忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    夜を有楽町の小洞天。

    da5ae834.jpeg有楽町駅前の読売ビル。
    …、と言うよりかつてのそごう、今はビックカメラのはいってる ビルと言った方がわかりやすくあるそのビルの、地下一階にずっと昔からあるお店。
    ここだけまるで台北のちょっと高級な飲食店のような雰囲気。
    テーブルクロスのかかったテーブル。
    ふっかりとしたパイプ椅子。
    汚れても拭けばキレイになる合皮の座面と背中のクッション。
    肩肘張らず緊張もせず、気軽に楽しく食事ができる。
    働いてる人もほとんど台湾系で、愛想がいいワケじゃないけれど、仕事は疾くてしかも的確。
    海外旅行をしている気になる、のんびりとしたこの雰囲気がちょっと好き。
    さすがに冷たい雨が降る今日。
    夜には雪に変わるかも…、というニュースのせいもあるんでしょう。
    今日はガラッとちょっと暇にて、のんびり具合に拍車がかかる。

    627aa58b.jpegまずは名物。
    シュウマイをとる。
    豚の旨みとプチュンと歯切れる食感たのしい肉シュウマイ。
    焼いて売ると書いて焼売(シュウマイ)。
    蒸し器で蒸して仕上げるのに、何故なんでしょう…、って調べてみたら昔は肉と野菜の端材を焼いて料理にしたのがシュウマイという料理の始まり…、だって言う。
    ふーん、なるほど。
    そう思ってしげしげみれば、形を成さぬ豚ひき肉とこれまた形を成さぬ野菜を皮で包んで作った料理。
    贅沢なモノは何も含まず、確かに余り物で作ったようにも見える。
    けれどこの、プチュンとした肉の食感。
    薄皮から透けて見える肉のムッチリ、美しい様。
    ほとばしり出る肉汁はひき肉料理の最高峰のひとつであるに相違ない。
    シュウマイ、メンチカツにソーセージ。
    これがボクにとっての三大ひき肉料理でござります。

    37c502ee.jpeg坦々麺のセットをたのむと、ご丁寧にもここにもシュウマイ。
    ご飯のお供にピッタリとくる。
    ここのもうひとつの名物がこの坦々麺。
    鶏のスープのうま味がスッキリとしたこの坦々麺のメインの味わい。
    最小限のゴマペーストに、サッパリとした酸味と辛味。
    コッテリとした濃厚系ではないけれど、お腹にやさしくスルスル麺が流れ込んでくる。
    ネギに水菜がシャキシャキと、一層、スープをさわやかにして刻んだゴマが風味を添える。
    香港式の釜焼きチャーシューの端の部分を角切りにして、スープに沈める。
    具だくさんの坦々麺というのがオリジナルにて、メインの麺にいい感じ。
    実はコレ、このお店に登場してから今年で20周年になるんだそうな。
    確かに今から20年前。
    坦々麺って、今ほど一般的な料理じゃなかった。
    一部の四川料理のお店で細々、通を気取る人のために作られ売られていたモノ。
    それが今ではこの専門店がチェーン化するほど、当たり前の麺になった。
    専門料理が大衆料理の舞台に上がる。
    次はどんな専門料理が…、なんてコトをおもったりする、どうだろう。

    abc9de44.jpegそれから焼きそば。
    蒸した細麺。
    ハリはあるけどやわらかで、コシをなくした中国の人好みの麺を塩とオイスターソースでシットリ炒める。
    野菜にエビに木耳をタップリ混ぜて炒めあげ、そこに錦糸卵をタップリ添えて盛る。
    モサモサとした食感が、そのままツルツル食べるのでなくご飯のおかずにピッタリのこれ。
    ボクがずっと作り続けてる焼きそばの、もしかしたら原点はコレ?
    …、って今日、そんなコトを初めて思う。
    オキニイリ。

    お店を出ると冷たい雨が雪にシッカリ変わってた。
    ヒラヒラ風に舞うほどは乾いた雪にはまだなりきれず、バサッバサッと傘をたたいて重たく積もる。
    明日までこの雪、続くといいます。
    風邪引かぬよう気をつけ召され、おやすみなさい。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    大粒の雪
    東京は、大粒の雪が舞っているそうですね。僕の町はかなり寒いですけど雪はなんとか大丈夫です。東京に雪が降って、僕の町に降っていないのってなんだか都会みたい(笑)只今、東京のマンション探し中の僕でした。
    変わり者ミダさん / 2010/02/02(Tue) /
    シャーベットな朝
    > 変わり者ミダさん
    都会の雪は根性なしですね。
    今朝起きて、外を見たら白くはありますがもうシャーベット状に溶け始めています。
    東京のマンション事情。
    これからますます値ごろになるような予感です…。
    サカキシンイチロウさん / 2010/02/02(Tue) /
    おむすび、そしてマグ飲みコーヒー HOME どんこ椎茸、春呼び茶
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]