりも、カプサイシン系健康スープのような料理として提案されている。
    お店のサブタイトルも「食べるエステ!」になってもいるし、韓国料理は食べたくないけど、体を健康にする料理だったら食べてみたいって気持ちを受け止め、客層広げる工夫だったのでありましょう。
    だからスープの辛さを自由に選べる。
    トッピングで自分の好みにできるというとこ…、東京純豆腐が真似た今ではこうしたお店のデフォルトシステムになっちゃった。

    a0eb286c.jpegまずは最初に石釜ご飯がやってくる。
    玄米、赤米、黒米にそばの実、キビなどの雑穀が入ったお米で注文してから炊いてくれる。
    重たい石の蓋をあけ、グルンと中身をかきまぜて少々お待ち下さいと。
    それから2分ほどでスンドゥブチゲがやってくる頃合がちょうど食べ頃。
    よく考えたシステムですな。

    ココで一番辛いベリーホットの辛さ。
    韓国のりをトッピングして、香りと風味をつけたやる。
    タコや野菜に牛すじなどの具材がタップリ。
    豆腐に玉子。
    それらをグルグルよくかき混ぜると、最初はスープのような石釜の中身にどんどんとろみがついてくる。
    スープからソース、あるいは豆腐が混じったミートソースのようになってく。
    まだスンドゥブチゲという名前が一般的じゃなかったとき。
    一部のお店でこれを「韓国風の麻婆豆腐」って呼んでいたのも頷ける。
    食べるとピリッと頭の先から汗が飛び出すほどに辛くて目が覚める。
    トロンと食べ口なめらかで、舌のすみずみで味わいたくなる…、にもかかわらず舌がピリピリ痛くなるのでそのままゴクリと飲み込みたくなり、けれど喉も痛くてたまらんと口と喉で押し問答する。
    そのうち辛味に舌がなれ、素材のうま味を感じるようになってくるのがオモシロイ。
    実は日本におけるスンドゥブチゲでボクが一番好きなのがコレ。
    a3c763cf.jpeg豆腐のスベスベ、韓国春雨のプルプルにイカのコリコリ、韓国のりがトロンととろけて食感多彩なところもおいしい。
    しかもご飯がホツホツ、スンドゥブチゲとまるで違った食感がたのしくしかも、甘さすらをも感じる不思議。
    ご飯と一緒に食べるからこそ。
    しかもこうした固め、ホツホツの石釜ご飯でたべるからこそおいしく感じる料理ってあるんだなぁ…、って思って食べるとまたおいしかったりするのであります。
    頭のてっぺんからダラダラ汗をながしつつ、健康的をたのしむご飯。
    さてニッコリと帰りましょう。
     

    拍手[7回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    無題
    夏バテ防止には、韓国料理に限ります。
    旨い焼酎を飲みながら活力復活
    してください。
    ぶー110さん / 2012/09/07(Fri) /
    本日
    > ぶー110さん
    本日、小包いただきました。
    ありがとうございます。
    サカキシンイチロウさん / 2012/09/07(Fri) /
    ジャパンシュニッツェル HOME 新和そば
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]