忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    11 2019/12 01
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    うどんを作る。
    半生の讃岐うどんをタップリのお湯でまず茹でる。
    クツクツ、沸騰する湯を見守りながら、鍋の中を上へ下にの大騒ぎして踊るようなうどんの麺をジックリ茹でて、時間通りにざるにとる。
    洗います。
    ザブザブザブザブ、揉むようにしてぬめりとりつつ、シャキッと冷やしてしめてやる。
    真っ白だった麺が淡いあめ色になっていきます。
    つやつや、水をタップリ含んだ、なめらかな麺。

    出汁をあっためお椀に張って、熱湯をさっとくぐらせ熱々にしたうどんを入れます。
    そこに具材。
    甘辛に煮た牛肉と、天かす。
    それから青ねぎ細かく刻んだやつを、バサッとのっけて、胡麻をタップリ。

    熱々、肉うどんのできあがり。

    nikusanuki.jpg讃岐のうどん。
    とてもシンプルな料理だけれど、そのシンプルをいろいろあれこれ組み合わせ、その日の気分にあわせて食べる工夫があります。
    麺の熱いと冷たいと、出汁の熱いと冷たいの。
    その組み合わせで、4種類。
    中でも冷たくしめた麺に熱々の汁をかけた、「ひやあつ」ってのが、麺のシコシコ感をたのしみながら、同時に汁の風味を存分に味わえる。
    うどん好きにはたまらぬ組み合わせであったりします。

    とはいえ、讃岐のうどんを一番ただしく味わえるのは「醤油ぶっかけ」かな?
    冷たいうどんに醤油をかけて、そこに大根おろしをタップリのっける。
    ただそれだけで、だからうどんの風味をそのままたのしめる。
    醤油うどんを売り物にするお店にいくと、おじさんたちがうれしそうに大根おろしをズリズリすりつつ、おでん片手にうどんを待ってる。
    …、なんてほほえましい景色に遭遇したりする。

    今日のうどんはさすがに打ちたてうどんにはかなわぬうどん。
    それであっため、熱々にして肉の風味を足してやる。
    旨い、旨い。
    山椒をピリッとふりかけて、ますます旨い。
    汗も出る。

    一緒に四谷「八竹」の大阪鮨。

    hatikuchakin.jpg茶巾とアナゴ胡瓜の盛り合わせ。
    ここのお鮨の特徴は「ふっくら」感。
    ふっくらとした甘い玉子焼きで包まれた、中の酢飯もまたふっくらで、舌の上に置くとそのままハラッとほどけてなくなっちゃう。
    穴子もしっとり。
    ホロホロのそぼろになる寸前までやわらかく煮込まれたのを、胡瓜と一緒に緩めに巻く。
    だからこれまたハラッとほぐれる。
    ほぐれた後にはきゅうりのシャキッとすがすがしくも凛々しい食感が残って奥歯を、カツンと叩く。

    ほどよくお腹にためる夜。


    ところで、四国新聞社が作ってる「讃岐うどん遍路」っていうウェブサイト

    これは凄いです。
    香川県のうどん屋さんの地域別、特徴別の詳細なデータがキッチリ整理されてて、うどんに対する讃岐の人の独特の気持ちを感じます。
    執念。
    情念。
    愛着。
    郷愁。
    それにしても、ひとつの料理でこれほどのデータベースができるということそのものに、讃岐とうどんの特別なるリレーションを感じます。
    宇都宮にとっての餃子やら、札幌にとってのラーメンであったり、地域を代表する料理は数々あるけれど、讃岐にとってのうどんほどリアルな生活に根ざした料理って、多分、やっぱり他にない。

    とはいえ、本当に旨いものネ…、讃岐のうどん。
    あそこに行くと、一日三食、うどんでもいい…、って思ってしまう。
    恐るべき、さぬきうどん。
    うどん帝国、讃岐の存在。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    待ちきれませ〜ん!
    なんて魅力的なエントリー!
    週末まで待ちきれなくて、うどん食べちゃいそうです。。(だめだめ!)
    詳しいサイトまで、、ありがとうございます!
    教えていただいた「トモシロイノウエ」は残念ながらお休みに当たってしまったので、これはもう、うどん三昧(おでん付)決定です・・・(笑)
    のいさん / 2009/04/29(Wed) /
    ボクも香川に行きたいですっ!
    > のいさん
    なんだかうどん魂に火がついちゃったみたいです(笑)。
    うどんにおでん。
    ついでに「醤油豆」っていうソラマメを醤油で煮込んだ郷土料理があります。
    ぜひ、それも。
    待ち遠しいですね。
    サカキシンイチロウさん / 2009/04/29(Wed) /
    無題
    今日、恵比寿駅で「さぬき大使館」なる文字を見かけました。
    看板掲げていたのは、うどん屋さん。
    香川県のそういうところ、いいですねぇ。

    ryoko*さん / 2009/04/30(Thu) /
    さぬき的なステキなところ
    > ryoko*さん
    さぬき大使館!
    ということは、そこの店長さんは「さぬき大使」ということですな。
    ユカイ、ユカイ。
    さぬき的なノリってステキですよね。
    サカキシンイチロウさん / 2009/04/30(Thu) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    断面 HOME かどや
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]